« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月27日 (火)

ハサミを買ってきた

Rimg00801 ブリスターの開封等、普通の事務用ハサミではいささか辛い作業用に使っていたエンジニアの鉄腕ハサミです。近頃はネジザウルスと合わせて各ホムセで見ることも多くなりました。
 先日、何も考えずにビニタイをチョッキンしたところ、思ったより強力な鉄線が入っていたようで、刃の一部を痛めてしまいました。ヤスリでチョチョッと修正して使えるようにしましたが、これを理由に以前から気になっていたハサミを買ってきました。

Rimg00721 GISUKEブランドで売られている電工ハサミです。デベソのような留めボルトが可愛らしいです。作っているのは台湾のハサミメーカーで、ちょっとした形の違いやグリップの色違いで色々なメーカーから同じようなOEM品が出回っていますが、GISUKE製品が一番安く買えます。カッコいいのが良い場合はFacom 841A4辺りがよろしいかも。

Rimg00761 普通の事務用ハサミと比べると、倍近くの厚さがあります。また、留めボルトもかなりゴツイ物が使われています。購入した段階では少々動きが硬かったので、T30サイズのトルクスと10mmレンチを使って1/8回転ほど緩めたところ、具合良くなりました。鉄腕ハサミと比べても遥かに剛性が高そうで、CD程度ならチョキチョキ切れます。思った以上に良い感じでしたので、近々もう1個買ってくる予定です。(^^)

Rimg00781 付属のケースに収めた状態。ケース内に飛び出しているボタンの頭に留めボルトが引っ掛かり、具合良くホールドされます。



Rimg00811 精密作業にはAnex製のステンレスハサミがお勧めです。「メッツェン、、、。」とかブツブツ言いながら手にするとそれらしい気分になれるかもしれません。切れ味も良く、精密な感じが手頃な価格で楽しめます。(^^)

Rimg00841 ハサミではありませんが、同じ切るもので更に使用頻度が高いニッパーはフジ矢のミニテックニッパーを長らく愛用しています。成型グリップが握りやすく、ステンレス製の本体は錆びにくく、薄手の先端はプラスチックのゲートカットから配線のカットまで幅広く使いやすいと感じます。近くのホムセで¥1,600くらいと手頃な価格ですので、刃を透かして光が漏れたら雑用に回し、新しいものに替えるようにしています。¥2,000を超えてくるとケチ根性が出てきてしまいそうで、その辺も愛用のポイントかもしれません。

Rimg00861パッケージが新しくなった記念に3個買っときましたので、旧パッケージの2個と合わせて5個ストックがあります。(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年9月19日 (月)

Z2X 途中経過

Rimg00641 3週間も経ってやっと届いたリフレクタはなんとSMOでした。以前同じものを購入した時はOPだったし、変わった旨の表記も無かったし、3個買って3個とも品番は間違って無さそうなので、勝手にSMOに変更されているようです。これはとりあえずフィッティング用に使うことにして、XM-Lが付いたヤツを注文しておきました。

Rimg00651 Z2Xのヘッド内に収まるよう、テキトーに削って合わせてみました。




Rimg00681 リフを入れ、2mm程度のUCLを入れてベゼルリングで仮固定したところです。最終的にはリフは違うものを入れることになりますが、似たようなサイズなので大丈夫でしょう。ベゼルリングは13Wさんに頂いた、XENOのRG03です。径やネジピッチは合っているようですが、縁からネジが切られた旧6P系と違い、X系は2mmほど奥まった位置からネジが切ってあるため、ベゼルのネジが1/4回転ほどしか噛み合いません。ベゼルの厚さ分程度ヘッドの縁を削ろうと思ってますが、そうなると中身全体をその分奥に入れないとならないため、少々手間が掛かりそうです。

Rimg00711 ボディは18650が収まるように内径を拡大しておきました。




Rimg00621 クリッキーを入れるかどうか決めていませんが、とりあえずスイッチ部分も分解してみました。構造は旧型と同じようになっています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011年9月13日 (火)

EagleTac D25C Mini

Rimg00511 EagleTacから新しくD25シリーズが出ましたので、一番小さなD25C Miniを購入してみました。シンプルなデザインに必要十分な装備、しかもお手頃価格ということで比較的衝動買いに向いているものと思います。

Rimg00551 1CR123のツイストスイッチとしては特に小さくも大きくも太くも細くもなく、標準的なサイズだと感じます。仕上がりは普通の中華系黒HAという感じで、安っぽさも無く十分なものだと感じます。


Rimg00491 ステンレス製のベゼルは接着されていませんので、簡単に外すことができます。これは素晴らしい。レンズとリフは汚れや曇りも無く綺麗な状態でした。自由に分解掃除ができるというのは大いに評価したいところです。

Rimg00481 LED基板にはXP-G S2が乗っています。色合いの良いS2なので交換する必要は無さそうですが、基板は接着剤ではなく放熱グリスで貼り付いていますので、ベゼルが簡単に外せることと相まってLED交換は最も簡単な部類だと思われます。

Rimg00611 厚さ1mmのステンレス製クリップが装着されていますが、取り付けネジの六角サイズが1.55mm(1/16インチ?)という中途半端なものとなっています。エッジの立った高精度な1.5mmレンチで外せましたが、そこら辺のL型1.5mmだと舐める可能性がありそうです。基本的には別売りのレンチを手配する必要があるようです。

Rimg00601 HeavyDutyなクリップとは反対に、ボディの縁が非常に薄くなっています。一部が僅かに潰れたようになっていましたが、テキトーにグイグイやって修正しました。できれば0.5mmくらいは確保しておいてほしいところです。

Rimg00591 付属しているケースはパリッとしていてなかなか良い感じです。中身を入れないでボタンを押し嵌めても簡単には潰れません。ボタンの裏側がそのままになっているため、何か貼ったりしてカバーしておくと良いかもしれません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2011年9月 7日 (水)

Zebra追加

Rimg00332 最初に購入したH30はあまり気に入っていなかったりするものの、次に購入したH31wですっかりお気に入りとなったZebraですが、ホルさんのセールでSC30を、円高の機会にということで本家でH51を新たに購入しました。やはりZebraはヘッドランプの方が特徴がありますし、1AAよりCR123の方がコンパクトでカッコいいし、H31系が一番好みに合っているようです。

Zebra たまには変わったことでもしてみようと思い、テキトーに撮った照射画像をGIFにしてみました。XP-Gの下位グレードに扱われがちなXP-Eですが、小さなリフレクタと合わせる場合はメリハリが出て良いと思います。対して1AAでのXP-Gはいまいち迫力が無いように感じます。XP-EのH31買っとけば良かったか。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2011年8月 | トップページ | 2011年10月 »