« ミニマグ探し | トップページ | アルマイトをやってみた »

2010年4月 5日 (月)

ミニマグその後

 ちょっとだいぶ間が空いてしまいましたが、先日購入してきた赤いミニマグのその後です。
 今回の目的は、「ヘッドにLEDモジュールを装着すること」と「テールスイッチにすること」の二つです。

Rimg0205 とりあえず厄介そうな方からという事で、テールスイッチを装着する方法を探りました。まずは後先考えずに内ネジ加工されている範囲をぶった切り、外ネジを切ってみました。内側に入れるより、外側に被せる方がスイッチ側の内径を確保できるためです。ネジを切った後、そのままでは加工した部分のアルミ地が見えてしまうため、アルマイト加工で仕上げています。アルマイト加工の後、スイッチ部分に接触する端面を削って、作業が終了したところです。

Rimg0206 スイッチを入れるテールキャップを新たに製作しました。一応ランヤードのようなものを取り付けられるように穴をあけておきました。出来上がったところで、加工したボディと一緒にアルマイト加工しています。

Rimg0209 そこらの中華スイッチは大きすぎて入らないため、ARC maniaさんに分けてもらった小型超低抵抗スイッチを仕込んであります。



Rimg0210 ボディにテールキャップを取り付けたところです。何とかテールスイッチという目的を達成することができました。



Rimg0211 続いて、ヘッドにモジュールを入れるための加工を始めます。まずはヘッドの先端、モジュールを受ける部分を済ませました。



Rimg0213 ヘッド内部もモジュールを入れるために都合の良い状態に加工しています。



Rimg0217 加工したヘッドにピッタリ収まるようにモジュールを製作しました。とりあえず普通のコンバータを入れましたが、この後コンバータは調光タイプに変更しています。
 モジュールのベースを製作する際、一番径の小さい部分(ボディに入る部分)はボディの加工部分に圧入されるようにしてあります。ミニマグのヘッドは4条ネジになっているためリードが大きい上、元々ガバガバ気味のネジということもあって緩みやすように感じます。緩んでしまうとGND回路が不安定になってしまうので、圧入によって緩みを防ぎ、更にGND接触の強化を目的としています。ボディへの挿入は硬めになりますが、ヘッドとボディのネジによって案内されるため、しっかり圧入することができます。

Rimg0220 ヘッド内にモジュール、リフレクタ、ARレンズを装着して、ヘッド完成です。



Rimg0222 完成したヘッドにボディをギュッとねじ込んで最終的な形になりました。ミニマグの雰囲気を壊さずに、現在レベルの中身の詰め込みに成功し・・・てるよね?(^^)

|

« ミニマグ探し | トップページ | アルマイトをやってみた »

コメント

完成おめでとうございます(^^)


かつてミニマグがウリにしていたのは、

① 頑丈。
② ある程度防水。
③ 真空フィラメントより明るい。
④ 予備電球が入っている。
⑤ 焦点調節が出来る。
⑥ そのままでもテールで立ち、ヘッドを外してテールを差し込むとキャンドルモードが使える。

こんなカンジだったような気がします。

①、②はあまり変わっていないとして、
③~⑤は明るいエミッターのLEDに変えた瞬間解決と言うか、恐らく不要の性能となり、
⑥については、ランヤードを通すとまっすぐ立たないのでは?ってーのがツっ込みどころなのかも知れませんが、キャンドルモードはホヤ(よくやるのは乳白色のフィルムケース)をオプション装備すれば解決かと。

概観の雰囲気が写真だとランヤードホールのつけ方に因するのか少しテールが寂しいように見えますけれど、それでも大きく雰囲気は損なわれておらず、そもそもその為の改造だとはいうものの、機能的にはまったく別のライトに昇華されているように思いましたm(_ _)m


しかし、、、

恐らく購入後20日足らずで設計から調達から加工・組み立て。更に記事まで。

んでこの完成度ですものね。相変わらずというか、凄いと思います(^^;

投稿: 川端 | 2010年4月 5日 (月) 08時36分

川端さん:
>少しテールが寂しい
鋭い。
実際、元のテールキャップ分くらい短くなっています。
デザイン的な寂しさでしたら、スイッチを入れる都合で元のような形にはできないし、太くするのも雰囲気じゃないし、難しいところです。

投稿: カトキチ | 2010年4月 5日 (月) 11時03分

ミニマグのテールスイッチと言えばKrollという常識を覆す作品ですね。
しかも、サクっと作ったように書かれてますが、普通の市販品レベル以上に仕上がってところが流石です(゚▽゚*)
アルマイトも綺麗に仕上がってますね。
どこかの業者に頼んだのでしょうか?
あるいはアルマイトキットとか?

投稿: cinq | 2010年4月 5日 (月) 20時32分

cinqさん:
アルマイトは業者さんに頼んでます。
自分でできるセットもありますが、多分綺麗な仕上がりにはならないと思います。
以前、導入しようか悩みましたがやめました。

投稿: カトキチ | 2010年4月 6日 (火) 20時38分

おおう、あいかわらず見事な工作ですね。
次期ミニマグはこういう形であってもいいんじゃないか、みたいな感じです。
モジュールとボディはヘッドの締め込みによって圧入、とのことですが、そういう微妙なサイズの加工っていうのは難しくないのですか?

投稿: RUU | 2010年4月10日 (土) 10時30分

RUUさん:
圧入はそれほど難しくないですね。無理やり突っ込めばいいだけですし。:-p
スコッと入るのも小さい分には問題無いですし、一番難しいのはムニュッと入って固定され、外そうと思えば無理無く外せるといった嵌め合いですね。
スコッから圧入までの範囲は0.05mmくらいです。(^^)

投稿: カトキチ | 2010年4月11日 (日) 00時36分

ランヤードの孔は二つ空けとけばまっすぐ立つようになるのでは?

投稿: TAW | 2010年4月11日 (日) 22時29分

TAWさん:
立てることは目的にしてないんですね。
立つようとするとスイッチのブーツをもっと奥にしないといけないし、
そうすると押しづらくなっちゃうんですよ。

投稿: カトキチ | 2010年4月11日 (日) 23時10分

ホ、ホスィ・・・
「壱式」ならぬ「MAG式」で発売してくれると嬉しいです(^.^)

投稿: 被弾氏 | 2010年4月17日 (土) 20時31分

被弾氏さん:
コメント有難うございます。
ミニマグベースの限界近くまでやってみました。(^^)
が、手間と費用が掛かりすぎます・・・^^;

投稿: カトキチ | 2010年4月17日 (土) 22時56分

う~ん・・・
素直にワタシも「欲しい」(笑&マヂ
いえいえ、「無理」は言いませんから(黒笑

投稿: 斬奸 | 2010年4月19日 (月) 10時42分

斬奸さん:
製作したものを「欲しい」と言って頂けると嬉しいですね。(^^)
次に何かやる時の励みになります。
「いらね」と言われたら拗ねます。

投稿: カトキチ | 2010年4月21日 (水) 00時01分

外ネジと聞いて、最初の画像を見て、スイッチ部はボディーチューブより太くなるんだろうなーって見ていくと、なんと面一!
ミニマグの美しさを全く乱していないですね。
すごいです。
もちろん「欲しい」です。

投稿: ノブ子 | 2010年5月10日 (月) 22時32分

ノブ子さん:
元の内ネジ部分を切り飛ばしたので、外ネジを切っても
外径は大きくしないで済んでいます。

久々に大風邪引いて寝込んでいたためコメントできず失礼しました。

投稿: カトキチ | 2010年5月14日 (金) 18時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/48000433

この記事へのトラックバック一覧です: ミニマグその後:

« ミニマグ探し | トップページ | アルマイトをやってみた »