« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »

2007年3月20日 (火)

単眼鏡&ルーペ

Rimg0136 綺麗にコーティングされたレンズに魅力を感じるこの頃、ケンコーの単眼鏡とルーペを購入しました。顕微鏡始め、小さいものを良く見るための光学系はちょこちょこ購入していますが、遠くを見るためのものはカビの生えた数十年前のニコン双眼鏡が何処かにあるはずという程度です。
 持ち運びに便利なように小型の単眼鏡を探していたところ、ケンコーアウトレットに良さげなモノを見つけました。対物レンズが大きくて明るいらしく、定価¥15,000が¥9,000になってます。アルミ筐体のしっかりしたもので、予想外にMade in Japanでした。(^^)
 ¥10,000以上で送料無料という良くあるパターンにつき、ルーペも購入しました。こちらは¥23,800が何と¥4,762! 性能的には色収差が大きくてどうのこうのというものらしいですが、レンズ径が50mmと大きく、模型の観察に適していそうな感じがしたので購入してみました。こちらもアルミ筐体の日本製でよろしい感じです。性能的にも写真を念入りに見るわけでもないので、私の用途には全然問題ありません。レンズ径が大きいので視野の範囲が大きく、非常にクッキリ見えます。
 次はCanon、Nikon、Zeissあたりのルーペ・・・かな?:-p

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月15日 (木)

変なライト

Light また何か作っているようです。どうやらライトを作っているみたいです。アルミ一体で削り出し、仕上げは新スキルであるところのエアブラシ塗装を駆使して何かに色を合わせているようです。こうなって、こう使う。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月14日 (水)

ルーペ

Lupe4x ルーペです。見た目もシンプルで、倍率も4倍と至って平凡です。
 だが、一味違う。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007年3月12日 (月)

スパイダルコ

Spyderco 久々にアメ横~秋葉原を散策してきました。目的の一つがスパイダルコの購入でしたので、マルキンさんに立ち寄り購入してきました。
 なぜスパイダルコかというと、数日前にひまぱのぱさんより「ミニポリス」というものを頂いてしまい(有難うございました)、これが非常によろしいものだったからという単純な理由です。
 購入したのは「スタンダード(上)」と「てんとう虫(中)」です(下は「ミニポリス」)。「スタンダード」にしたのはサイズが手頃で、文字通りスタンダードだからなわけですが、店員さんいわくブレードの厚みが他に比べて厚いそうです。実際に同じようなサイズの「デリカ」などに比べると、1.5倍くらいありそうに見えました。既に生産終了らしく、最後の1個でした。
 「てんとう虫」は「見えるところにかわいい物が2千円ちょっとでぶら下がっていた」から買ってきました。^^; これも安い割りにしっかりした日本製で大変よろしいです。
 いずれもハンドルが樹脂製だったり高級な感じはしませんが(実際安い)、刃や作りはしっかりしているので、ツールとして気兼ねなく使えそうです。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年3月 6日 (火)

UltraFire !!(2)

Ultracree Cree XR-Eを搭載したUltraFireを購入しました。いささか怪しい感じもしましたが、中国のショップにオーダーしたところ、迅速丁寧に対応してもらえました。
 SmartやLuxogenと比較し、デザイン的にも無意味な凸凹が無く、わりとキッチリした造形になっているUltraFireには個人的にナイスなフィーリングを持っていますが、コイツもなかなかカッコ良く、しっかり作られているようです。$32で購入できますが、非常にお買い得な感じがします。(^^)

EDIT
別のお店では$23以下で買えるという報告を頂きました。orz...

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年3月 5日 (月)

KLC8テスト

Klc8_1 SSC P4に続いて登場したEdison opto製「EDEW-KLC8」を入手したのでテストしてみました。BINは「VW3V03」となっています。ダイを覆う蛍光体がドーム内いっぱいに円形に拡がっています。このような蛍光体を通すと中心と周囲で色合いの違いが発生することを経験していますが、やはりそんな感じの照射になるようです。このBINの場合、中心は綺麗な白、その周りが小水色、その外側はまた綺麗な白という色の変化があります。パターン的には問題なく、中心から外側に向けて自然に減衰していくように見えます。
 装着に関してはスラグとアノードが導通している「やめてくれ」なものですが、既存のLuxeon用リフレクタは何の加工も無しでバッチリ使えます。
 色合いは別にして、照射した感じはSSC P4と同じような明るさと拡がりがあるようです。Luxeonに換えて装着する場合、ポン付けマッチングは一番よろしいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年3月 4日 (日)

実体顕微鏡

Sz61 以前より配備したかった実体顕微鏡をついに導入しました。(^^)
 最大40倍程度の機種は色々とありますが、やはりしっかりした光学系を持つものの方がよろしかろうということでオリンパス製「SZ61」という機種にしました。安く買えそうな所を探してみたものの扱っているところすら殆ど見当たらず、仕方なく買えるところに注文しましたが、それもそのはず何と受注生産品とのことでした。
 かれこれ2週間ほど待っていたところ、つい3日ほど前に到着しました。ワクワクしながら覗いてみましたが、なかなか思うように見えません。ちょっと頭が動くと視野を外してしまいます。アイカップが付いていれば多少は見えやすくなりそうな気がしましたので、違うメーカーのものですがアイカップを購入しました。そのままじゃサイズが合わないのでサクサクッとアダプターを作って装着してみたところ、非常に見やすくなりました。メガネを外す必要があるのがちょっと面倒な感じもしますが・・・
 実体顕微鏡ということで観察対象を立体的に見ることができます。こちらは視野いっぱいくらいに合わせて見たLuxeonです。接眼レンズに近いところにデジカメを合わせて撮影してみました。1筒を通しているだけなので立体的に見えない上、すぐに視野を外してしまうため撮影は難しいです。
 肉眼で見えないものを見る数百倍の顕微鏡と違い、肉眼でも見えるものを更に大きく綺麗に見ることができるのでなかなか楽しいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 3日 (土)

業務連絡です。

 この度は壱式モジュールへのお申し込み、有難うございます。
 お申し込みを受け付けた方全員に「Re: Upgrade module order」というタイトルでご案内のメールを送信済みです。
 タイトルに「壱式」の文字がありませんので、ご案内のメールが届いていないと思われる方は今一度ご確認をお願い致します。
 良からぬメールとして削除してしまった可能性がある方は、こちらよりお問い合わせ下さい。

 以上、よろしくお願い致します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007年3月 2日 (金)

SuperFireX

Superfirex_1 SuperFire SF-302Xを購入しました。以前よりCセル2本仕様が欲しかったので販売開始を聞いてすぐに注文しました。2Cというとマグ2Cがありますが、デカマグのヘッドはDセルボディでバランスされると感じる私にとって、Cマグは頭でっかちで好きになれません。以前東芝のTKH-28という名機がありましたが、5mm8発のわりにお値段が高くて結局買わずに終わっていました。
 で、早々と本日到着したので早速いじってみました。サイズ的には予想通り非常によろしい感じです。質感も艶消しの黒でなかなか高級感があります。集光はむき出しのコリメータというところが微妙ですが、まあそれも良かろうという感じです。
 点灯してまず驚くのが、見事なまでの四角照射です。画像にすると丸みが出ますが、見た目には完全な四角です。LEDのダイが四角なのでコリメータを通すと四角い照射になるのは良くあるパターンですが、これは好みが分かれるところかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年3月 1日 (木)

モジュール受け付け開始します。

 お待たせしました。壱式用グレードアップモジュールのご購入受け付けを開始します。受け付けはこちらのフォームから必要事項をご記入の上送信して下さい。受け付けは終了しました。たくさんのご応募、有難うございました。

 以下、製作したモジュールの仕様です。
 LED:ソウルセミコンダクタ Z-power LED P4 BIN=USXPI
 コンバータ:スーパーコンバータ出力約400mA
 リフレクタ:McR20S加工品
 価格:¥8,500

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2007年2月 | トップページ | 2007年4月 »