2017年4月29日 (土)

GTO 962M 2

Sp4210155 新しいベルトが届きました。元のよりずっと柔らかいです。やはり20年かけて相当硬化していた模様。すでにマニュアル通りの製作順を無視している感もありますが、2ページ目です。

Sp4280206ベルトの張り等を見るため、モーターに付属のピニオンを装着して取り付けました。グリーンのスパーはGTOキットの一番目立つパーツでしょうか、ハッキリ記憶に残っています。


Sp4280204 モーターを取り付けるとベルトが当たるというのは記憶にありません。だんだんと嫌になってくるの自覚しつつ、何とか形にしようと進めてみます。


Sp4280205 エンドベル側はこのような位置で、モーターをこれ以上下げるにはバルクヘッドの加工が必要な感じです。モーターだけでなく、バッテリーに対しても怪しいので、ベルトを持ち上げることにしました。

Sp4290219 真鍮のかけらを使ってベアリングホルダーを作り、テンショナーを製作しました。20年前と違い、この辺の工作がサクサクできるようになったのも再チャレンジの大きな原動力です。

Sp4280208 目立たないところに、良く見れば付いているという感じで装着してみました。ベルトに適度な張りも出て、モーター上に1㎜以上隙間を設けることができました。


Sp4280209 計算通り、角リポを置いてもベルトが当たらないようになりました。



Sp4280211 足回りを進めます。ロアアームを取り付けました。F/Rとも、前後に1㎜弱のガタがあり、アームの穴とシャフトはわりとガバガバの状態です。前後のガタだけシム調節し、他は必要な”アソビ”だと理解することにします。

Sp4280213 フロント側にはボールが挿入済みでした。後から入れたのか、インサート成型かは分かりません。そのまま行けるギリギリというレベルの渋さでしたので、余計なことをしないでそのまま使います。

Sp4280214 続いてリア側。こちらは左右同じ部品を使います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

KO CX-IIR

Sp4240194 27年くらい前に世界初のバック付きFETアンプとして登場したKOのCX-IIRを何と新品の状態で入手しました。(^^) 当時、京商アルティマプロ後期型キット・サンワエグザード送受信機と一緒に、私史上初のESCとして購入しました。サーボは手持ちにあったサンワコンテストHCを使った記憶があります。

Sp4240184 新品なので当然ですが、全く傷や汚れがありません。受信機線の白が黄ばんで黄色に見えるくらいで、コード類も柔らかい状態で普通に使えそうです。


Sp4240185 ケース上半身はアルミのキャスト、下半身はプラスチックです。ロゴ部分がビシッとしたメタリックで非常にカッコ良いです。(^^)


Sp4240188 何と言っても世界初!ですよ。ノバックもテキンも作っていなかったのか、ジャパンのコンドーカガクが世界初なのです。


Sp4240189 現在の23T辺りを使ったらすぐ焼けちゃいそうなスペックです。当時のアルティマプロには京商のメガモーターを使った記憶がありますが、ターン数とか気にしていなかったので覚えていません。

Sp4240191 万一興味がある人がいるかもしれないので、設定ページも載せときます。



Sp4240192 世界初!のバック付きですので、バック側の説明もあるのです。



Sp4240181 今になってCX-IIRの中身を見られるとは思いませんでした。FETは8個、でっかいリレーがドンと据えてあります。バック側の操作をすると、中からカチッとリレーの作動音がします。

Sp4240182 現在の細かい部品がいっぱい並んでいる基板と違い、部品だけ揃えてくれれば自分でハンダ付けしても完成できそうです。


Sp4240198 設定時に必要なパルスチェッカーも新品が付属していました。現在はLED内蔵が当然ですが、当時は別体でした。



Sp4240196 割りと簡素な作りとなっているようです。




Sp4240197 壊れても部品手配できそうなので、明るいLEDに替えてみたくなります。(^^)



Sp4240187 すごく大きいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月22日 (土)

GTO 962M 1

Sp4220178 20年ほど前に販売されていた、ベルトドライブ4WDのMシャーシ「GTO 962M」のデッドストックを入手しました。当時、購入して組み立てたはずなんですが、まったくと言っていいほど記憶に残っていません。たまに中古車やキットを見かけるものの、情報を探してもほとんどヒットしないので、絶版車の情報として残しておこうと思います。

Sp4220179 パッケージの横には「MADE IN JAPAN」の文字があります。16.000という数字から、当時定価16,000円だったことが推測されます。後に中国メーカーから「RoadRunner Xpress」という同じような車が出ていましたが、元日本製のキットが中国に丸投げされたのか、中国製キットを日本でMADE IN JAPANとして売っていたのかは不明です。

Sp4210154 マニュアルや部品にざっと目を通した感じから、あまり出来の良いキットではなさそうな香りがプンプン漂ってます。当時も途中で挫折したか、良い状態で完成を迎えられなかったか、「無かったことにする」意識が働いて記憶に残っていないのだと思われます。

Sp4210159 マニュアルに基づき、ボールデフから製作開始ですが、いきなりバリまみれのプーリーが出てきて早くも心が折れそうです。デフボールは1/8を10個使い、スラストは1/16を9個使う指示でしたが、内径6㎜のデフジョイントに1/16を9個ではキチキチすぎるため、8個にして隙間に多めのグリスを塗布して組み立てました。

Sp4210164 出来上がりました。キットにはデフ両サイドの1510ベアリング4個だけが入っていて、あとはメタルやプラメタルになっています。当時と違ってパーツボックスには多数のベアリングを常備していますので、前後2セットで850を2個、950を4個使っています。

Sp4210160 続いてセンターシャフト周辺の仮組みです。プーリーやスパーホルダーの成型が歪んでいて、回すとウネウネする以外は特に問題なさそうです。見た感じではシャフトを5㎜にして1050ベアリングを使っても全く問題なさそうですが、なぜか4㎜シャフトに1040というあまり一般的ではないサイズのベアリングを2個使います。現在のパーツボックスには当たり前のように入っているので大丈夫です。

Sp4220165 ベルトは20年に及ぶ経年でフロント側の変形が戻りません。リア側は大丈夫そうですので、フロントベルトだけ新しいものを手配しました。当時と違い、ネットと通販のおかげで規格品であれば大体のものを探し当てて手配することができます。

Sp4220168 ステアリング周りは比較的良好な状態で組めました。850ベアリングを8個使ってます。ボールを中央付近まで移動してタイロッドを長くする方向でも行けそうです。


Sp4220170 バルクヘッドはヒケやバリの豊富な樹脂製で精度もイマイチ、ダンパーステーやアッパーデッキを組み込まないと組み上げ寸法になりませんので、ここまで仮組みした状態でデフのガタつきをチェックし、またバラバラにしてデフベアリングにシムを入れて調節しました。

Sp4220171 センターシャフトもバルクヘッドを分解しないと外せないため、整備性はよろしくなさそうです。また、エキセントリックなベアリングホルダーやベルトテンショナーといった調節個所はありません。フロントベルトがヨレヨレなので何とも言えませんが、現状ではかなり重そうな回転です。新しいベルトが届くまで、しばらくこの状態で樹脂部品やねじ山を馴染ませることにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月19日 (日)

電圧警告灯 その2

Sp2190015 フタバのブラシモーター用MC230CRは大変使いやすくいくつか持っていますが、現在のリチウム系電池へのカット機能が無いため、過放電で壊してしまう可能性が少なからずあります。そこで、以前製作した低電圧警告灯をベースに新しく小さなものを作ってみました。

Sp2190020 今回はトランジスタと抵抗にチップ部品を使い、可変抵抗は使わずできるだけ小さく薄くなるように配置しました。敷いてある板の一マスが1㎝なので、だいぶ小さくできました。(^^)

Sp2190008 LEDは広角のFluxタイプを使い、スイッチでLi-PoとLi-Fe用に切り替えできるようにしてみました。Li-Poで約6.4v、Li-Feで約5.8vを目安に、その少し上で点灯開始するように設定してあります。本当は設定電圧ピッタリでパッと点灯消灯するようにしたいのですが、分かんないので仕方ない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月19日 (月)

ル・マン490と久々のブラシモーター

Spc190030 京商のル・マンモーターと言えば、オッサン世代が必ず反応する銘柄であろうと思われますが、ご多分に漏れず私もその一人です。何となくジョーシンを見ていたところ、特に安くなってるわけではないものの200円割引が使えて残り1個だったので、何となく購入してみました。

Spc190032 ル・マンモーターはラベルが命♪ ラベルが無ければフツーのサガミ♪ ル・マンフォーマットのラベルはいつ見ても心躍ります。缶の艶っぽいライトなガンメタカラーも良い感じです。

Spc190033 エンドベルは赤が珍しい以外はフツーのサガミです。黒いヒートシンクとのマッチングがイマイチな感じです。



Spc190036 金色のヒートシンクに金メッキのブラシホルダーを装着し、意味も無くブラシまでシルバーブラシにしてみました。(^^) ラベルに傷が付くと一大事なので大切にしまっておくことにします。

Spc180012 たまにブラシモーターで遊んでみるのも楽しいので、手頃で使いやすく組んでみます。ローターはルナさんより調達した30Tを使います。


Spc180013 缶はヨコモのS-Pro缶、3スリットのダクトが4ヶ所あって最高にカッコいい缶です。



Spc180014 エンドベルはブラシモーター最終世代の高性能機であるチェックポイントのアルミ製を使います。いくつか保管してある新品は勿体ないですが、これはつい最近、程よくくたびれたものを460円で入手しました。ハンダをキレイにしてベアリングを交換すれば機能的には新品同様です。

Spc180016 これ以上のエンドベルは出ないだろうと、出回っていた時期に消耗部品をある程度ストックしておきましたので、暫くはこのエンドベルを活用できるのは喜ばしい限りです。


Spc180019 できた。♪




Spc180027 フツーのサガミ型のエンドベルもメカっぽくて好きですが、これはまた一味違った感じで大変よろしい雰囲気です。



Spc180029 隙間からチョロッと見えるダクトがカッコいいのです。




Spc180024 ESCはフタバの傑作MC230CRで十分です。サーボはこの前のSX-131を乗っけています。



Sp1050091 赤いヒートシンクを入手したので付け替えてみました。金色より合うみたい。(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«Olight H1 Nova