« iTPと木 | トップページ | iTPを再生してみた »

2010年2月19日 (金)

iTPをぶっ壊してみた

 先日購入したiTPのA1ですが、XP-G R5を積んだQminiと比べると面白くないため、とりあえずぶっ壊してみました。普通の分解はちょいと難しそうな感じです。

Rimg0133 ヒートシンクに乗ったXP-Eとコンバータが出てきました。コンバータの裏側はバーナー噴射によって焦げてますので見せません。^^;



Rimg0135 ヒートシンクは尋常でない量の接着剤で、かなり強固に固定されていました。多分Qminiも同じだと思いますので、再生のプランが無い場合は分解しない方がよろしそうな感じです。


Rimg0138 リフレクタとレンズが出てきました。レンズ径は18mm、厚さは2mmとなかなか立派なものが入ってました。



Rimg0150 エミッタ周囲の黒い樹脂を取り除く際にドームがもげました。エミッタはちっこい基板に乗っかっています。



 それでは、また後日。

|

« iTPと木 | トップページ | iTPを再生してみた »

コメント

おおっ!
これ分解出来たんですか!
ってファイヤーでしたかw
しかし、なんでまたこんなに接着剤カチ盛りするんでしょうか・・・・

投稿: cinq | 2010年2月20日 (土) 22時59分

アルミが薄いため、外からバーナーだとアルミが変質しちゃいそうだったので、コンバータに犠牲になってもらいました。
XP-Eの電球色と☆コンを入れてみます。

投稿: カトキチ | 2010年2月21日 (日) 00時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/47608939

この記事へのトラックバック一覧です: iTPをぶっ壊してみた:

« iTPと木 | トップページ | iTPを再生してみた »