« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »

2012年1月29日 (日)

ツールスタンド製作

 以前からリューター用のビット類をスッキリ管理したいと思いつつ、市販のスタンドをテキトーに使ってきましたが、使うツールも大体決まってきたので製作してみることにしました。

Rimg01001 材料はヤフオクに安く出ていたアクリル板の端材を使い、面を整えてから角を落とし、ツールに合わせてポコポコ穴をあけただけです。アクリルはすぐ溶けてドリルに詰まるため意外と厄介ですが、特に見映えにこだわるわけではないのでテキトーに。

Rimg01021 基本的には3mm軸を使うようにしているため、あけた穴もほとんど3mm軸用ですが、2.35mm軸しか無いツール用に1列ずつ確保してあります。小物入れ部分はコレットや専用工具などを入れておけるようにしました。1.6mmは小さいので隅の方にゴチョゴチョッと。

Rimg01051 だいぶスッキリしました。(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月24日 (火)

パナグラインダ入手(^^)

Rimg01261 10年以上前に生産中止になったナショナル製「パナグラインダ」の新品をヤフオクで入手しました。定価では13k位するらしいですが、3kで落札できました。(^^)
 小さなグラインダを探していた時に欲しかったものの、なかなか見つからずリョービ製を購入した経緯があります。リョービのグラインダを花びら用に改造した際に思い出し、ちょろちょろチェックしていたところ、つい最近新品の出品を見つけました。

Rimg01301 裏には「59.10.22」とスタンプされています。昭和59年製だと思われますが、ゴム類がやや白化しているくらいで状態は良好です。



Rimg01281 リョービ製と比べてもそれほど大きくなく、土台がしっかりした金属製なので安定感があります。また、リョービのACモーターと違い、9000rpmのDCモーターが付いているため、秋月のトライアック調光器との相性が良く、具合良く回転数の調節ができます。

Rimg01321 早速分解してみました。残念なことに、砥石カバーがベアリング保持を兼ねているため、カバー無しで使うことはできないようです。そうなるとカバーの大きさが問題で、花びらを入れるには少々小さい感じです。モーターカバー兼ベアリングホルダーを製作すればうまくできそうなので、気が向いたら製作してみようと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年1月16日 (月)

私もダイヤが好きなのだ。

 ダイヤが好きと申しましても、1カラットの指輪なんかは全く興味がありません。くれるならもらうけど。

Rimg00961 私が好きなダイヤ。中華の安いダイヤと日本製にはどんな違いがあるのか観察してみました。大きい箱に並ぶのは30本で¥1,500~¥2,000程度の安物セットです。単独パッケージはホムセで買ってきたトラスコ扱いの日本製、1本約¥1,000ちょっとでした。小さいのは歯医者さんが使うヤツで、シャンク径が1.6mmと少々特殊なものとなっています。これらを実体顕微鏡で観察してみます。

Mic11 まずは中華製から。全体に細かくキラキラした感じに見えます。このキラキラがメッキだけによるものであれば悲しいところです。触ってみても指先に引っ掛かる感覚があまりありません。


Mic21 更に拡大してみると・・・おお、粒は細かく間隔も大きめですが、しっかりとそれらしきものがこびりついています。(^^) 使えない安物なら迷わず高いダイヤを買うものの、これが意外にもちゃんと使えてしまうのが困ったところです。

Tr11 続いてトラスコ扱いの日本製を見てみます。作っているのは「日本精機宝石工業」という何ともそれらしい会社のようです。肉眼では粒子の大きさまでは見えませんが、それでも粒立ちの良さそうなキラキラ感があります。触ってみてもしっかりとグリップする感じで良さそうです。

Tr21 更に拡大。これはもう、粒子の大きさから密度まで中華製とは全く別物といった感じです。値段が10倍なので当たり前ですが、やはり良い物は良いと実感します。ところが、顕微鏡を覗きながら大きそうな粒を針で突っついたら取れちゃいました。見た目にも表面に貼り付いているだけっぽいので、優しく丁寧に扱うのがよろしそうです。

Gc11 最後は歯科用のダイヤです。軸サイズがFGという規格で、1.6mm(正確には1/16インチだと思われます)になっています。日本製の対人用ですので、十分以上の品質で作られているものと思われます。対応回転数が45万回転というのも無意味にカッコいい。見た目には一番粒立ちが良さそうな感じです。

Gc21 更に拡大。トラスコのダイヤと似たような感じで、こちらも品質は高そうです。普通のハンドピースでは2.35mmや3mmの軸が多いので1.6mmだと使いづらいと思いますが、安く買えれば1本¥200程度と大変お買い得な感じです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年1月 8日 (日)

グラインダーを再利用してみよう

Rimg01061 プロクソンのマイクロレースを使っていた頃、ハイスのバイトを研ぐために購入したリョービ製手の平サイズのグラインダーです。サイズが小さくパワーも無いので、バイト研ぎには役立たず、少し使っただけでお蔵入りとなっていました。これを手軽な研磨機として再利用してみようと思います。

Rimg01051 不要な砥石カバー等を取り外し、一旦分解してベアリング等を手入れした後、錆がポツポツ出ていたモーターを塗装し、土台の一部もカットしてスッキリした形状にしました。余っていたタミヤのデカールを貼り付けています。

Rimg01071 砥石の代わりに取り付けるのは、3M製の「ラジアル・ブリッスル」という研磨材です。研磨材だけ購入したかったのですが、軸付きしか見当たらなかったので軸付きを購入しました。軸が付くと「マーガレット」と洒落た名前になります。とりあえず様子見で#400の青を取り付けてみます。

Rimg01091 マーガレットの花びらと茎を分離しました。カシメで拡がった部分を削り取れば茎を抜くことができます。



Rimg01111 続いてグラインダーの軸に取り付けるための部品を製作しました。多少でもフライホイール効果が出るように、比重の高い真鍮を使っています。とりあえず簡単に作れる正ネジ側を製作しました。


Rimg01131 回転中に変に動いたりすると怖いので、軸へのねじ込み+平面部へのイモネジ固定の2重にしています。これなら勝手に動き出すことは無いと思われます。


Rimg01171 研磨材を装着し終えたところです。ストッパーのリングはテキトーにねじ込んであるだけですが、回転力がネジを締める方向に掛かるため大丈夫なはずです。


Rimg01181 花びら大回転中。(*^^*)



 1/13追記
Rimg01191 反対側にも研磨材を追加することにし、取り付け用の部品を製作しました。こちらは逆ネジ側になるため、軸にねじ込むタップ切りから固定リング用のねじ切りまで全て逆ネジになるため、少々面倒です。

Rimg01221 #400でも十分な研磨力があると感じたため、番手としては更に細かく、被研磨物にすじを残さない特長を持つらしい「パーミス」というものを取り付けてみました。#400よりだいぶ優しい感じです。


Rimg01251 花びら倍増絶賛大回転中。(*^^*)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年1月 1日 (日)

謹賀新年

明けましておめでとうございます。

本年もよろしくお願い致します。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

« 2011年12月 | トップページ | 2012年2月 »