« トルクスを追加した | トップページ | Energizer L型ライト »

2011年10月30日 (日)

UltraFire H4

 今週はエンジニアの鉄腕ハサミの予定でしたが、工具が続いたのと注文しておいたUF-H4が届いたのでライトやります。

Rimg00741 以前よりUltraFireからはZebraのパチっぽいヤツが出ていましたが、新たにリフレクタタイプが出ましたので購入してみました。円換算で2400円程度でしたので、Zebraに比べると随分安いです。極端に低価格な中華にありがちな、ネジはガバガバ、Oリングはユルユルといった不具合も無く、なかなかしっかりした作りです。エッジのところどころにアルマイトの欠けがありますが、今回はその辺は織り込み済みなのであまり気になりません。コンバータの詳細は分かりませんが、1AAでもRCR123でもしっかり動くため、ちゃんとした昇降圧が入っているようです。この辺の中華はすぐ飽きてしまうことが多いですが、これはなかなか気に入りました。(^^)

Rimg01111 LEDはXP-G R5で公称350ルーメンとのことですが、そこまでは出ていないような気もします。リフレクタはスムーズタイプでかなり奥行きがあります。レンズはちゃんとガラス製で、ステンレス製のベゼルリングでしっかり固定されています。この辺りも良好な感じです。

Rimg00801 スイッチはZebraと同じく電子スイッチとなっています。スイッチを押し続けることでHigh~Low~High~Lowと行ったり来たりしますので、好きな所で止めるとその明るさが記憶され、次回はその明るさで点灯します。ボトムキャップを緩めて回路を切るとHighからの点灯にリセットされます。調光はパルスのようで、気にする方は気になると思います。
 (追記)
 OFF時にスイッチを押し、そのままホールドすると3秒くらい後にHighで点灯するようです。

Rimg00781 大きさはH3x系とH5x系の中間といった感じです。




Rimg00851 この形での運用は考えていませんが、付属の延長チューブを使って17670も使えるようになっています。チューブ内径は17.2mmくらいでしたので、18650は無理っぽいです。


Defaultcajqmnjg1 消灯時・点灯時いずれの状態でも、ダブルクリックの操作によって独自のプログラムが起動し、興味深い動きが見られます。(^^)



 10/31追記
Rimg00041 上からスイッチ類を取り外し、横からレンズ・リフレクタを取り出すと中身が見えます。LEDは奥の壁に埋もれるように取り付けられています。


Rimg00081 完全に分解するのは面倒な構造です。特にコンバータ基板は真鍮のリングにハンダ付けされた状態でボディ内に圧入されているため、抜き取るのが困難だと思います。一方、カチコチの接着剤は使われていないため、ネジ構造の部分は簡単に外せます。コンバータを取り外したついでに簡単に出力を測ってみたところ、最大で550mA前後でした。やはり350ルーメンは出ていないと思われます。

Rimg00101 僅か3日目にしてお星様になりました。(*^^*)




 検索等で来られた方のため追記
 コンバータの待機時消費電流が多いようで、暫く放っておくと電池が空になります。また、調光はハッキリしたパルスですので少々気になります。やはり高くてもZebraを購入した方が良さそうです。

|

« トルクスを追加した | トップページ | Energizer L型ライト »

コメント

いつかはZEBRAって思って手を出してないですが、
悪くはなさそうですね。

でも無段階調光にはあまり魅力を感じないので、
MODベースになるかな?と思っていました。
参考になりました。
ありがとうございます。

投稿: 13W | 2011年11月 1日 (火) 20時42分

13Wさん:
スペース的には違うコンバータを入れることは可能な感じですが、スイッチが小さな電子スイッチなので厄介そうです。
デロデロになっちゃったのでまた注文しました。(^^)

投稿: カトキチ | 2011年11月 1日 (火) 21時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/53122860

この記事へのトラックバック一覧です: UltraFire H4:

« トルクスを追加した | トップページ | Energizer L型ライト »