« ZebraLight H31W | トップページ | ZebraLight SC600 »

2011年6月 5日 (日)

電圧警告灯

 ラジコンの受信機用電源に、管理が簡単で軽量なLi-Fe2セルを使うことにしました。電動カーの場合、受信機電源は走行用バッテリーから供給されるため、ノーコンになる前に速度が落ちますし、低電圧カット機能の付いたESCによってバッテリーを壊すことも少ないですが、エンジンカーでは燃料が残っていればノーコンになっても(ヘタすれば全速で)走り続ける可能性があります。送信機側でいくつか安全対策を設定できますが、受信機電源の電圧までは分かりません(分かる機種も一部あります)。そんなわけで、電圧低下によるノーコンと、過放電によるバッテリー故障を回避するべく、電圧警告灯を作ってみました。

Rimg00111 作ると言っても、まずは市販品を試してみました。数百円で買える安物で、4.8vと6vを切り替えられるタイプです。電源電圧が高いうちは右端の緑LEDが点灯し、電圧低下に伴って順番に左側へ移動し、電圧がヤバくなると赤LEDが点灯するというものです。元々6v用なので、6.6vのLi-Feだとイマイチ具合がよろしくありません。ちょうどLi-Feの電圧が加速度的に落ちていくところをモニターする感じになってしまいます。また、やたらと暗い緑LEDで電源を消費するのも勿体無い気がします。



Rimg01521 材料を購入しました。簡単なもので良い(簡単なものしか作れない)ので、トランジスタと抵抗だけです。



Rimg01551 回路はネットで調べたら簡単そうなものが見つかったので、それを参考にしています。RUUさん始め、実験した回路を公開してくれる方には感謝です。電気工作に詳しい方ならごく初歩的な回路だと思われますが、それでも私には難しいです。半固定抵抗で点灯ポイントを変更できるようにしました。とりあえず6vを切って5.9v近辺で点灯するようにしました。

Rimg01561 LEDは5mmの赤を使い、ややMJLED風味にして明るく見える範囲を広くしてみました。不十分なようでしたらFlux系に替えてみようと思います。できあがったので試してみましたが、ちゃんと動くようです。(^^)

|

« ZebraLight H31W | トップページ | ZebraLight SC600 »

コメント

ラジコン用の電圧インジケータなんてあったのですね。
仕組み的には録音機器のバーLED回路と似たようなものでしょうか。
でもDIYで作っちゃうところはやはりカトキチさんだ(^^
高輝度LEDなら昼間の屋外でもわかりやすそうですね。

投稿: RUU | 2011年6月 8日 (水) 00時30分

RUUさん:
基盤にはAZ324Mと書かれたIC?が2個乗ってます。
チップLEDを5mm砲弾型にしてみたら明るくなりましたが、ギッチリ並んじゃって取り付ける所が無さそうです。
安物ゆえ3個買ったのですが、もはや使い道が無さそうなので、よろしければ1個送りますです。(^^)

投稿: カトキチ | 2011年6月 8日 (水) 00時46分

カトキチさん>
AZ324Mで調べてみるとOPアンプ4個入りのパッケージっぽいですね。
コンパレータとして使っているのかな…でもレベルメーターとは違ってLEDが一個づつ点灯しているするから、、んー?どうなっているのやら。
6.6V対応に改造できるかどうか調べてみましょうか。

投稿: RUU | 2011年6月 8日 (水) 21時58分

RUUさん:
多分想像以上にショボイものだと思いますので、1個送っときますね。

>6.6V対応に改造できるかどうか調べてみましょうか。
あっ、大丈夫です。既に使う気を無くしております。(^^)

投稿: カトキチ | 2011年6月 8日 (水) 23時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/51865971

この記事へのトラックバック一覧です: 電圧警告灯:

» 電圧インジケータ(の改造) [RUUの不定期日記]
カトキチさんのブログでラジコン用の電圧警告灯の電圧がLi-Feバッテリーに合わなくて使いにくい、という話が出てまして、どんな品物なのか気になっていたら一個送って頂きました(^... [続きを読む]

受信: 2011年6月10日 (金) 22時36分

« ZebraLight H31W | トップページ | ZebraLight SC600 »