2018年11月18日 (日)

1/48 Sd.Kfz.10 デマーグD7

Pa080207 ブルーキャットモデルという、スイスかドイツ辺りの知らないメーカー製のキットです。あまり好きじゃない半装軌車両ですが、割りとカッコ良さそうな感じもしたので購入してみました。

Pa090220 車自体はなかなかよろしい感じなのですが、全体にダルいモールドや、合いのよろしくない構成など、タミヤのキットに比べると残念な感じです。何とかテキトーにまとめて完成としました。

Pa090222 キャタピラはベルト状にランナー成型されたパーツを無理やり巻き付けるという強引な手法となっています。強めの溶剤系接着剤を使うと、コマのつなぎ目が溶けて分離してしまったり、なかなかの難物でした。

Pa090223 もっとも、切れずに巻き付けたとしても2コマ余らせれば届かず、1コマ余らせればガバガバといった感じで、結局曲げのきつい部分はバラバラにしてギッチリ押し詰めて接着することで2コマ余りでピッタリ繋げました。

Pa090224 フロント周りは車らしい顔立ちで割りとカッコイイのです。タミヤが作ってもっとシャープで組みやすいキットで出れば大喜びします。


Pa090225 でき上がった後で分かりましたが、転輪やキャタピラはグライフと同じようです。一番残念な部分でもありますので、頑張るならグライフのパーツを取り寄せて移植してもよろしいかもしれません。

Pa090219 ジェリカンがいっぱい入ってますが、取っ手が2本しかありません。サイズや形は悪くないので、取っ手を全部カットしてからプラ棒で1個当たり3本をチマチマ接着し、ズラッと並べて荷物にしました。

 使用色:AS-27 ガンシップグレイ2

| | コメント (0)

2018年11月11日 (日)

1/48 ドイツ駆逐戦車 ヘッツァー中期生産型

Pa080208 変な形の小型戦車、ヘッツァーです。数十年続く1/35とは比較になりませんが、1/48では初期のキットです。



Pa090226 初期のキットだからして作りづらい部分もあろうかと思いきや、これがサクサク快適に組み立てられて、タミヤのプラモは素晴らしいです。(^^)


Pa090229 亀みたいな形はあまり好きじゃなく、塗装も説明書では面倒そうな迷彩だけでしたが、タミヤの完成品に倣い戦車猟兵学校所属車ということにしました。


Pa090227 転輪も装備品も少なめなので、単色設定にした場合の塗装がヒジョーに楽です。



Pa090214 楽な分、見せ所に乏しくなりました。




Pa090215 同じダークイエローでも、タミヤとクレオスでは全く違う色です。以前はタミヤが良いと感じましたが、濃い目でハッキリしたクレオスの色合いもなかなかよろしいようです。


Pa090218 砲身の支持がポリキャップ無しで緩いため、テキトーに接着固定しました。砲塔が無いので回らないし、情けなく垂れ下がるのは好まんのです。

 使用色:S-39 ダークイエロー

| | コメント (0)

2018年11月 4日 (日)

1/48 M4A3E8 シャーマン イージーエイト

P9280181 つい最近、タミヤからも新発売になりましたイージーエイトです。タミヤを作るとこちらは手つかずになる可能性が高いので、こちらを先に作ります。


P9290191 あまり出来が良さそうな感じでもなかったので、嫌になったら終わりにすればいいやと気楽に始めたのが良かったか、完成しました。シャーマンの中では一番カッコ良く見えたイージーエイトはやはりカッコ良いです。(^^)

P9290193 幅広な履帯に合わせた新方式のサスペンションは普通のものより転輪も多くゴツくて良い感じです。タミヤの部品割りを見ると、更に作りやすそうなので楽しみです。


P9290206 ゴムっぽい素材のベルト式履帯は接着できると書いてありましたが付きが悪く、低温に調節したはんだコテで溶着しました。塗装はミッチャクロンを吹いてから行いました。


P9290196 初めから検討すらしなかった「顔」塗装はせずに、普通の米軍風味にしました。正確なマーキングが分からないので、付属のデカールを使ってテキトーに配置しています。


P9290198 幅と高さのバランスが改善され、砲も立派なものが付いていますので、だいぶカッコ良くなっております。



P9290199 砲身付け根にカバーが付いた状態が再現されているため、砲塔の回転のみで砲身の上下はできません。タミヤは大丈夫そうです。


P9290201 今回はTS-70陸自ODで塗った後、数プッシュ分だけ残っていたAS-6 ODを軽く上乗せしています。陸自ODはかなり暗いので、上塗りした分少し明るくなりました。隣のシャーマンはAS-6のみで塗っています。

P9290203 オーバーフェンダーにワイドタイヤは確実にカッコ良くなりまする。(^^)

 使用色:TS-70 OD色(陸上自衛隊)
 +AS-6 オリーブドラブ少々

| | コメント (2)

2018年10月28日 (日)

1/48 Pkw.K1 キューベルワーゲン82型(2)

P9230167 何かの拍子で購入したであろうキューベルのキットが出てきましたので、中途半端に残っている呉グレーを使って色違いで製作しました。小さいのでスプレーをちょうど使い切る辺りで塗り終わりました。(^^)

P9230152デカール無しの部品だけだったため、ナンバーは前回の残り物を使いました。ドアに貼るデカールはグレーだと良く見えなかろうということで軽やかに無視しました。


P9230154 戦車だとやや明るすぎると感じた呉も、小型車両だと割と雰囲気が良いようで、思ったより良い感じです。(^^)



P9230156 パネル貼り合わせで車体を組み立てるのは、部品の合いが良好なおかげもあって大変楽しいものです。タミヤのプラモは素晴らしいです。


P9230158 前回は厚塗りでガビガビになった窓枠もキレイに塗り分けできました。クリアパーツの窓枠塗装(邪魔なワイパー付きは尚更)は毎度緊張するのです。


P9230160 グレーのキューベルもクールでなかなかカッコいいです。




P9230161 良いじゃないか。




P9230166 部品だけのキットがある事を忘れて新品キットも購入してありまして(パッケージ画像の分)、アフリカ仕様と合わせてもう2台分キューベルが残ってます・・・

 使用色:TS-66 呉海軍工廠グレイ

| | コメント (0)

2018年10月19日 (金)

1/48 アメリカ現用多用途装輪車 "カーゴ キャリヤー"

P9190121 陸自LAVに続いての現用車両です。ハンビーは2種類出ていますが、こちらはトラックタイプです。



P9190108 タミヤ製の1/48では唯一でしょうか、タイヤがゴム製です。何故これだけゴムなのか分かりませんが、出来は良いのでそのまま使いました。キャンバスドアのビニール窓はファスナーで開閉できるようなので、運転席だけ窓を付けないで中を掃除できるようにしています。

P9190109 ややチリの合いがよろしくない部分等もあり、丁寧に調節して、建て付けが悪く見えないように注意しました。



P9190127 何かに使う目的があったのか、数年前にタイヤだけ取り寄せたものがパーツケースの中に入っていましたので、荷物にしてみました。


P9190113 ボンネットは載せるだけのような感じになっていますが、中に見せるものがあるわけでもなく、キレイに見える位置に調節して接着しています。


P9190116 一昔、二昔前は民生版のハマーを見かけることがありましたが、2mを超える幅広なボディは日本じゃ走り辛かろうと思ったものです。


P9190117 現用の多目的車両ということもあり、走破力はかなり高そうです。



P9190120 ゴツイ乗用車とスマートな装甲車を並べても楽しいです。陸自LAVは習志野辺りで実車を見たことがありますが、一般道を走行していると巨大に見えてビビります。スマートとはいえ装甲車は迫力があるもんです。

 使用色:TS-46 ライトサンド

| | コメント (0)

«1/48 ドイツ8輪重装甲車 Sd.Kfz.232