« SUREFIRE Z2X | トップページ | 1/12をアップデートしてみる »

2011年6月26日 (日)

電ドラ新調!(^^)

 4~6mm程度のネジを締めたり緩めたりするのに電動ドライバーがあると楽だなぁと思い、どんなもんがあるか探してみました。マキタの電ドラを持っているものの、バッテリーがお亡くなりで、しかも古いためデカくて重い。今ではLi-ionが主流ですし、いくつかの条件で絞ってみました。

 1:パワーは3セル(10.8v)程度で十二分
 2:バッテリー込みで1kg程度の軽いもの
 3:ドリルを使うことも多いため、キーレスチャック装備
 4:締め過ぎ防止&トルク管理のためクラッチ装備

 こんな感じで探してみると、下記の3つが残りました。

 マキタ DF330DWX
 ボッシュ GSR 10.8-2-Li
 日立 DS10DFL

 この辺のヤツであれば、どれを選んでも間違いは無さそうですので、後は触って調べます。いつも行くホムセにたまたま全部置いてあったので、それぞれいじってみましたが、握りやすさではやはり一番細身の日立が良く、マキタとボッシュは3セルをグリップ内に入れるため太く感じます。太いと言っても握り辛いほどではなく、スッキリした形の方がメリットと思えます。クラッチの感じやチャックの精度等、どれも同じようなレベルで、しかも値段もほとんど一緒。

Rimg00311 結論としてボッシュを選びました。見た目が一番好みなのと、一番小さなサイズが決め手となりました。ドイツが本拠地のボッシュ製品は使ったことが無いので、一度使ってみるのもよろしいかと。何回か使っているうちに、グリップの感じも慣れてきました。やはり見た目というのも重要で、カッコいい工具が置いてあると嬉しくなります。(^^)

 そんなわけで新しい電ドラが加わりましたが、歴代の穴あけ工具もなぜか捨てていなかったので記念に残しておこうと思います。

Rimg00251 千枚通しのようなものからドリルに変わって初めて必要になるのがチャックと回転力ですが、このような手動ドリルでも綺麗な穴あけができます。購入したのは中学くらいだったかな。千枚通しをライターで炙ってグリグリやればプラスチック程度なら穴があきますが、アルミやFRPではドリルじゃないと歯が立ちません。この工具で初めて綺麗な穴があけられた記憶が残ってます。

Rimg00261 これが初めて買った電動工具だったと思います。ニッカド4.8vのしょぼいヤツですが、手回しグリグリに比べて飛躍的に楽になりました。チャックが錆び錆びですが、良く見るとユキワ製が付いてます。これは調子に乗ってかなり使った結果、バッテリーがお亡くなりになって天寿を全うしました。

Rimg00271 次に買ったのがマキタです。10年くらい前でしょうか。電池はニッケル水素の9.6vで、メモリー効果と自然放電の影響でしょうか、使いたい時にスイッチを入れてもすぐに萎えてしまい、充電する間待っているのが面白くなかった気がします。自室の引き出しに入っていて、あまり使っていないうちにバッテリーがお亡くなりになった模様。^^;

Rimg00301 充電の待ちが無く、コンセントに挿せばすぐに使える100vドリルです。これは今でもそこそこ出番が回ってきます。クラッチも無くパワーがあるためドライバーとしては使えません。また、当たり前ですがコードが届く範囲でしか使えない上、コード自体が結構太く邪魔なので取り回しに難があります。腰を据えてバコバコ穴をあける場合は快適です。

|

« SUREFIRE Z2X | トップページ | 1/12をアップデートしてみる »

コメント

上から3番目のは私も持ってますが、あまり使わないうちにバッテリーがお亡くなりになりました(T_T)

投稿: 13W | 2011年6月27日 (月) 07時43分

13Wさん:
こういう工具は殻割りすると規格サイズのモーターや電池というのが多いですので、その気になれば自分で直すこともできそうなんですが、そうする前に新しいのにしたくなっちゃうんですよね。

投稿: カトキチ | 2011年6月27日 (月) 14時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/52052066

この記事へのトラックバック一覧です: 電ドラ新調!(^^):

« SUREFIRE Z2X | トップページ | 1/12をアップデートしてみる »