« 500GS-K1 | トップページ | TANITAのライター »

2007年11月15日 (木)

ベレッタ1934

Rimg0127 何年ぶりになるでしょうか、オモチャの鉄砲を買ってしまいました。大好きな1934がちゃんとしたヘビーウエイトで出てたんですね。全然知らんかった。
 ABSのテカテカした安っちいヤツと違って、金属風味の強い樹脂でなかなかよろしい感じです。
 木グリ付けたいぞ。

|

« 500GS-K1 | トップページ | TANITAのライター »

コメント

おおおぉぉぉ

ベレッタですか~
私にとっては懐かしいですね。。。
とは言え私が射撃したのは映画などで有名な
ベレッタM92Fですけどね

大昔、○○島(海外)で
本物の実銃(M92F)で射撃しましたが
トリガーがめちゃくちゃ軽く
その上、撃った後の反動も少なくいので
とっても扱い易い銃だなって。。。。

いつかまた、撃ちたいッス


投稿: unkochan | 2007年11月15日 (木) 21時53分

あら、これは良い感じですね。

私もかなり昔のタナカ(たぶん)のガスブローバックを持っていますが、ちょっとちゃっちいです (^^;

これは長いこと007ジェームスボンドが使っていたモノだと思っていたのですが、ググッてみると34ではなく25だったようですね。

投稿: イルミナム | 2007年11月15日 (木) 23時23分

unkochanさん:
92FはちゃんとしたHWがいっぱい出てたので、「模型」の中では一番好きでした。
1934のちゃんとしたヤツを見ていると、やはりこっちの方が好みです。(^^)

イルミナムさん:
PPKを持つようになる前に、ほんのチョビッと持ってたような持ってないような記述は見かけました。
ボンドさんは何使ってもカッコ良くなるようにできてるので、PPKでも1934でもいいのだと思います。

投稿: カトキチ | 2007年11月15日 (木) 23時39分

ウヮー、カトキチさんが鉄砲好きとは知りませんでした。
私もズーッと昔の金属のベレッタが押し入れに眠っています。
007もPPKの前はベレッタでしたね。
サイレンサーがベルトに引っかかり重症を負いました。
Mからの命令でPPKへ変更したのです。

投稿: チャーリー | 2007年11月15日 (木) 23時53分

チャーリーさん:
性能を持った精密機械ですからね、好きですよ。(^^)
カッチリした雰囲気を楽しみたいので、ヒケのあるABSはイヤンです。
できれば組み立てモデルガンがあればそっちの方がいいですね。

>Mからの命令でPPKへ変更したのです。
Mめ。政治の香りがするぞ。:-p

投稿: カトキチ | 2007年11月16日 (金) 00時06分

1934は、92Fみたいな間延び感がなくて、かわいくて
いいですね。ウチにもボロボロですがCMCのがあった
気がします。
HWっていうことは・・・全研磨してブルーイングで
しょうか(黒笑)。1934にはやっぱりマットフェイス
は似合わないですよね(黒笑)。
艶のあるブルーイング+木グリなんて、くぅぅ~!!

投稿: リオ | 2007年11月16日 (金) 00時42分

リオさん:
WAは相変わらずダイキャスト部品が多いですね。
少し軽くなっていいから変質しない素材を使ってほしいもんです。

>全研磨してブルーイングでしょうか(黒笑)。
いや、真鍮コンバージョンに黒クロムメッキです(んなわけない)。

投稿: カトキチ | 2007年11月16日 (金) 01時33分

> いや、真鍮コンバージョンに黒クロムメッキです(んなわけない)。

はっっ! まさかブロックから全削り出しでっっ!(爆)

WA、金属の使い方・加工とか、ほんとになんとかして
欲しいです。昔々のシーキャンプ・コマンダーなんて、
一体何丁、マガジンのガス漏れ修理したことか・・・
鋳物に切削加工とか、それを円でないOリングだけで
ガスシールするとか・・・(笑)

投稿: リオ | 2007年11月16日 (金) 10時27分

1934イイですね!CAROM SHOTのブルーイングバージョンはなかなか雰囲気出ていますよ。角があまり落ちずにヌルっとした感じが(ヒケもありますが)、この時代の表面処理を再現しているような・・。P08なんかも精密機械感ありますよね。

投稿: Ish | 2007年11月16日 (金) 11時34分

リオさん:
真鍮パーツ詰め合わせが出てるみたいです。高すぎて買う気しませんが・・・

lshさん:
P08は持ち上がるところがバキッと逝って壊したことがあるのでイヤンです。:-p

投稿: カトキチ | 2007年11月16日 (金) 16時57分

1934ですか・・・渋い所ですね
昔、WAのモデルガンは持ってました。
お仕事用なので当時は真鍮削りだしのチョークバレル!!
流石にヤバクなったのでバレルだけ捨てました(笑
暫く家に有ったのですがバレルの無い1934?意味ね~
という事で本体も捨てちゃいました。
ちなみに、BB弾が出るより、マズルフラッシュがでる方が好きです!

投稿: 森のプ~さん | 2007年11月16日 (金) 20時01分

こんばんは。1934、イイですよね。
MGCの1934持ってました。白塗り前の、ダイキャストの「モデルガン」です。
カートリッジに火薬を詰めて、バン!と鳴らすとえらい近所迷惑でした。
トシがばれますね。

投稿: TOMO | 2007年11月16日 (金) 22時43分

プ~さん:
その時は不要で捨てちゃって、後になって取っておけば良かったと思うものって結構ありますね。
でも不要品は処分しないとどうしようもなくなるし・・・

TOMOさん:
正確なおトシは存じませんが、おそらくTOMOさんが青年であった頃の「ちょっといいモノ」に興味があります。
高度成長期! MADE IN JAPAN!
そんなトシじゃないですか?こりゃ失礼しました。:-p

投稿: カトキチ | 2007年11月17日 (土) 00時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/17080992

この記事へのトラックバック一覧です: ベレッタ1934:

« 500GS-K1 | トップページ | TANITAのライター »