« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »

2010年10月29日 (金)

ちたん



 千里の道も一歩から。そして一歩目から煙モウモウ・・・
 64チタンの30mm丸棒を切り込み0.5mm程度で削っているだけですが、刃が当たった瞬間から油が燃えて煙になります。アルミなら数倍の切り込みでドンドン行けちゃいますが、やはりチタンはヒジョーに大変です。無理してミスるともっと大変なので、やめなければいつかは終わるという感じで、少しずつ進めていくしかないのであります。

Rimg00101 やめなかったので終わりました。(^^)
 ツールマークの除去と滑り止めを兼ねて、とりあえず1セットをブラスト処理してみようと思っています。


Rimg00111 ナーリングに分割ロータリー加工、チタン相手に頑張りました。旋盤もフライスも、刃物は全部超硬です。



Rimg00121 中華製のチタンはネジの感触がザラザラしているのが多いですが、原因が素材なのか加工なのか良く分かりません。64チタンに丁寧にネジ加工したらスルスル気持ち良く噛み合いました。


Rimg00151 アルミの試作版には中身を入れて、点灯できる状態までこぎつけました。新しいリフレクタを使ってみましたが、どうやらあまり相性がよろしくない感じですので、McR20に替えてみる予定です調節したらパターンも綺麗になって具合が良くなりました。操作感は問題無いようです。(^^)

                      11/05追記

Rimg00261 ブラスト処理したものが到着しました。何かスゲーです。色々なライトを見たり触ったりしてきましたが、表現する言葉が見つかりません。


Rimg00311 この仕上げで壱式を作りたくなりました。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年10月17日 (日)

殻作り

Rimg00361 カッコいいスポーツカーはロングノーズ・ショートデッキであることが多いわけですが、同じようにすればカッコ良くなるかもしれない、もといカッコ良くなるに違いないので、構想を立体化してみました。
 鼻先をやや長めにし、出すところは出して、削ぐところは削いで、余分な装飾は無しにシンプルにまとめました。
 中に入れるパーツがまだ揃っていないので完成は先になりますが、殻に合わせて中身を作るのは得意なので大丈夫だと思ってます。

Rimg00391 スイッチはクリッキースイッチを入れる予定です。ラバーキャップを入れてもテールスタンド可能な予定です。



Rimg00401 入れる中身の都合にもよりますが、鼻先を5mmくらい詰めても良さそうな感じです。ロングノーズをテーマに形にすることが目的だったのと、中身が入りきらないのは避けたいので、とりあえず長めの方向で。

Rimg00451 構造はシンプルな3ピースです。
 ヘッド六角部分の外接円直径は25.4mm(1インチ)にしてあります。


Rimg00421 同じような構成のP2Dと比較すると、2mm程度長く、予定全長82~83mmというところです。



                      10/18追記

Rimg00491 削りっぱなしのアルミ表面は非常にデリケートなので、アルマイト皮膜を生成して保護しました。今回は染色はせずに、シンプルにナチュラルな方向で。かなり強力に電解しましたので、なかなか丈夫そうな感じです。膜厚もネジの噛み合いに支障が無いギリギリといったところで落ち着きました。

Rimg00501 雰囲気は似たようなものになりましたが、艶がある分メタリックな感じになっています。



                      10/20追記

Rimg00651 テールスイッチ装着。操作感も問題無いようです。(^^)


| | コメント (10) | トラックバック (0)

2010年10月 4日 (月)

SureFire新型

ダイ周囲に3つの点が見えるのでXP-Eっぽいですね。
6PX・G2Xとも悪くない感じです。早く欲しいぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年9月 | トップページ | 2010年11月 »