« iTPをぶっ壊してみた | トップページ | ワーゲンオフローダー »

2010年2月22日 (月)

iTPを再生してみた

 先日中身をほじくり出したiTPの中身を作り直しました。

Rimg0153 LEDはXP-GだとQminiと同じになってしまうため、XP-Eの電球色にしました。元はLEDに被さった黒い樹脂パーツをリフレクタが押さえ付け、その力でLEDのベース基板をヒートシンクに押し付けるようになっていましたが、樹脂パーツは既にゴミになってしまったため、ヒートシンクに縁を作ってリフレクタに当たるようにしています。

Rimg0156 コンバータは星のマークでお馴染みの田宮模型kaiコンバータを使ってみました。題名は「0.9-4.2v 1000mA」となっていますが、新品のCR123を使っても低電圧警告モードになってしまい、まともに動きません。0.9vあれば低電圧警告の動作はするということでしょうか。
 良く分からない時には先人の知恵を借りるのが最善ということで、同コンバータをDOPに入れたcinqさんにアドバイスを求めました。「こまけぇこたぁいいんだよ多分仕様です。」ということで、やはりCR123ではまともに動かないようです。Li-ionは1個も持っていないのですが、近頃はLi-ionを使える(と言うか、使うことが前提のような)品物が多いこともあり、RCR123を購入してみました。早速入れてみたところ、ちゃんと動くようになりました。
 cinqさん、アドバイス有難うございました。(^^)

Rimg0161 というわけで、また使えるように復活したわけですが、CR123が使えないんじゃ面白くないので、いくつか注文してある安物中華コンバータが到着したらまたいじってみようと思います。

|

« iTPをぶっ壊してみた | トップページ | ワーゲンオフローダー »

コメント

星のマークのコンバータどうですか?
LowとMidの差が少ないという話ですが、ジャンパでグループを設定できるということで気になってます。

投稿: ノブ子 | 2010年2月22日 (月) 21時13分

ノブ子さん:
積極的に使う気にはならないという感じでしょうか。
LowとMidは目視では殆ど差が無いように感じます。
ストロボ等は使わないので、1個目の星をGNDにつないで
LowとHighの2モードにしました。

投稿: カトキチ | 2010年2月22日 (月) 21時30分

>カトキチさん
あまり変わらないなら2モードの方がいいですね^^
Quark Miniのようなメリハリの利いた3モードが理想なんですが売ってないんですよね。
そのうちコンバータも自分で作れるようになりたいです。
ありがとうございました。

投稿: ノブ子 | 2010年2月23日 (火) 09時35分

さすがカトキチさん、サクサクっと作った感じなのにこの完成度(*^-^)

この☆コンはLi-ionじゃないと、ホント使い辛いですよね・・・
うちのはLi-ion専用機になってます。

投稿: cinq | 2010年2月23日 (火) 20時26分

この手の作業は得意なんですよ。(^^)
Li-ion始め、充電池は好きじゃなかったのですが、実際使ってみると悪くない感じです。
今はいい感じですが、充電しなきゃならなくなった時に、やっぱり煩わしいと感じちゃうんだろうなぁ。

投稿: カトキチ | 2010年2月24日 (水) 01時46分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/47635467

この記事へのトラックバック一覧です: iTPを再生してみた:

« iTPをぶっ壊してみた | トップページ | ワーゲンオフローダー »