« 染色テスト | トップページ | Qmini CR2 »

2010年7月 8日 (木)

アルマイトその後

8colors 失敗とテストを繰り返し、何とかなってきた感のあるアルマイト、どーのこーの苦労話をしても面白くないので、結果だけポンとお見せします。染料はダイロンマルチを使い、番号と色名を添えておきます。いずれも元のHA皮膜を剥離した後、新たに皮膜を生成し染色したものです。

Red_2色名:レッド
使用染料:#9 Pagoda Red
#32 Scarlet
#39 Tangerine
 #9 Pagoda Redはかなり濃い赤で、やや黒ずんだような色味になりました。これは好みでないのでやや明るい#32 Scarletをベースに、#39 Tangerineを混ぜ朱色っぽくしてから#9 Pagoda Redの追加で赤味を調節しています。なかなか鮮やかな赤になって気に入ってます。

Orange_2色名:オレンジ
使用染料:#39 Tangerine
 #39 Tangerineの単独使用で綺麗なオレンジになります。


Gold_2色名:ゴールド
使用染料:#2 Golden Glow
 #2 Golden Glowを単独で使いますが、水に溶かして攪拌して使うとゴールドより黄色に近い色になりました。水に溶いた染料を放置しておくと上澄みと沈殿物に分離しますので、上澄みだけ使うとゴールドに近い色になるようです。

Lightblue_2色名:ライトブルー
使用染料:#33 King Fisher
 #33 King Fisherを単独で使っています。タミヤの青パーツと近似した色合いで便利に使えます。また、他の色と混ぜて使うのにも向いているように感じます。

Green_2色名:グリーン
使用染料:#25 Emerald
 #25 Emeraldの単独使用です。かなり明るめの緑で綺麗です。アルマイトの濃い緑は好きじゃないですが、この緑は綺麗で気に入ってます。

Purple_2色名:パープル
使用染料:#15 Windsor Purple
 #15 Windsor Purpleの単独使用でやや明るめの綺麗な紫になりました。赤と青を混ぜて紫にすると汚い紫になりましたのでお勧めしません。

Blue色名:ブルー
使用染料:#17 Navy
#33 King Fisher
 普通の青を出したくて、何となく#17 Navyを使ってみましたが、単独だと赤味が強すぎて青と言うより紫でした。#33 King Fisherを足して青味を強くしましたが、あまり綺麗な青にはなりません。また、このサンプルは浸漬中にボケッとしていたら濃くなりすぎたようです。青は#19 Deep Blueが良いかもしれませんので、今度試してみます。

Turquoise色名:ターコイズ
使用染料:#25 Emerald
#33 King Fisher
#17 Navy
 ライトブルーとグリーンを合わせたようなターコイズ色を目指し、#25 Emeraldと#33 King Fisherを混ぜて液を見たところ、どうも緑が強い感じがしたので、「ブルー」で調色したものを足してみたのですが、どうやらこれがマズかった。また、浸漬中にボケッとしていたら濃くなりすぎました。濃い青系はボケッとしてるとすぐ濃くなるので注意が必要です。

 先日予告していた黒とピンクは割愛しています。黒はただ黒くするだけ、別のパーツで成功しています。ピンクはピンクになりそうな#12 Rose of Parisと、濃いピンクになりそうな#44 Ceriseを試しましたが、#12は薄すぎてイマイチ、#44はピンクと言うより中途半端な赤になりました。ダイロンでは綺麗なピンクは難しそうです。

                       7/9追記

Rimg0047 内部のアロジン膜を保護するためのマスキング機能と電解のための接点機能を持たせた保持具を製作して作業しました。ヘッド側はOリング、ボディ側はシールテープで浸水を防いでいます。画像は作業後のもので染色されていますが、そのまま新しいパーツを装着してアルムーバに突っ込みます。着色された部分は剥離溶解によって毎回小さくなって行きますが、かなりの回数再利用が可能なはずです。

Rimg0049 装着するとこんな感じ。

|

« 染色テスト | トップページ | Qmini CR2 »

コメント

いよいよライトで・・って、一気に棘壱で8色とはっ!
これぞまさしくオーバーザーレインボウ!

おおぅネイビーやターコイズなんかも渋くて良いけど、ビビッドなオレンジやグリーンも可愛い感じで新鮮ですね。

あ、これ内部マスキングされてるっぽいのはどうやったのでしょう?

投稿: monozof | 2010年7月 9日 (金) 11時17分

monozofさん:
マスキングは保持具を作って接点と兼ねてます。
追加で画像を挙げときました。(^^)

投稿: カトキチ | 2010年7月 9日 (金) 18時17分

うわぁ!
スゲェ綺麗ですね~

アルマイト掛ける時の導通を取るのは大変って聞いたんですが、なるほど、こういう保持具を作ったんですか。
自分でやる事があるかわかりませんが、もし実践することになったら参考にさせて頂きます。

投稿: cinq | 2010年7月10日 (土) 00時31分

cinqさん:
1枚目の並べた画像、良く分からないけど何だか綺麗に撮れてしまいました。(^^)
カメラの設定を色々やってみても、特にパープルなんかは見た目の色と違う感じです。
全体的に同じ方向でズレてると思いますので、雰囲気だけでも伝われば良いかなと。
上手にできると結構幸せになれますよ。(^^)

投稿: カトキチ | 2010年7月10日 (土) 03時18分

ごぶさたしています。

アルマイト綺麗ですね。レインボーカラーになりますね。オレンジがとてもオシャレ・・・と思いました (^^)

投稿: イルミナム | 2010年7月10日 (土) 18時26分

キレイですね~(*^^*)

グリーンも明るくて大成功ですね(^ ^♪

投稿: nob | 2010年7月10日 (土) 22時10分

イルミナムさん、nobさん:
そう、結構綺麗なんですよ。カラーにする場合、やはり明るめの色の方が綺麗に見えますね。(^^)
どちらかというと膜厚を稼いで強度確保の方向で電解しているため、
膜厚を測ってみたら40μ~50μ程度の厚さになってました。
厚さだけならHAと同じくらいまで厚くできるようです。

投稿: カトキチ | 2010年7月11日 (日) 00時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/48830363

この記事へのトラックバック一覧です: アルマイトその後:

« 染色テスト | トップページ | Qmini CR2 »