« 鉄腕ピンセット | トップページ | 謹賀新年 »

2011年12月25日 (日)

リューターを開けてみた

Rimg00781 10年以上前に購入したプロクソンの小型リューターです。回転数10000rpm調節不可、逆回転不可、定格使用時間5分(!)というオモチャみたいなモノでして、何より先端ツールは挿して固定、外す時は引っこ抜くという方式が最悪で、外れないようにしっかり挿すとペンチ無しには抜けず、ペンチが滑るとツール先端をダメにするという・・・。パワーも無いし、早々と引退しました。(*^^*)

Rimg00761 同じくプロクソンの28511、2本あって両方稼動可能です。回転数8000~18000rpm、逆回転不可、定格使用時間15分、この機種は既に絶版で、現行では28525が後継でしょうか。そこら辺のホムセでも売っていますので、この辺りやドレメルは持ってる方も多いと思われます。パワーはそこそこあるものの、デカくて重いため、鉛筆持ちだと疲れます。また、すぐにモーターが熱くなるので長時間は使えません。

Hd20d1 *メーカー画像拝借* パワーは無くてもいいから高精度で持ちやすいものを探し、5年位前に購入したのが浦和HD20です。本物を作っているメーカーがホビー用に作った日本製というのが謳い文句です。回転数3500~20000rpm、逆回転可能、小さく軽いハンドピースは持ちやすく、回転精度も高いので長時間使っていても苦になりません。ただ、パワーは寂しく、バフなどを使うとすぐ回転が落ちてしまいます。軽作業専用に使っていましたが、近頃くたびれてきた感じがして、新たにちゃんとしたものを購入したので殻を割ってみました。

Rimg00811 殻は基本的にモナカですが、前後のキャップが接着されているため、切り取って開けました。中身は非常にシンプルな構造で、モーターはマブチ、ベアリングはNSKと、日本製が詰まってて嬉しくなります。スピンドルとモーター軸はゴムチューブに挿すだけで接続されていますが、これはアブソーバー機能に違いない。(^^)

Rimg00871 モーターは見た感じで370クラスっぽい気がしたので、探したら出てきたタムテックギア用の370モーターと比較してみました。サイズは同じようですが、エンドベルの形が少し違うので、固定用の出っ張りを削り取れば装着できそうです。単純なDCモーターですので、元のコントローラーを使わずに6.6vのLi-Fe直結くらいでポータブルにしてみても良いかなと思ってます。

|

« 鉄腕ピンセット | トップページ | 謹賀新年 »

コメント

ドレメルは使用されないのですか? 並行品なら安いですよ。

投稿: なかた | 2011年12月27日 (火) 04時19分

なかたさん:
ドレメルもホムセで触ったことがありますが、これまたデカくて重かったです。野暮ったいプロクソンよりはカッコいいですけどね。
やはりセパレート型のハンドピースの方が使いやすい感じです。

投稿: カトキチ | 2011年12月27日 (火) 13時48分

ドレメルはオクで売ってるセットだと、何ていうんだろ、フレキシブルケーブルの回転で延長できるパーツがあって、ほとんど重さを意識しないで使えますよ
http://www.toyoas.jp/products/category/kogata/optionAttachm/detail.html?p=211
本体はそのへんに転がしといてこの先端だけつまんで使うんです。

投稿: なかた | 2011年12月28日 (水) 00時42分

ホムセに行ったついでにドレメル見てきました。いくつかツールが付いたセットが¥9,800でした。ケーブル付きの延長パーツも見ましたが、ちょっとケーブルが邪魔になりそうな感じです。

投稿: カトキチ | 2011年12月29日 (木) 02時26分

チューンドモーターがあるところがカトキチさんですね(笑)
自分のリューターはリョウビのどこでも売っているやつでなんでもやっています。

投稿: バスウ | 2012年1月 4日 (水) 22時19分

モーターやベアリング、ネジはたくさんあるんです。(^^)

投稿: カトキチ | 2012年1月 4日 (水) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/53570191

この記事へのトラックバック一覧です: リューターを開けてみた:

« 鉄腕ピンセット | トップページ | 謹賀新年 »