« クイックボール60発見 | トップページ | Z2Xを2モード化してみた »

2011年8月21日 (日)

Surefire Z2Xを開けてみた

 カッコがいい割に面白味の無いZ2Xを開けてみました。従来の6P系ヘッドに比べてレンズ周りの分解がメンドクサくなっていますので、あまりお勧めではありません。

Rimg00041 いつものようにバーナーで熱くしても全く緩む気配が無いため、やりすぎてデロデロになる前に諦め、削り取ることにしました。黒いベゼルリング部分のみ削っていたところ、途中からレンズ部分の透明樹脂が出てきました。ベゼルリングとレンズは一体化しているようです。少し様子が分かったので更に削り進みました。

Bezellens ベゼルとレンズはこんな感じになっているようです。レンズは丸い板ではなく、ヘッドにねじ込む部分も一体で成型され、その上にベゼルリングが一体となって嵌っている状態です。ベゼルリングの外周にねじはありません。接着剤はカチカチ系で、熱くすると緩む以前のものとは違うようです。また、この部分のネジピッチは旧6P系と同じような感じですが、試せるパーツが無いので正確には分かりません。

Rimg00061 ネジ部分をある程度やっつけて、後は引っこ抜きました。レンズ部分の厚みは2mm程度でした。レンズが外れればリフレクタは簡単に出てきます。チープな感じのプラスチック製でした。


Rimg00101 コンバータはヘッドとボディに挟まれる形で装着されています。




Rimg00121 Surefire製のちゃんとした基板にXP-Eが乗っています。基板が外せれば、XP-Gに交換するだけなら簡単にできそうです。コンバータとは大きな丸い部分で接続されていることが予想されます。


Rimg00141 コンバータ側のハンダ跡が見える部分にコテを当てて分離してみたところ、単にピンとソケットで接続されているだけでした。コンバータとヘッドは接着されていないため、コンバータを引っ張ればピンが抜けて簡単に取り外せるっぽいです。LED基板の裏にはやや控えめと思われる接着剤が塗ってありました。

Rimg00161 ヘッド内の壁を挟んで、LED基板とコンバータはこのようにつながっています。このような接続は初めてなのでなかなか新鮮です。



Rimg00191 ヘッド内のLEDが乗る部分は結構な厚さがあり、ヘッド全体と合わせて放熱性能はかなり高そうです。



 この先どうするか考えてないんだよ・・・ とりあえずパーツをいくつか購入しておきます。

|

« クイックボール60発見 | トップページ | Z2Xを2モード化してみた »

コメント

興味深く拝見しました。いったんレンズを取り去ってしまえば旧製品のベゼルリングやUCLが使えるのでしょうか。
自分でもやってみたいところですがあの無闇やたらと固い接着剤が……

投稿: なかた | 2011年8月22日 (月) 07時10分

なかたさん:
レンズは29.2mm程度がピッタリです。
ネジ部分は旧6P系と同じように見えますが、ベゼルリング等の余分が無いため
試すことができません。

投稿: カトキチ | 2011年8月22日 (月) 14時23分

情報ありがとうございます。うちのG2Xもうまく外せればUCLレンズと
http://www.oveready.com/surefire-upgrades/smooth-bezel-rings-for-surefire-z44-tool-install-/prod_25.html
あたりで試してみたいのですが、こうガチガチだとなんとも。いっそポリカーボネイトのレンズを破壊してしまえばいいのかもしれませんが。

投稿: なかた | 2011年8月23日 (火) 04時18分

コンバータと基盤の部分が、とても合理的な構造で驚きました。
こんな構造がmodパーツ業界で標準化されたら簡単かつ確実にmodできますね。

LED基盤の放熱シリコンっぽいのの量が微妙ですが…
せっかくの設計がもったいないです。

投稿: ノブ子 | 2011年8月25日 (木) 21時35分

ノブ子さん:
コンバータの取り外し自体は簡単ですが、その前のヘッドとボディの分離が意外と大変です。
シリコンっぽいのはカチカチの接着剤でした。もっと全面に塗った方が放熱に良さそうですよね。

投稿: カトキチ | 2011年8月26日 (金) 20時26分

FenixのLD40もヘッドが堅くて分解できません
怖くて加熱もさほどしてないんですが
ナチュラルホワイトが好みでない為に
クールホワイトに交換したいんですけどね
内部にアクセスできないことには意味がない
エミッターボードの大きさも把握できないことには
先行投資すら出来ないので困惑してます
削るような根性も工具も無い(笑

投稿: 斬奸 | 2011年8月26日 (金) 23時17分

斬奸さん:
Fenix系の開かないヤツは諦めるのがよろしいみたいです。
無理した結果、破壊して終わりというのを何度かやってます。(^^)

投稿: カトキチ | 2011年8月27日 (土) 03時23分

判りました、諦めます(ノ_-。)
でも、内部がどうなっているか
エックス線撮影してみます( ̄Д ̄;;

投稿: 斬奸 | 2011年8月28日 (日) 10時22分

私もSUREFIREの新シリーズは気になっています。

XENOのステンレスベゼルが使えるのかな?と。

やっぱりレンズ交換も視野に入れなきゃいけませんかね。

もしよろしければ・・・、
私の好奇心を満たす為ですが、RG03フラットベゼルでよければ提供致します。

使ってみて頂けませんか?

投稿: 13W | 2011年8月30日 (火) 00時12分

13wさん:
おお、近いうちにお尋ねしようと思ってました。
メール発射します。(^^)

投稿: カトキチ | 2011年8月30日 (火) 01時05分

初めまして、自分もsurefire多数所有してるものですが、この新しいLEDシリーズ。。。ヘッド外せませえん!!いろんな方法試しましたが、Fury,6PX そしてG2X.....
どうするのですか?バーナーでもなんだかできないw
良かったら教えてください

投稿: ken | 2013年2月19日 (火) 15時20分

kenさん:
私はバーナーを使って開けましたが、場合によっては接着が強力で開かないものもあるかもしれません。
また、熱で樹脂製のリフレクタが少し変形しましたので、中身の再生ができないようでしたらそのまま使った方がよろしいと思います。

投稿: カトキチ | 2013年2月19日 (火) 22時19分

カトキチさん!素早い!ありがとうございます!バーナーの後はベルトレンチですか?

なんか自分の周りにはライトマニアとか工具マニアとかいないので、とっても見てて楽しいです!
そうとうな道具マニアなのでw(使いもしないものも・・・)
コメントは初ですが、実は前から結構見てましたw
これからもライトなど楽しみにしてます!

投稿: ken | 2013年2月20日 (水) 01時32分

バーナー+ベルトレンチです。
ヘッドとボディが分離できても、リフレクタやLEDはレンズ側からしか取り出せませんので念のため。

投稿: カトキチ | 2013年2月20日 (水) 21時13分

今日やっとバーナー+バイス(ゴムかませ)でなんとか開きました。
Furyと6PXです。
なんかアルマイトとかまでやってるんですね!!
自分もやってみたいですが・・・

投稿: ken | 2013年2月22日 (金) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/52534008

この記事へのトラックバック一覧です: Surefire Z2Xを開けてみた:

« クイックボール60発見 | トップページ | Z2Xを2モード化してみた »