« Postagon | トップページ | 掛時計 »

2007年9月19日 (水)

照射比較

 Postagonを製作したところで、せっかくなので照射比較を撮ってみました。壁面から約8mの距離で撮影しています。画像の右は電源、集光、LED、コンバータ出力を表記しています。「BIN不明」は元のLEDをそのまま使っている状態です(DOP-017BK除く)。

SUREFIRE 6P&P60
Rimg0008_22CR123
P60リフレクタ
フィラメント
ダイレクトドライブ

壱式グレードアップモジュール
Rimg00011CR2
McR20S改
SSC P4 U
SC約400mA

SUREFIRE L5
Rimg00022CR123
ノーマルリフ
LuxeonV BIN不明
ノーマルコンバータ

ULTRAFIRE C2
Rimg00032CR123
ノーマルリフ
Cree XR-E BIN不明
ノーマルコンバータ

FENIX P2D TURBO
Rimg00041CR123
ノーマルリフ
Cree XR-E Q5
ノーマルコンバータ

SUREFIRE G2Z&P60互換モジュール
Rimg00052CR123
DX製リフレクタ
SSC P4 U
SDC約1000mA

SUREFIRE M3改 HIGH
Rimg00063CR123
McR38
SSC P4 U
ROF-CV05約1000mA

Postagon
Rimg00073CR123
Pentagonノーマルリフ
Ostar E2B
SHARK約1000mA

永遠のミニマグ
Rimg00092AAアルカリ
ノーマルリフ
フィラメント
ダイレクトドライブ

SUREFIRE L4
Rimg00102CR123
ノーマルリフ
LuxeonV BIN不明
ノーマルコンバータ

KL4-Ostar
Rimg01052CR123
KL4ノーマルリフ
Ostar E2B
SHARK400mAちょっと

Lighoon3
Rimg00111CR123
McR20
LuxeonIII TY0H
SC約1000mA

SUREFIRE E1L
Rimg00121CR123
ノーマルコリメータ
LuxeonIII BIN不明
ノーマルコンバータ

DOP-017BKちょっと改
Rimg00131CR123
ノーマルリフ
SSC P4 BIN不明
ノーマルコンバータ

SUPERFIRE SF302X
Rimg00142Cアルカリ
ノーマルコリメータ
Luxeon K2 BIN不明
ノーマルコンバータ

2Dマグ改
Rimg00152Dアルカリ
McR45
SSC P4 U
SC約1000mA

SUREFIRE M6
Rimg00166CR123
ノーマルリフ
MN21フィラメント
ダイレクトドライブ

SUREFIRE M6
Rimg00176CR123
ノーマルリフ
MN20フィラメント
ダイレクトドライブ

Maxlite AA
Rimg00181AAオキシライド
McR27
LuxeonI SW0H
SC約350mA

SUREFIRE E1e
Rimg00191CR123
ノーマルリフ
MN01フィラメント
ダイレクトドライブ

バイピンソリテール
Rimg00201AAAアルカリ
ノーマルリフ
ノーマル3mm
ノーマルコンバータ


|

« Postagon | トップページ | 掛時計 »

コメント

M6は新品電池入れたて1発目の照射です。さすがに凄い。

投稿: カトキチ | 2007年9月19日 (水) 22時17分

こんばんはぁ

LEDではPostagon Ostar
フィラメントでは SUREFIRE M6ってとこでしょうか。。。

Postagon Ostar E2Bは
ダークスポットが無いように思えるのですが、
確かレンズ付きでしたよね!?
やっぱりある程度の集光調整か何か
秘策があるのなら教えて下さいませm(_ _)m

投稿: unkochan | 2007年9月19日 (水) 23時52分

Ostarはレンズ付きのヤツです。
壁面30cmくらいから中心に十字の模様が現れます。
それ以上離せば良~く見ると僅かにモヤッと模様が見えるかなという程度です。
元のリフがLED用ですので、ダークスポットが出ないところまで合わせただけで
特にこれといったことはしていません。

投稿: カトキチ | 2007年9月20日 (木) 00時03分

> 元のリフがLED用ですので、

この辺がキモのような気が。レンズ付きのOstarはフィラメント系の浅い
リフレクタと相性がよろしくないのでしょう。

相性以前に開口部が大きくなりすぎてカッコ悪い、というのはありますが :-p

投稿: belyo | 2007年9月20日 (木) 02時52分

ゆーてもM6+MN21、別格のよーに明るい。
永遠は別格として暗いんですね(^^;シラヌイノヨウダ・・・


Postagon、私が勝手に脳内妄想していたよりも遥かにパターンが良いように見えます。

OSTER使用のライト、私見で4時間。発熱絡みや電源の問題で多少照度を落としても、なんとか4時間保ってくれれば中距離以遠使えるLEDライトになるんだろうなあ、みたいなことを思いましたm(_ _)m

投稿: 川端 | 2007年9月20日 (木) 07時43分

川端さん:
MN21は6CR123を20分で消費するらしく、それも初期と終焉付近でかなり差があるのでしょう。新品電池1発目は最高ですね。(^^)
ミニマグも新品バルブと新品電池で最スポット付近ですが、もはや如何ともしがたい。
Ostarは色合いがいい感じです。wingさんはKL1に入れてるくらいですから、出力を落してランタイム方向へ振ることもできそうですね。

投稿: カトキチ | 2007年9月20日 (木) 14時56分

定格~で駆動したOSTARは、光色も演色性もいいですね!
ウチの1セル250mA駆動ではやはり黄色っぽいです。
今、巡業に出ていますが、3w程度の出力でもけっこう
使える明るさです。川端さんとこも巡業済み(笑)。

次は2セルで500mA駆動を計画してます。大径深リフで。
大きな筐体だと、ドバッと光が出ても、あんまり面白味を
感じないので、つい一発芸に。。。

永遠のミニマグ・・・出た頃は感動したのですけどね~・・・

投稿: リオ | 2007年9月20日 (木) 18時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/16503544

この記事へのトラックバック一覧です: 照射比較:

« Postagon | トップページ | 掛時計 »