« Quark mini 123 | トップページ | 新しいテスター »

2010年1月21日 (木)

習作

Rimg0080 ちょいとくだらないことを思いつき、木材加工の可能性を探ってみました。1kg¥100という格安の黒檀端材を購入し、削ってみることにします。黒檀は木材の中で最も硬い部類に入り、加工は困難ということですが、ステンやチタンを相手にするよりは100倍楽でしょう。
 早速ジョリジョリ削ってみましたが、かなり正確に削ることができます。0.02くらいの切り込みにもしっかり反応が見られます。金属用の旋盤で加工する分には、アルミより楽で、ジュラコンより気を遣うといった感じです。エッジ部分の欠損等に注意すればわりと快適に削ることができます。

Rimg0070 適当な材をつまみ出し、適当に削り始めちゃったのでバランスが悪いです。削りっぱなしでもそこそこ綺麗な肌に仕上がりますので、仕上げはオイルを塗布して#1500程度で軽く擦ってみました。気合を入れて仕上げれば、塗装しなくても光りそうです。

Rimg0077 というわけで、楊枝入れでした。(^^)




Rimg0084 追記
 少し細かく磨いてみたところ、中途半端に艶が出て安っぽくなりました。鏡面風味にするためには、材の選別あるいは塗装が必要かもしれません。

|

« Quark mini 123 | トップページ | 新しいテスター »

コメント

おおっ!
これは、あの幻のこけしライトも作れるんじゃないですか?

投稿: cinq | 2010年1月21日 (木) 21時42分

cinqさん:

金属とハイブリッド構造にして雷神50mAくらいなら熱的にも
行けるんじゃないかと思ってるんですけどね。
こけし・・・ヘッド部分の球形切削が課題だなぁ・・・

投稿: カトキチ | 2010年1月21日 (木) 22時18分

カトキチさん次回の壱式はいつ登場ですか?
もう2年も待ってるんでけどね
予定はあるのですか?

投稿: windely | 2010年1月22日 (金) 21時39分

バードコール? と思ったら爪楊枝入れでしたか。
材質を選べばねじもいけるようですし、SURE G2
のウッドボディ版みたいのとか。。。

投稿: リオ | 2010年1月22日 (金) 21時53分

スーパー壱式 Ti Evo.2 をぜひ作っていただきたいです。
大変だとは思いますが、、、

投稿: HDR3000 | 2010年1月22日 (金) 22時00分

スーパー壱式 黒檀 Evo.2→壱式に装着できる外装→壱式用ホルダー
と連想してしまった

投稿: TAW | 2010年1月23日 (土) 12時14分

windelyさん:

部品手配などの問題でいつになるかは分かりませんが、
今年は作ろうと思っています。

リオさん:

ねじ切りも視野に入れて黒檀にしましたが、何とかなりそうかも。
近いうちに試してみようと思ってます。
作るとしてもアクセサリーサイズですが・・・

HDR3000さん:

気力が漲ってきたらチャレンジします。(^^)

TAWさん:

木材だと、細かい段差やローレットが無理っぽいので、
シンプルな円筒形になると思います。

投稿: カトキチ | 2010年1月23日 (土) 20時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/47353988

この記事へのトラックバック一覧です: 習作:

« Quark mini 123 | トップページ | 新しいテスター »