« 製作② | トップページ | 製作④ »

2007年6月10日 (日)

製作③

 ブレーキの次にはスパーの組み立てです。キットにはHPIのK4.6エンジンが同梱されていますが、もっとまろやかなエンジンを使いたいのでOS21VGに変更します。

Rimg0022 エンジンの排気量が小さくなりますので、ギア比も47/17から52/14に変更します。また、ついでにスパーを樹脂製に変更します。無理な走行はしない予定なので樹脂でも大丈夫でしょう。システムは樹脂スパーの最新型?であるデュアルスリッパーにしてみます。以下、ノーマル鉄スパーからデュアルスリッパーに変更するために必要な部品です。
#86800 スリッパークラッチハブ
#86801 スリッパークラッチプレートA
#86802 スリッパークラッチプレートB
#87243 ダンパーラバー
#77097 スパーギア(52Tの場合)
あとは付属パーツを使えばOKです。

Rimg0007 2速調節用のラバーキャップは真中の出っ張りが中のギアに干渉していたので少し薄くなるようにスライスしました。



Rimg0023 エンジンプレートはINTEGYのヒートシンクタイプを用意しました。特に意味は無く、何となくカッコいいから・・・^^;



Rimg0026 いよいよTVPとの合体開始です。エンジンプレートの干渉部分などを調節しました。タンクマウントはHPIのオプション、スロットルヒンジはINTEGYに交換しています。

|

« 製作② | トップページ | 製作④ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/15383400

この記事へのトラックバック一覧です: 製作③:

« 製作② | トップページ | 製作④ »