2017年6月22日 (木)

プリンタを買ってきた

 プリンタと言えば、20数年前にエプソンの普及品を購入しましたが、あまり使わないうちにノズルが詰まったか何かで、そのまま使わずに処分した記憶があります。デジカメ画像ならプリント屋に頼んだ方が早くて綺麗だし、特に必要を感じないでいました。
 このところ、ちょっとしたものを印刷してラベルシールでも作れたら楽しいかなと思ってまして、今のプリンタはどんなもんか調べてみると、何だかえらく安くなってます。しかもスキャナやコピーの機能まで付いているのも当たり前のようで、これはちょっと試してダメでも説明書PDFの印刷やちょっとしたコピーだけにでも使えりゃいいやとヨドバシ秋葉へ行ってみました。

Sp6220330 ウン万円の上級機には全く興味が無いので7千円~1万円の機種辺りをウロウロしていたら、お姉さんが寄ってきて説明を始めたので「安いヤツはどれも似たようなもんでしょ?」とテキトーに受け流したところ、「安いヤツこそ色々違うんです。どうのこうのでこれがお勧めなのです。」と力説され、ブラザーの安いヤツを購入しました。

Sp6220326 早速ラベル用糊付き用紙のシルバーと透明を購入しプリントしてみました。昔はデカいコネクタ付きのぶっといコードでPCと繋いだように記憶していますが、今はサクッとUSBに繋ぐだけです。出てきたラベルを見てビックリ、非常にキレイにできてます。写真と違って境界のハッキリした形なので余計かもしれませんが、これなら十分以上の品質です。調子に乗って違う質感のシルバー用紙もいくつか購入して色々試してます。

Slogo 京商ロゴの「THE FINEST~」文字は太さ0.1mm無いくらいなので、それらしき感じでグジュグジュっと書いてあればいいやと思っていましたが、ほぼハッキリ読み取れるレベルで印刷されています。20年で性能が向上したのか、当時の使い方が悪かったのか、家庭用インクジェットプリンタのイメージがすっかり良くなりました。

Lemans_2 ルマンの無駄遣い(^^)



Sp6250340 ボロくなった缶を青く塗ってスーパープロ風に、黄色く塗ってスコーピオン用。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年6月 4日 (日)

チヂミ塗装をやってみた

Sp6040300 ラベルが剥がれたり、擦り傷だらけでキレイじゃないモーター缶がたくさんあるので、再利用目的で色を塗ってみることにしました。せっかくなので、以前より興味があったチヂミ塗装っぽいことができる塗料を使ってみました。身近なところではSTIのインテークマニホールドあたりで使われているような塗装で、塗料はアメリカのVHTというメーカー製です。

Sp6040285 元の塗装は落とさなくても良さそうですが、使ってみて落ちればその方が良かろうと、害の少なそうな剥離剤を試してみました。臭いも少なく使いやすい割に良く落ちて、思ったより使えそうなものでした。(^^)

Sp6040286 下地に白のプラサフを吹いています。もう一つ、普通のラッカーでも塗装しましたが、そちらは乾燥後にいじってたらプラサフごとパリッと剥がれてしまいました。メタルプライマーも使った方が良いかもしれません。

Sp6040288 3回ほど塗り重ね、乾燥して出来上がりました。触ってみた感じではかなり強そうな塗膜に見えます。1回目は吹き過ぎが原因か、縮む時に一部が襞のようになってしまい、気持ち悪いのでシンナードブ漬けで剥離しましたが、普通のラッカーのように溶解せず、ブヨブヨになった塗膜がペロンと剥がれました。

Texture これが正解なのか分かりませんが、540モーター程度のサイズだと、自分的にはこのくらいが丁度良い感じでしたので、これで良しとしました。吹きつける量や熱風乾燥などの要素で変化があるようですが、薄目に吹いてそのまま乾燥機を繰り返したら目の細かい模様になりました。

Sp6040299 乾燥機に入れている間の暇つぶしに、ジュラコンでスタンドを作ってました。テキトーに置いておくと、転がったりお互いの磁力でくっ付いたりしますので、簡単なものでもあれば役立ちます。

Sp6040297 なかなかよろしいようで。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年5月 8日 (月)

GTO 962M 3

Sp4210156 マニュアル3ページ目です。見開き3ページで1台完成ですので、親切丁寧なタミヤとは大違いです。



Sp4290215 嫌な予感がする足回りを進める前に、ピロボールに六角穴加工を施しました。全部はしんどいので必要数だけですが、結果おおいに役立ってくれました。


Sp4290218 ドライブシャフトは4本ともユニバーサルが付属しています。タミヤの30mmと互換サイズですが、ネジ部分が短いのでナイロンナットのナイロン部まで届きません・・・。が、現在のパーツボックスにはセレーションナットも完備しているので大丈夫です。

Sp4290224 フロントはロッド1本をターンバックルに替えました。キャンバー・キャスター調節可能らしいですが、キングピン支持の扇形パーツは、角度が固定されていると何もできないと思うのです。実際、ターンバックルにして微妙に調節しないと渋くてスルスル動きません。

Sp4290227 形になったところでステアリングを切ってみると、Cハブ無しの舵角ストッパーとして機能すると見込んでいた部分が単なる障害でしかなく、異様に舵角が少ない状態でした。


Sp5070249 ピロボールを小さなものに替え、ボールエンドもストックで一番小さそうなものに替えて、多少なりとも舵角を増やしました。


Sp4290225 リア側はサスアームとアップライトが異常にキツイだけで、少し削って合わせれば問題無いレベルです。前後左右のアップライトで1050ベアリングを8個消費です。


Sp4290232 バリだらけのシリンダーはOリング室が小さく激渋、ダイヤフラムは異常に厚く、上下バネ受けは異様に大径でステーに干渉、更にはサイズがヘンテコでストックパーツが使えません。シリンダー拡張とバネ受け小径化は旋盤で加工、ダイヤフラムはスライスして使いました。パッと見はアルミパーツも入ってキレイな感じなので、何とか使えるように頑張りました。

Sp5070251 シャーシ全体がほぼ形になりました。ホイールハブはとりあえず手持ちのクランプにしていますが、ちゃんとバリ付きの樹脂製も入っているので大丈夫です。


Sp4210162 バッテリーホルダーの樹脂パーツが入った袋の内側に、豊かな油分が見られたので嫌な予感はしていましたが、ちょっと触っただけでボロボロ崩壊しました。


Sp4210161 崩壊した欠片を並べて元のパーツの形だけお伝えします。ベタベタして気持ち悪いのでソッコー捨てました。メカ積みどうすっかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月29日 (土)

GTO 962M 2

Sp4210155 新しいベルトが届きました。元のよりずっと柔らかいです。やはり20年かけて相当硬化していた模様。すでにマニュアル通りの製作順を無視している感もありますが、2ページ目です。

Sp4280206ベルトの張り等を見るため、モーターに付属のピニオンを装着して取り付けました。グリーンのスパーはGTOキットの一番目立つパーツでしょうか、ハッキリ記憶に残っています。


Sp4280204 モーターを取り付けるとベルトが当たるというのは記憶にありません。だんだんと嫌になってくるのを自覚しつつ、何とか形にしようと進めてみます。


Sp4280205 エンドベル側はこのような位置で、モーターをこれ以上下げるにはバルクヘッドの加工が必要な感じです。モーターだけでなく、バッテリーに対しても怪しいので、ベルトを持ち上げることにしました。

Sp4290219 真鍮のかけらを使ってベアリングホルダーを作り、テンショナーを製作しました。20年前と違い、この辺の工作がサクサクできるようになったのも再チャレンジの大きな原動力です。

Sp4280208 目立たないところに、良く見れば付いているという感じで装着してみました。ベルトに適度な張りも出て、モーター上に1㎜以上隙間を設けることができました。


Sp4280209 計算通り、角リポを置いてもベルトが当たらないようになりました。



Sp4280211 足回りを進めます。ロアアームを取り付けました。F/Rとも、前後に1㎜弱のガタがあり、アームの穴とシャフトはわりとガバガバの状態です。前後のガタだけシム調節し、他は必要な”アソビ”だと理解することにします。

Sp4280213 フロント側にはボールが挿入済みでした。後から入れたのか、インサート成型かは分かりません。そのまま行けるギリギリというレベルの渋さでしたので、余計なことをしないでそのまま使います。

Sp4280214 続いてリア側。こちらは左右同じ部品を使います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月26日 (水)

KO CX-IIR

Sp4240194 27年くらい前に世界初のバック付きFETアンプとして登場したKOのCX-IIRを何と新品の状態で入手しました。(^^) 当時、京商アルティマプロ後期型キット・サンワエグザード送受信機と一緒に、私史上初のESCとして購入しました。サーボは手持ちにあったサンワコンテストHCを使った記憶があります。

Sp4240184 新品なので当然ですが、全く傷や汚れがありません。受信機線の白が黄ばんで黄色に見えるくらいで、コード類も柔らかい状態で普通に使えそうです。


Sp4240185 ケース上半身はアルミのキャスト、下半身はプラスチックです。ロゴ部分がビシッとしたメタリックで非常にカッコ良いです。(^^)


Sp4240188 何と言っても世界初!ですよ。ノバックもテキンも作っていなかったのか、ジャパンのコンドーカガクが世界初なのです。


Sp4240189 現在の23T辺りを使ったらすぐ焼けちゃいそうなスペックです。当時のアルティマプロには京商のメガモーターを使った記憶がありますが、ターン数とか気にしていなかったので覚えていません。

Sp4240191 万一興味がある人がいるかもしれないので、設定ページも載せときます。



Sp4240192 世界初!のバック付きですので、バック側の説明もあるのです。



Sp4240181 今になってCX-IIRの中身を見られるとは思いませんでした。FETは8個、でっかいリレーがドンと据えてあります。バック側の操作をすると、中からカチッとリレーの作動音がします。

Sp4240182 現在の細かい部品がいっぱい並んでいる基板と違い、部品だけ揃えてくれれば自分でハンダ付けしても完成できそうです。


Sp4240198 設定時に必要なパルスチェッカーも新品が付属していました。現在はLED内蔵が当然ですが、当時は別体でした。



Sp4240196 割りと簡素な作りとなっているようです。




Sp4240197 壊れても部品手配できそうなので、明るいLEDに替えてみたくなります。(^^)



Sp4240187 すごく大きいのです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«GTO 962M 1