2016年8月30日 (火)

JET Beam JET-μ

Sp8300005 ラジコン用に何か中華的な面白いものでも無かろうかとGearBestをウロチョロ探索していたところ、1,000円くらいになっているのを発見し、軽やかに2本ほど購入してみました。今回は到着まで2週間以上、忘れかけた頃ポストに入ってました。

Sp8300009 いかにもJET Beamっぽい色艶です。毎度のことながらHA3と表記されていますが、普通のカラーアルマイトと大差ないレベルの被膜だと思われます。操作はツイストON/OFFによるメモリー付き3段で、Low側でもパルスのチラつきは感じられません。

Sp8300006 サイズ的には普通の1AAAサイズで、これと言って特徴的な部分はありませんが、JETらしく程よくコテコテした形にキレイな表面仕上げ、シンプルな操作で1,000円程度なら無意味に購入しても大丈夫です。

Sp8300011 集光はコリメータによるもので、ダイの形を投影して僅かに四角っぽくなりますが、実用上は全く気になることなくムラの無い使いやすい配光に感じます。この個体の光色はやや黄緑風味で、スッキリした白が好きな人にはやや厳しい色合いだと思われます。

Sp8300013 ネジ部分は角ネジになってました。ヘッド側と合わせて"HA3"皮膜で覆われていますので、耐久性はそこそこ高いものとなっていそうな感じです。Oリングが全部隠れてすぐに点灯という状態なので、多めに緩めてOFFにする癖のある方はヘッド脱落に注意が必要かもしれません。

Sp8300023 テール部分には十字の造形があり、うち2ヶ所にランヤードホールがあります。穴は比較的大きめで、やや太めの紐も通せそうです。Fenixに良く見られるテトラポッドみたいな造形は非常に好きじゃないですが、この程度なら十分許容範囲です。

Sp8300014 ヘッド内のモジュールにある切り欠きにピンセットを当てて回したら簡単に出てきました。接着剤の使用は無さそうです。この光色に付き合うのは避けたいところでしたので、簡単に分解できるのは大変助かりました。

Sp8300016 お気に入りのツブツブコリと互換だろうと思っていましたが、高さ方向でやや相違が見られました。径は大丈夫そうなので取り付けはできそうですが、元々Oリングの掛かりが浅めのネジ部分が一段と厳しくなりそうです。

Sp8300019 LEDは基板を外して玉を貼り換えれば簡単に交換できそうです。日亜高演色のSW57が大変よろしい感じでしたので、後ほど交換予定です。(^^)
 SW57と言えば、kaiにも入ったようです。ラベルも見せているので本物っぽいです。3個ほど注文してみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年8月15日 (月)

オリンパス STYLUS SH-3

Srimg0001 超久々にデジカメを購入しました。今まで使ってきたリコーCX5のバッテリーがかなり弱ってきて、シャッターの接触も少しおかしくなってきたので、壊れる前に購入しました。ずっとリコー製を購入してきたので今回も後継を購入するつもりでしたが、どうやらリコーの安いヤツは終わっちゃったようでした。仕方がないので「コンデジ テレマクロ」辺りで検索して出てきたSH-3が割りと良さそうでしたので他と比較することも無く決定しました。

Sp8150004 使ってきたカメラの最後の被写体は新しいカメラで、新しいカメラの最初の被写体は古いカメラというのは良くあるパターンでしょうか。最初の数台は色々比較して選んでいましたが、リコーを使い始めてからはリコーだけ、今回はテキトーに検索してサクッと購入、デジカメに関してはあれこれ選ぶのが面倒になったようです。

Srimg0002 今までと同じようにCX5で大統領を1枚。ここ数年はずっとこんな感じです。



Sp8150003 新しいカメラで1枚。ブログに載せる際にサイズと容量を小さくしているので、元より質が落ちてしまうのは今までと同じですが、それほど違和感なく移行できそうな感じです。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月11日 (月)

Aliexpressの219B SW57を試す

 コンバータ出力調節用0.1Ωレベルの極小チップ抵抗や、サーボケースのシール用大径細線Oリングなど、日本ではなかなか見つからないモノが格安で売っていたりするAliexpressの使用率が、近頃にわかに上がっています。先日もウロチョロしていたら日亜高演色219Bの5700K仕様「SW57」を発見し、10個ほど購入してみました。

Srimg0170 左がSW57、右が以前から使っている同じ219Bの4500K「SW45」です。Creeではクールとニュートラルで蛍光体が違うのが分かりますが、こちらはSW45がNVSL、SW57がNVSWで型番が違っても、見た目には全く同じように見えます。

Srimg0185 UVを当ててみても両者同じようにオレンジ色に反応します。高演色だと蛍光体も同じようになるのかしら。



Srimg0180 Creeの場合、良く見ればニュートラルとクールの違いが分かりますが、万一見た目で判断が付かなくなってしまった場合・・・


Srimg0183 UVを当てるとニュートラル(ウォーム)の蛍光体はオレンジ色に光りますので一発で見分けられます。



Srimg0191 とりあえずということでドロップインに1個入れてみました(右)。比較は同じリフレクタを使ったポリタックで、219B SW45が入っているものです(左)。照射のサイズが違うのは、ドロップインが700mA、ポリタックは400mA程度で出力に差があるためで、同じ出力にした場合はもう少し白く明るくなって、見た目の差が少なくなるはずです。スッキリ真っ白のXP-G2クールとも比べましたが、明らかにニュートラル寄りでした。

 高演色で真っ白なクールホワイトなら最高じゃんと期待が高すぎたか、思った程の差は感じられませんでしたが、少し白くなるだけでも一段とよろしい感じです。(^^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2016年7月 3日 (日)

ビットスタンドを作る

Srimg0140 電動ドライバーやビットハンドルに挿して使う6.35mmサイズのビット類はホルダーに固定して保管していますが、緩いものはスカスカ気味、キツイものは抜き差しが固すぎだったり、使い勝手がイマイチよろしくありません。また、立てることができないので場所も取ります。市販品に良い物が無いか探しましたが、6.35mmビットに特化したものが見当たらず、作ることにしました。

Srimg0135 買っておいたウォルナット材を程よい大きさで切り出し、プラナーで仕上がっている上下面を除く前後左右をフライスで削り、直角を出して素材処理が終わりました。


Srimg0137 カド部分をトリマーでR加工し、軽くペーパーを当ててブロックの完成です。あとはポコポコ穴をあければ機械加工は終了のはずだったのですが・・・


Srimg0138 ただの四角ブロックじゃ面白くないような気がして余計なことをしました。材の部位がイマイチだったようで、エンドミルだと欠けやムシれが発生して嫌な感じです。トリマーも細かいR加工でモタついてたら少し焦げちゃうし、ポコポコあけた穴も縁が少しムシれています。同じ材でやり直しても大して変わらないと思いますし、グダグダなまま進めます。

Srimg0141 残すは表面仕上げだけですので、以前良い感じだったオイル仕上げにしました。やはり材の部位が原因か、色付きがイマイチで白っぽいままの部分が多くなりました。数年前のスピーカーの時はじっくり時間をかけてオイルとペーパーを繰り返して仕上げましたが、今回はテキトーに数回処理して終わりにしました。

Srimg0144 機能は予定を満足してるからこれでいいや。




Srimg0143 すっきりコンパクトになったからこれでいいや。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2016年6月26日 (日)

Boschのライトを買ってみた

Srimg0128 数年前に購入し、気に入って使っているボッシュの電動ドライバーは、電池切れの際にストレスにならないように、バッテリーが2個セットになったものを購入しました。前のマキタがニケ水ですぐダメになった一方、ボッシュはリチウムイオンでいつもパワフル快適です。

Srimg0125 そうなると予備の1個になかなか出番が回ってこないため、安く出ていたライトを購入してみました。電ドラも半分はデザインが好みだったから購入したわけですが、こちらも同じ青ボッシュシリーズなので似たような色合い・作りで統一感があり、大変よろしい感じです。

Srimg0130 数年前から売っているものなので、LEDは今更感満点なSSC-P4が載っています。現在基準での明るさはともかく、好きなLEDの一つなのでこのまま使うのもよろしいと思ってます。断面積に対してやや小さめのスムースリフにより、ごく普通の照射となってます。

Srimg0124 裏にはベルトクリップが付いていますが、外に持ち出す予定は無く工場の中で使う予定のため、不要な金属クリップで物を傷つけることが無いよう、外せるようでしたら外したいところです。

Srimg0120 一応分解しづらいようにトルクスが使われていましたが、そんなの何の障害にもならず、シンプルなモナカでパカッと割れました。中身も簡単に取り出すことができるようで、ベルトクリップも簡単に取り外しできました。

Srimg0123 今となっては懐かしい感もある、スター型の基板に乗ったSSC-P4が金属プレートに貼りついています。10年前のLuxeon時代には、こういったスター基板を取り出しては裏面のBINコードで一喜一憂するのが何とも楽しみでした。

Srimg0121 ライトとしてはショボいものだし、ヘタすれば抵抗一発制御でもおかしくないと思っていましたが、何やらちゃんとした回路基板が入っていました。説明書を見ると、電池に異常があった場合や発熱が大きい場合には、躊躇なく消灯するような安全回路が入っているということです。その回路と、もしかしたら定電流とかLED駆動系の回路も入っているのかもしれません。

Srimg0127 気に入っている電ドラと同じシリーズで電池も兼用でき、性能的にも思ったより良さそうな感じで割りと気に入りました。(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«ワークライトを改善してみる