« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012年2月26日 (日)

KLARUS MiX6 Ti

Rimg01651 なかなか評判がよろしいらしい、KLARUS MiX6のチタン仕様を購入してみました。ヘッド側ネジ部が真鍮ですので、中華チタン特有のジャリジャリがありません。変に磨いてテカテカしていないのもよろしい感じです。シンプルで細身な形状ゆえ、非常に軽く仕上がっています。

Rimg01691 コーティングされたレンズにオレンジピールリフレクタの組み合わせが嬉しいです。どちらも汚れや曇りが無く、LEDのセンターもピシッと出ていて気持ち良いです。LEDはXP-Gで、やや色温度が高めな感じです。できれば気に入った色合いのXP-Eにしたいところですが、真鍮部分が簡単に分離できなそうだし、付いているXP-Gでも気になるほどではないので、今のところそのまま使うつもりでいます。

Rimg01761 テール部分は割りと大きめの楕円リング状になっているため、キーホルダー等の装着は容易だと思われます。強度的にも十分な感じで、加工部分も全て面取りされていたり、細かい部分にも手抜きがありません。総じてシンプルですが品の良い物だと感じます。

Rimg01491 先日購入したD25Cと一緒に記念撮影。




Rimg01781 小さくて良い物ついでに、気に入って使っているキーホルダーのご紹介。中華ショップで購入したものですが、説明を信じれば316ステンレス製で、1個$2.99と中華小物の中では比較的高価です。作りが良く、スプリングも頑丈で、サイズ的にも小物用として最適な感じです。このサイズでちゃんとした非鉄製はなかなか見当たらず、いくつかまとめて購入しておきました。

Rimg01841 ステンレス製Wリングと合わせて付けてみるとこんな感じ。スッキリまとまって良い感じです。(^^)

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2012年2月19日 (日)

EagleTac D25C Mini Ti

Rimg01351 中華チタンはもういいやと思っていましたが、安くなってたのでまた買ってしまいました・・・。同じD25Cは普通のアルミも持っていて、万一(と言うよりほぼ確実ですが)ネジがジャリジャリの場合の対策が見えていたのも購入できた理由の一つです。
 到着したので早速電池を入れようと回してみたところ、ちゃんとジャリジャリした感触が伝わってきました。

Rimg01361 メーカー画像では潰れたように見えたナーリングは特に問題無く綺麗に目が揃っています。



Rimg01371 お尻の部分は何故か分割になっています。アルミでは一体でしたが、何か意味があるのでしょうか。



Rimg01481 いくつか画像を残したので、早速壊し始めることにします。ヘッドから中身を取り出すと、LED基板が乗る部分には銅板が入っていました。左はLED側、右はコンバータ側から見たところですが、1.2mmほどの厚さの銅板が周囲だけ接する形で押し込んであります。

Rimg01581 チタンのネジ同士がジャリジャリするため、ヘッド側のネジはOリングが嵌っている部分でスパッと切断しました。切断後、ヘッド内部にネジを切っています。


Rimg01541 新たに連結用の部品を製作しました。ボディ側のネジは角ネジ(のようなもの)になっているため、それに合わせてネジ切りする必要があります。


Rimg01551 コンバータを装着し、やや黄色味が強く感じられたLEDはお気に入りの3Dに交換し、配線を済ませたところです。熱容量も大きくなっていると思われます。


Rimg01591 出来上がったものをヘッドにねじ込み、リフレクタやベゼルを装着して完成です。ジャリジャリした感触は一切無くなり、非常に滑らかな感触になりました。(^^)


Rimg01731 全部終わったところで、中途半端にポリッシュされている表面を例によってスコッチブライトで軽く擦り、落ち着いた半艶程度に仕上げました。


 ツイスト操作が滑らかになって気分良くクリクリして遊んでいたところ、普通のアルミ版とはいくつか違う部分があるようです。説明書やパッケージはアルミと同じものが使われているため、違いに関しての説明は見当たりません。アルミでは点滅は5種類ですが、チタンは7種類になっています。また、モードメモリーが無いため常にLowからの点灯になりますが、1回点滅してから点灯するようになっているようです。ストロボ等は使わないので5種類でも7種類でも良いですが、毎回点灯する度に無意味な点滅が入るのは良い感じではありません。コンバータ自体はいじってないので元からだと思いますが、同じもの持ってる方います?

 追記
 どうやら仕様のようです。低温時の動作不安定を改良したものらしいですが、余計なことしないで不具合だけ直せば良いのに。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2012年2月12日 (日)

Streamlight Sidewinder Compact

Rimg01071 去年の4月頃、ちょっと触る機会があったものの特に興味を持つことも無かったStreamlightのSidewinder Compactですが、近頃何だか面白そうに見えてきたので購入してみました。
 本体の色違いとLEDの仕様違いで何種類かありますが、そのまま使うことになった場合、赤外線LEDより緑LEDの方が使い道がありそうですし、調光の向きも緑LED付きの明→暗の方が明るさ控えめな本機においては使いやすそうな感じでしたので緑LED付きにしました。本体色は単に緑の方が安かったので緑にしました。国内だと結構なお値段になるため、USアマゾンで購入したところ、送料入れて5千円弱でした。

Rimg01091 小さなH31と比べても、極端に大きいという感じではありません。樹脂素材はグラス混入ナイロンのような感じで比較的硬く、成型も良好です。上部のダイヤルで点灯するLEDを選び、ダイヤルのボタンでスイッチON/OFFという簡単な操作は使いやすく、Lowでもパルス無しのようです。

Rimg01101 横に向けてみると何とも面白い形になっています。ちゃんと立つことはできますが、いとも簡単に前方にコケます。クリップは幅広の丈夫そうなものが付いていて、取り外しはできません。黒染めした鉄だと思っていましたが、磁石の付きが弱いのでステンレスかもしれません。

Rimg01331 枠の4隅にあるネジを外してコチョコチョやってたら簡単に基板が出てきました。3個の5mmLEDは簡単に外せますが、メインのXR-EC4
LEDは基板に直付けになっていて、裏にはインダクタ等のパーツも付いているためそのまま使うことにしました。5mmを付け替えて遊ぶのは久々で、ここまでの作業が簡単なこともあり楽しくなってきました。(^^)

Rimg01291 5mmLEDを新しいものに付け替えたところです。元の赤部分にはLEDパラダイスの赤75000mcdを付けています。60mA程度流すようにできているようですが、30mA程度でも元の赤より明るい感じです。ムラを無くすため、先端中心にブラスト加工したところ、大変具合が良くなりました。
 元の緑部分には日亜のNSDL570GS-K1電球色を入れました。これも70mA程度流すものですが、どうやら基板出力も近い感じになっているようです。同じ570GS-K1のクールホワイトも試しましたが、メインのXR-EC4LEDもクールですし、広範囲をふんわり照らす場合は電球色の方が合っているように感じます。
 元の青部分にはナイトライドセミコンのNS375L-ERLMを入れてみました。お札の印にもちゃんと反応する375nmのUVの中ではかなりの高出力だそうで、1個千円します。単体ではお札の印にもしっかり反応しましたが、風防を取り付けると弱っちゃうようで、反応しなくなりました。これでは面白味に欠けるため、現在明るそうな緑LEDを手配中、具合が良ければ緑に変更する予定です。

Rimg01131 だんだん面白くなってきたので、メインのXR-EC4LED用のリフレクタも作ってみました。元の樹脂製はムラが目立ちあまり好みでないため、何とかなれば何とかしたいと思っていました。本体側無加工に合わせるとギリギリのところでちぎれたりして、苦節3個目、本体内部をちょっと削ることでピッタリ収まるものを作ることができました。これでメインの照射も明るく綺麗になりました。(^^)

Rimg01441 ネジをステンレスのトルクスに交換して完成しました。近いうちにUVを緑に変えたり、場合によっては他のLEDも変えるかもしれませんが、とりあえず満足行く形でできあがりました。(^^)

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2012年2月 8日 (水)

レザーマン Style PS

Rimg01371 レザーマンから新しく(と言ってもだいぶ前のようですが)Style PSというのが出ていたことを知り、早速購入してみました。各装備を収める部分は共通ですので、パッと見た感じはハサミメインのCSと同じに見えます。

Rimg01381 CSのハサミは調節しないとイマイチな感じでしたが、プライヤーは普通に使えそうです。



Rimg01411 Squirt PS4に付いているプライヤーと比べてみると、同じ物が使われているようです。



Rimg01421 CSではナイフ刃が付いている部分に、PSでは小さなハサミが付いていますが、それもSquirtと同じもののようです。Squirtに比べて10g程度軽くナイフレスですので、気軽に持ち歩くには良さそうです。(^^)

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »