« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月18日 (木)

DUNHILL

 ダンヒルのライターにハマッてます。私の生まれる前から、基本的にずーっと同じ形で作られ続けています。変わらないというのは、恐らく変える必要が無いからだと思われますが、数十年経っても変える必要の無いものを数十年前に既に作っているというのが凄いところだと思います。

Rimg0061 推定年齢35歳前後、いわゆる「ガス漏れジャンク」です。私の生まれる前、ピカピカだった頃は自慢の逸品だったのでしょうか。今では古ぼけたジャンク品として扱われていました。それでも大事に使われていたのでしょう、傷や凹みは殆ど見られません。

Rimg0062 フリントライターですので、どうしてもカスが溜まって汚くなってしまいます。年代モノの割には悪くない状態ですので、やはり大事に使われていたものと思われます。


Rimg0066 ガス漏れをメンテナンスに出すと結構な費用が掛かりますので、自分でやります。それぞれの部品の見た目や動作から構造を推測し、順番に分解していきます。分解した部品はそれぞれの機能を理解し、必要な修理を施します。既に何点か分解修理を行っていますが、修理箇所は殆ど同じです。

Rimg0068 銀メッキの黒ずみはコンパウンドで丁寧に磨き、部品も綺麗にして組み立てます。元々傷や凹みの無いものでしたので、新品のように綺麗になりました。


Rimg0069 復活。(^^)




 本来分解するものではないため、分解方法等はお答えできません。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »