« 鉄腕ハサミGT | トップページ | Sunwayman L10R »

2011年11月20日 (日)

Fenix MC10

Rimg00041 以前購入し、作りが悪い感じがしたため部品取りにしたMC10ですが、Energizerに比べると光り方がずっと綺麗でしたので、再度購入しました。(*^^*) 今回購入したものは前回に比べ樹脂の成型が良く、どうやら前回のものはプチ不良品だったようです。
 現在はマイナーチェンジしてMC11となっているようですが、LEDは同じXP-Eで、スイッチボタンが大きくなってリフレクタがスムーズタイプになっている程度の違いのようです。MC10のスイッチサイズでも全く問題無いし、何よりリフレクタがオレンジピールという差が大きいです。また、今ならebayで円換算¥2,600~¥2,700(送料無料)で購入できる出品があるため、大変お買い得な感じです。(^^)

Rimg00071 Energizerの記事でできなかった大きさ比較です。並べてみると一段とEnergizerのキッチリした成型が気持ち良く感じます。首振り機構がある分、一回り背が高くなっています。


Rimg00091 LEDはXP-E、レンズは両面コーティングされたものが使われています。ダイの小さなXP-Eとオレンジピールリフレクタの組み合わせですので、中心がハッキリ明るくムラの無い照射となっていて、数値以上に明るく感じられます。これをエネループで動かすのが最近のお気に入り。(^^)

Rimg00441 前回購入したものから取り出した中身です。電池室の奥に見えるのは接点基板のみで、コンバータはスイッチ基板とつながった状態でヘッド側に入っています。


Rimg0029 クリック感のある7ポジションの首振り状態をGIFにしてみました。つまらない割りに画像が重いです。(*^^*)



Rimg00201 こちらも2個目の購入となったUF-H4。ZebraのF系に興味はあるものの、良くできたOPリフが入っているのにフロストレンズ付きというのも勿体無い気がします。UF-H4のスムーズリフは若干中心が抜けたような感じに見えるため、レンズをフロスト加工してみました。ブラスト装置は持っていないため、ゴム砥石でレンズ表面を研削しました。向こう側の様子がうっすら分かる程度に加工してみたところ、思ったより具合が良くなりました。遠くを照らすには向きませんが、近くを照らす分には明るさ感もアップしたように感じます。

|

« 鉄腕ハサミGT | トップページ | Sunwayman L10R »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/53291703

この記事へのトラックバック一覧です: Fenix MC10:

« 鉄腕ハサミGT | トップページ | Sunwayman L10R »