« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »

2008年4月28日 (月)

周波数測定

Vifa2 エンクロージャーにスピーカーを取り付けて20~20kHzを段階的に再生してみたところ、1.25kだけ異常にうるさく感じました。自分の耳がそう感じるのか、実際にピークがあるのか測ってみようと、ヤマダ電機で¥980の安っちいマイクを買ってきました。
 適当にセットして測ってみると、見事なまでのピークが計測されました。

Parc スピーカーはハンダ付けしてあるため、とっかえひっかえするのも面倒で、片chだけParcのウッドコーンにして片ch単独で測ってみました。こちらは同じ周波数に飛び抜けたピークは無いようです。

Vifa Parcを外し同じく片ch単独でVifaを測ると、やはりピコンと飛び出てます。

 まだエージングが進んでいないこともありそうなので、暫くこのまま鳴らし続けてみようと思います。まろやかにならないようだったら仕方なく吸音材で調節してみます。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年4月27日 (日)

エンクロージャー作り直し

Rimg0106 MDFで組んで塗装で仕上げたエンクロージャーですが、どうにも色気が無いので作り直すことにしました。かれこれ1ヶ月近くかかってやっと完成しました。
 今回使用したのはブラックウォルナットの無垢一枚板20mm厚です。仕上げはナチュラル色のオイルで綺麗な木目が出ました。

Rimg0087 カット面を全てフライスで仕上げ、組み立てには「さね」加工を施し接着強度と密閉度を上げています。画像はオスのさね加工をしているところです。


Rimg0098 こちらはバッフル面にメスの加工をしたところです。ボンドを塗ってオスを押し込みクランプで固めて組み立てました。



Rimg0104 組み立て後はトリマーでカドとポート口をR加工し、後は木口までツルツルになるように、ひたすらオイル塗布→ウエットサンディング→拭き取り乾燥を繰り返して仕上げました。


 材料は心材と辺材の境で切り出されたものが多かったため、板によって色合いが濃かったり薄かったりバラつきが大きいですが、仕上げてみればそれも味わいだと思えるようになりました。^^;

 というわけで、今回は大変上手にできました。(^^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2008年4月15日 (火)

スピーカーで遊ぶ

Rimg0096 アンプを設置してから暫く経ち、大分落ち着いてきたようです。ウッドコーンには特に不満も無く良い感じですが、何となく違うヤツも試してみたいということで、またもや見た目のみでデンマーク製Vifaを1セット購入してみました。
 今回はファイバー系のコーンで、中心にポコッと丸い部分がある、一番好きなタイプの見た目です。これでコーンが黄色だと更に幸せですが、残念ながら黄色は無いみたい。フレームは歪んだ樹脂製でいささかチープな感じが漂っています。
 穴位置が合わないため1箇所のみで適当に取り付け、音を出してみました。やはりウッドコーンとは全然違い、明るくクリアな感じになりました。が、全くと言っていいほど低音が出ません・・・。120Hz以下は全然ダメっぽいです。
 現在、MDFで適当に作った箱がよろしくないので作り直しているところですが、容量は同じにしたため箱による変化は望めません。バッフルに穴をあける前にどっちを使うか決めなきゃならんのですが、PARCの低音と柔らかい音、Vifaの華やかな中高音、どっちもよろしい感じで迷います。^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年4月13日 (日)

訪問者

Rimg0086 工場の入り口ドアの辺りでゴソゴソ音がしたので開けてみたところ、スルッとトカゲらしきものが入ってきました。捕まえようとしたらスルスルッと材料箱の陰に逃げてしまいました。
 暫くして出てきたところを、そっとカメラを用意して撮ってみました。その後はもちろん、スルスルッと陰に逃げられました。
 ネットリ濡れてないトカゲやヤモリの小さいヤツは別に嫌いではないので居付いても構わないのですが、キリコで怪我したりトランスに入って感電しないか心配です。願わくば早く出て行ってほしいところです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2008年3月 | トップページ | 2008年5月 »