2018年7月16日 (月)

1/48 ソビエト KV-1 重戦車

P4100932 他の重戦車同様、通常より厚めの箱に入ってます。ソ連の車両はシンプルかつ個性的な形が多く、毎度楽しく取り組めるので大変好ましいのです。


P4100917 ティーガーより幅が狭くややスリムな印象ですが、幅の広いキャタピラがいかにも重戦車な感じでカッコいいです。立派な下半身の割に砲が大変控えめです。


P4110936 砲塔に書いてあるロシア語は「祖国のために」という意味らしいです。金属シャーシがデカいので、なかなか重量感があります。


P4100920 雑具箱のようなものが載っているため、ショベル等の道具はそこに入っているのでしょうか、車体上にゴチャゴチャ置いてあるドイツ戦車と違ってスッキリしています。毎度おなじみの小道具が無く、組み立て塗装も快適です。(^^)

P4100922 ゴツいフック周りが良い感じです。ロープは糸ハンダの撚り合わせで製作しました。ソビエト車両は大きめのライトが分かりやすく付いているので効果的なワンポイントになっていると感じます。

P4100923 ごく稀に初めから最後まで何の問題も無く気分良く完成することがありますが、今回のKV-1もそんな感じでした。(^^)


P4100924 重厚な割にスッキリした感じで大変カッコいい戦車に見えますが、狙われてもあまり怖くなさそうです。



P4100930 やはり迫力では一歩及ばずといったところでしょうか。

 使用色:AS-14 オリーブグリーン

| | コメント (0)

2018年6月16日 (土)

何だか色々便利になっていた

4355025 時代の先端を行く的な車に採用され始めたと思ったら、あっという間にフツーの車にも装着されててビックリのLEDヘッドライト。真っ白で明るいし、HIDと違って点灯直後にすぐ明るくて大変よろしいです。ルームランプやラゲッジランプは高演色のLEDを使って自作したり、ナンバー灯やバックライトにも真っ白なLEDを入れてみたり、久々に車で遊んでます。(^^)

4355029 長野は上田の辺りまで行ってみましたが、高速はほとんどクルーズコントロール。カメラとセンサーで前車に合わせて勝手に加減速してくれるし、走行レーンをはみ出そうになると勝手にハンドル修正入れてくれるし、僅かながらも数年後には実用されそうな自動運転の雰囲気を楽しめました。日帰りで600㎞弱でしたが、疲労の少なさに驚きました。

P6130098 ナビも進化してました。CD-Rに焼いたものやMDをゴチャゴチャ置いてましたが、今はMP3という便利な規格があって、SDカードにCD数百枚分入れてナビに突っ込んでおけばディスクの交換も不要で実に快適です。手持ちの全部と、ツタヤのお試し期間を活用して借りたCD、合せても32GのSD半分ちょっとでまだまだ入ります。ナビ自体もサクサク快適に操作でき、処理速度もかなり上がっているように感じました。(^^)

P6120083 MP3変換した音楽ファイルが実に快適なので、CD-Rに詰め込んで焼いてみましたが、10年以上前のCDプレーヤーではうんともすんとも言いません。自作アンプと自作スピーカーも10年経って飽きてきたし、SDやUSBが使えるCDレシーバーを色々探してみたところ、オンキョーから良さげなのが出ていました。設置場所の制約から、スピーカーは幅14cm程度が限度ですが、オーディオもコンパクト化が進んでいるのか、現在では色々と出ているようで、テキトーに良さげなモノを選んでみました。自作8cmフルレンジに比べて低音がちゃんと出て良い感じです。(^^)

P6120092 ナビに入れるのに編集してPCに保存しておいたファイルをUSBにコピーして差し込むだけでちゃんと再生・表示できました。刺さってるのがアマゾンで購入した一番小さそうなUSBメモリです。

P6120093 アルバムアートをカラーで大きく表示することもでき、英数字だけ点々で表示するタイプに比べて見やすく快適です。
 数日経って、試しに以前の自作スピーカーに替えてみました。意外と違和感無く、良く出来てたと感じることを期待していましたが、かなり厳しい結果となりました。やっぱりちゃんとしたメーカーが作ったものは良いです・・・。

| | コメント (2)

2018年4月17日 (火)

1/48 イギリス 7トン4輪装甲車 Mk.IV

P4030916 なかなかカッコ良さそうで楽しみにしていた1台、ハンバー装甲車を制作しました。



P4030889 カクカクしたパネルを気分良く順調に接着していくと車の形になり、タミヤのプラモは素晴らしいです。



P4030891 意外と幅が無い割に背が高く、思っていたよりやや不細工な感じです。タイヤが一回り大きければもう少しカッコ良くなるかもしれません。


P4030892 このサイズで7トンもあるというのが不思議です。ちょっと調べたら、軽装甲機動車も4.5トンあるそうで、車の形でも随分と重いようです。


P4030895 砲は細くて頼りなさそうな物が付いていますが、戦車じゃないので付いているだけでカッコ良いのです。



P4030896 軽装甲機動車で余った陸自OD色を使ったので、ちょっと濃かったかもしれません。



P4030897 豆鉄砲。(^^)




P4030906 スタッグハウンドも並べたいところですが、ブロンコのキットは入手性がよろしくないようで、取説を見ても細かくてめんどくさそうです。気が向いたら手配しましょう。

 使用色:TS-70 OD色(陸上自衛隊)

| | コメント (0)

2018年4月 9日 (月)

1/48 ドイツ無線指揮車 Sd.Kfz.250/3 グライフ

P4030867 前輪がタイヤ、後ろがキャタピラの半装軌車両は中途半端で好きじゃないのです。サクッと形にして次に行きたいところです。


P4030908 小さいくせにメンドクサイ転輪や、塗り辛い車体内部などは筆の届くところまでササッと塗って終わりにしました。



P4030910 タミヤ1/48では半装軌車両はシュッツェンパンツァーとグランドスツーカが残ってますが、ベース車両は同じハノマークのようなので、比較的スッキリしたシュッツェン~のみ購入してあります。

P4030911 こちら側の「GREIF」は、デカールのガイド的な部分を合わせて貼ったら曲がったように見えてしまい、コネてたら破れて修正が必要になりました。初めから自分の感覚で貼った方が良かったかもしれません。

P4030912 全体にテキトーに形になったので良しとします。(^^)




P4030914 部品強度の関係で、スケール比で極太になってしまうアンテナも重苦しい感じです。



P4030915 小さいようで意外と大きな車でした。

 使用色:AS-15 タン

| | コメント (0)

2018年3月31日 (土)

1/48 アメリカ 2½トン 6x6カーゴトラック

P3230849 久しぶりのトラックです。しかもかなり大きめでタイヤもいっぱい付いてます。(^^)



P3230851 乾燥中に熱が入りすぎたか、クニャクニャになってしまったので、同じキットをもう1個購入して再制作しています。せっかくなのでちょっと気になった接地感を改善すべく、じっくり調節しました。10輪全部が接地しているのを見ると気分がよろしいです。

P3230853 亡骸からタイヤをもぎ取り、ハブが付いたままだと嘘くさいので、余剰パーツのスペアタイヤを一番上に重ねて荷物にしてみました。


P3230854 リアのダブルタイヤ4個が効いているのか、以前制作したハセガワの日本軍トラックよりカッコいいです。



P3230858 グリルガードの成型が太すぎてライトが良く見えません。削り込んでも大した変化もなさそうだし、エッチング部品等を使う気もしませんので、、そのまま塗装して取り付けました。(^^)

P3230861 かなり大きめのトラックで、存在感十分です。




P3230863 同じトラックベースの給油車もありますが、そちらは新しいキットでシャーシがプラになっています。亡骸のダイキャストシャーシから余分を切り落とせば使えそうで、重量感アップしてみようと思ってます。


P3230866 ウイリスが丁度良く乗っかります。同じオリーブドラブでも、クレオスは茶色っぽく、タミヤは緑っぽいのが良く分かります。

 使用色:TS-28 オリーブドラブ2

| | コメント (0)

«1/48 ソビエト自走砲 SU-122