« 掛時計 | トップページ | KL4にOstar »

2007年10月18日 (木)

DUNHILL

 ダンヒルのライターにハマッてます。私の生まれる前から、基本的にずーっと同じ形で作られ続けています。変わらないというのは、恐らく変える必要が無いからだと思われますが、数十年経っても変える必要の無いものを数十年前に既に作っているというのが凄いところだと思います。

Rimg0061 推定年齢35歳前後、いわゆる「ガス漏れジャンク」です。私の生まれる前、ピカピカだった頃は自慢の逸品だったのでしょうか。今では古ぼけたジャンク品として扱われていました。それでも大事に使われていたのでしょう、傷や凹みは殆ど見られません。

Rimg0062 フリントライターですので、どうしてもカスが溜まって汚くなってしまいます。年代モノの割には悪くない状態ですので、やはり大事に使われていたものと思われます。


Rimg0066 ガス漏れをメンテナンスに出すと結構な費用が掛かりますので、自分でやります。それぞれの部品の見た目や動作から構造を推測し、順番に分解していきます。分解した部品はそれぞれの機能を理解し、必要な修理を施します。既に何点か分解修理を行っていますが、修理箇所は殆ど同じです。

Rimg0068 銀メッキの黒ずみはコンパウンドで丁寧に磨き、部品も綺麗にして組み立てます。元々傷や凹みの無いものでしたので、新品のように綺麗になりました。


Rimg0069 復活。(^^)




 本来分解するものではないため、分解方法等はお答えできません。

|

« 掛時計 | トップページ | KL4にOstar »

コメント

素晴らしい!大切に使われていたモノが、時を越えて輝きを取り戻すと言うのは何ともロマンがあります。
やはり、こうしたモノは機械式時計同様にメンテが重要と言う事でもあるのでしょうね。

投稿: monozof | 2007年10月18日 (木) 21時23分

ピカピカに復活したライターを見ながらの一服は100円ライターで。
折角綺麗にしたのがまた汚れちゃう。

なんちゃって。(^^)

投稿: カトキチ | 2007年10月18日 (木) 23時14分

こんにちは~!

やっぱりスゴイですっ!!
カトキチさんがやると「部品1コあまっちゃった!」なんてことは
ないのでしょうね!


>ピカピカに復活したライターを見ながらの一服は100円ライターで。

ぎゃははは~~!!
ウケるんですけど~っ!^^

投稿: chama’ | 2007年10月21日 (日) 13時53分

「ちゃんと造られたモノ」を分解整備する、という作業
って、物凄く楽しいですよね! 
私は構造の極簡単なZippoばかり使っているので、
こういうのを見せられてしまうと、つい食指が動きそうです(滝汗)。
といいつつも、愛用のZippoは新品時から27年くらい使って
いるので、退役させられませんが・・・ガタガタなんですよね。

・・・ちょっとオクとか覗いてみよう(汗)。。。

投稿: リオ | 2007年10月21日 (日) 15時49分

chama'さん:
部品が余るということはありませんが、無くして
足りなくなるという状況は稀に発生します。^^;
そういう時は、作る。(^^)

リオさん:
直すつもりのジャンクが本物のジャンクの場合
かなりブルーになりますね。
その辺の見極めが成功した時はお宝ゲット、
ミスった時はゴミを買っちゃったみたいな。^^;

投稿: カトキチ | 2007年10月21日 (日) 17時05分

すごいです!
僕も汚いのを持っているのですが
蓋の中を綺麗にするにはどうしたらいいでしょうか!?

コンパウンド買ってきました!
歯ブラシ???

ご教授ねがいますううううううう

投稿: __ | 2012年9月 4日 (火) 06時35分

基本的に歯ブラシで良いと思います。
爪楊枝の先を削いだものなども隅を突付くのに有効です。
真鍮にメッキしてあるパーツが多いので、金属の針等は避けた方がよろしそうです。

投稿: カトキチ | 2012年9月 4日 (火) 11時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/16797962

この記事へのトラックバック一覧です: DUNHILL:

« 掛時計 | トップページ | KL4にOstar »