2017年8月17日 (木)

1/48 ソビエト装甲車 BA-64B

P8170113 ちょっとした筆塗り塗装にと、先日塗料を購入しましたので、使ってみるべくプラモを買ってきました。個性的で面白そうと思いながらも塗装が必須で避けてきたAFVも、塗装が目的なら都合良かろうと、小さくて簡単に出来上がりそうなタミヤ1/48MMシリーズの中から、一段と簡単そうなものを選んでみました。

P8170114 タミヤのプラモも久々ですが、あいかわらずどの部品もピタッと合わさって非常に気分がよろしいです。余計なことはせず組み立てて、基本色は屋外でプシュっとスプレー塗装し、あとは筆塗りで仕上げました。

P8170116 できないことはできるまでやる!と意気込むと疲れちゃうので、できる範囲で楽しく作るのを目標としてみたところ、サクサク楽しく出来上がりました。(^^)


P8170117 AFVのプラモはウェザリングと称する経年や汚れを塗装で表現するのが見せ所らしいですが、上手な人の素晴らしい作品を真似しようとしても文字通り汚らしくなるだけだし、かと言って何もしないと少々つまらない気もしますので、できそうなとこだけチョビッとやってみました。

P8170118 細かいところを気にすると疲れちゃうので、これで良しとしました。



P8170121 出来上がると手のひらサイズでとっても可愛らしいです。大きいスケールに比べれば省略されている部分もあると思いますが、十分に精密でさすがに世界のタミヤです。(^^)


P8170124 車っぽいAFVは変な形が多いので面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

Citadelカラーを買ってきた

 10年位前、エアブラシを使って塗装していましたが、噴霧された溶剤のせいか頭痛がしたり、どうにも調子がよろしくなかったため、現在はラジコンボディ等で必要な時に屋外でスプレー塗装する程度にしています。

P8110007 ラジコンボディの塗装はやらなきゃならないけど好きじゃないので、付属している運転手はほとんど塗らない(取り付けない)で済ませています。ところが今回組み立てたスコーピオンは、ボディパネル一体で運転手の胴体がモールドされているため、付属の頭を塗って取り付けないと首チョンパになってしまうので、仕方なく塗ることにしました。

P8110004 ヘルメットはスプレーで塗ったので、そこそこ艶もあって特に厳しいところは無いと思います。全体がピンクになっていますので、顔の部分は筆塗りで仕上げます。


P8110005 これは酷い。(^^) 長期保管のタミヤアクリルを無理やりかき混ぜて筆塗りしました。塗料が上手く伸びないし、塗り重ねると下が剥がれて地が出たり、無理くり塗ってたらご覧の通りになりました。まあヘタなだけなんですが、塗料自体もくたびれているようなので、ちょっと筆塗りするのに使いやすそうな塗料でも用意しようかなと思い立ちました。

P8110001 色々探してみると、ラッカー系の使えない海外では高性能な水性アクリルがいくつか出ているようです。その中で、塗りやすく塗膜が強いらしい「シタデル」というのがよろしいようで、最近ヨドバシでも扱い始めたらしく、必要な時に1個から送料無料で購入できるのもメリットだろうと、いくつか購入してみました。タミヤやクレオスが1個100円ちょっとで買えるのに対し、こちらは1個550円もするので大変割高ですが、1000円2000円というわけではないので、気分良く塗れるなら大した出費ではありません。せっかくなので、また劣化して固まったりする前に手軽なプラモでもいくつか作って塗ってみようと思ってます。

P8110009 テキトーなようで、ちゃんと陰影付けて上手に塗ってあるもんですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 9日 (日)

ダンプに変更

P7090352 タミヤアフターでヘビーダンプのパーツを購入し、ダンプに変更してみました。縮尺が大きく変わりますので、同じシャーシでも小さくなった感じがしてかわいらしいです。


P7090354 タイヤはAliexpressで見つけたもの、ホイールはタミヤ製を塗装しています。ボディの成型色に合わせる場合、クレオスの黄橙色が良さそうな感じです。タミヤのキャメルイエローでは黄色すぎました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年7月 8日 (土)

ル・マン テクニゴールド ダイナテック 他

P7070007 ル・マン480Sはブルーです。濃いブルーだと目立たないので、やや明るめの色にしました。タミヤブルーのヒートシンクとマッチしてなかなか良い感じです。(^^)


P7070008 あまり好みでないグリーンのヒートシンクですが、480Tを再現するのに唯一無二で活躍してくれました。(^^)



P7070010 赤がカッコ良く、当時人気のオフロード向けということもあり、今でも特に人気がありそうな240Sです。やはり赤のヒートシンクはカッコいいです。(^^)


P7070011 黒のエンドベルは600Eもあるのでどちらにしようか迷いましたが、ロング缶を通常サイズで再現するのも面白いかと360PTにしました。(^^)


P7070015 本物は金属エンドベルですが、色だけ合わせてます。(^^)


 以上5点はヨコモの新品缶にラベルを貼り、ヒートシンクの色と合わせて雰囲気を再現してみました。

 以下は中古缶の塗装を落とし、新たに塗り直したものです。

P7070033 TRFっぽいものでも作ってみようかとマイカブルーで塗装してみたところ予想以上に濃く、スーパープロの方が合いそうでしたので、ラベルを作ってみました。本物は白ですが、銀ベースにしています。(^^)

P7070035 雛形は同じなので、文字と色を変えてトルク版です。(^^)



P7070040 結局購入してしまったスコーピオンキット用に1個作ってみました。一度ノーマル黄色で塗りましたが、風味がイマイチだったのでクロームイエローで塗り直しています。ウイングやメカボックスの成型色とマッチして良い感じです。(^^)

P7070038 続いてタミヤっぽいもの。塗り缶と聞いて、まず思いつくのがアクトパワーの派手なピンク缶でしたので、くたびれたダイナランの缶を塗って再現しました。透明ラベルに白文字は無理なため、潔く黒文字に変更しています。(^^)

P7070016 テクニパワーは当時の記憶から、シルバーよりわずかに金色に寄ったシャンパンゴールドで良い感じになったと思います。(^^)


P7070019 テクニパワーに比べてやや影の薄い感もあるテクニチューンです。こちらはラベルの輪郭が六角になっているのを新たに発見しました。(^^)


P7070065 タミヤ少年にとって最強のモーター、テクニゴールドです。当時買ってもらったビッグウィッグに付いてました。割りと全部に近い自作で、両端の縞模様とか結構苦労しました。一番偉いテクニゴールドには、特別にS-Pro缶とチェックポイントのエンドベルを奢りました。(^^)

P7070079 格納庫に収まるスーパーZ的なイメージで。(^^)




P7070026 タミヤ&マブチの最終機でしょうか、ダイナテック01Rの実機にはあまり興味が無いものの、ラベル映えしそうだったので作ってみました。「DINATECH」は目測から比率ルールを作り、その通りに作ったら割りと良い感じにできました。(^^)

P7070045 高性能でカッコいいヨコモの現行ブランドRPをブラシモーターにしてみました。カッコいいS-Pro缶をセミグロスブラックで塗ったら、ブラシレスの黒アルマイトに近い雰囲気になりました。(^^)

P7070061 アクトパワーのピンク缶がキレイでしたので、S-Pro缶でもう1個塗りました。(^^)



P7070051 普通の540モーターも多少は面白くなるかなと、ラベルを貼ってみました。(^^)



P7070053 マブチの手持ちが無く、ジョンソンだけどまあいいでしょう。(^^)



P7070058 可能であれば当時物の未使用新品で揃えれば一番ですが、雰囲気だけでも結構幸せになれます。(^^)



P7230368 本物のル・マン プロを格安で入手しましたが、缶もラベルもボロボロだったので缶は塗装、ラベルも作ってみました。こちらは元の黒メッキに近い雰囲気になるよう、濃いガンメタにしました。エンドベルは比較的綺麗でした。(^^)

P7230370 こちらはエンドベルもやや傷多めでしたので、何となく缶も赤く塗ってみました。フロント丸6穴には独特の雰囲気があってそれだけで嬉しくなってしまいます。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月22日 (木)

プリンタを買ってきた

 プリンタと言えば、20数年前にエプソンの普及品を購入しましたが、あまり使わないうちにノズルが詰まったか何かで、そのまま使わずに処分した記憶があります。デジカメ画像ならプリント屋に頼んだ方が早くて綺麗だし、特に必要を感じないでいました。
 このところ、ちょっとしたものを印刷してラベルシールでも作れたら楽しいかなと思ってまして、今のプリンタはどんなもんか調べてみると、何だかえらく安くなってます。しかもスキャナやコピーの機能まで付いているのも当たり前のようで、これはちょっと試してダメでも説明書PDFの印刷やちょっとしたコピーだけにでも使えりゃいいやとヨドバシ秋葉へ行ってみました。

Sp6220330 ウン万円の上級機には全く興味が無いので7千円~1万円の機種辺りをウロウロしていたら、お姉さんが寄ってきて説明を始めたので「安いヤツはどれも似たようなもんでしょ?」とテキトーに受け流したところ、「安いヤツこそ色々違うんです。どうのこうのでこれがお勧めなのです。」と力説され、ブラザーの安いヤツを購入しました。

Sp6220326 早速ラベル用糊付き用紙のシルバーと透明を購入しプリントしてみました。昔はデカいコネクタ付きのぶっといコードでPCと繋いだように記憶していますが、今はサクッとUSBに繋ぐだけです。出てきたラベルを見てビックリ、非常にキレイにできてます。写真と違って境界のハッキリした形なので余計かもしれませんが、これなら十分以上の品質です。調子に乗って違う質感のシルバー用紙もいくつか購入して色々試してます。

Slogo 京商ロゴの「THE FINEST~」文字は太さ0.1mm無いくらいなので、それらしき感じでグジュグジュっと書いてあればいいやと思っていましたが、ほぼハッキリ読み取れるレベルで印刷されています。20年で性能が向上したのか、当時の使い方が悪かったのか、家庭用インクジェットプリンタのイメージがすっかり良くなりました。

Slemans ルマンの無駄遣い(^^)



Ssp6250340 ボロくなった缶を青く塗ってスーパープロ風に、黄色く塗ってスコーピオン用。(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

«チヂミ塗装をやってみた