« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月25日 (日)

DORCY Angle head

Rimg02381 アメリカではどこでも売っているらしいDORCY製のライト、日本では売ってないのでアメリカから取り寄せました。アメリカの人がELPAやOHMの安いヤツをわざわざ海外通販で買っているような感じでしょうか。
 樹脂製の安いものですが、ちゃんとしたL型ライトとして使いやすいように作られているところが面白いです。と言っても、中身はそれなりということが予想されるため、開けられなければ使い道が無さそうな感じもします。とりあえず3個購入しましたが、希望の黄色は入っていませんでした。

Rimg02441 砲弾多灯の安物はたくさんあるものの、ちゃんとしたL型というのはほとんど見当たりません。そういう面では貴重な存在かもしれません。(^^)


Rimg02461 電池は3AAAで、この辺りのLEDライトでは良くあるパターンです。先端の接触端子にはスプリングが利いていたり、意外としっかりしています。


Rimg02431 ベゼルにベルトレンチを掛けグイッと回したところ、パキッという軽やかな破断音とともに簡単に開きました。接着はしてあるようですが、あまり強力ではないようです。(^^) 中身は押し出せば簡単に出てきます。

Rimg02451 LEDは9発並列抵抗1発でした。早速青暗いLEDを交換してみます。日亜をケチって色合いの綺麗な正体不明を9発入れてみましたが、どうも明るく感じられません。パワーLEDが明るくなっている分、相対的に5mm砲弾が暗く感じられるのか、結局日亜を入れて試してみることにしました。

Rimg02371 日亜500GS-K1に変えたところ、ドカンと明るくなりました。電源が4.5v近辺になるため、7135を1個にした基板を追加して3グループ17モードを使えるようにしました。1発あたり約40mAとなり、程よい電流値になります。

Rimg02291 日亜ムラの青さなんぞまだまだ青いと言わんばかりのこの青さ。しかも暗い。もう少し白くて明るいLEDを使えばオバマ大統領も喜ぶと思います。


Rimg02351 ベゼル・ボトムとも、キャップにはOリングが使われていませんが、溝のような成型があったのでグリスを塗ってOリングを押し込んでいます。成型の合わせが良いため不要かもしれませんが、気分的にちょっとしたグレードアップということで。

Rimg02331 ベゼルとボトムに黒いものを使うと一段とDORCYらしい感じになって、カッコ良さ200%です。(^^)






Rimg02401 3個買ったら黄色が入ってなくて、簡単に開いたので更に7個買ったら1個黄色が入ってた。揃えようと思って4色全部揃えたわけじゃないので全然嬉しくありません。(*^^*)


 ブレーカーが落ちてからライトのスイッチが入るまでの早さが凄い。そして光は青い。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2012年3月18日 (日)

Streamlight Polytac LED

Rimg02261 黄色やオレンジのプラスチックが楽しいこの頃、StreamlightのPolytacを購入してみました。SurefireのG2系はLEDになってからヘッドがアルミになったため、あまり面白味が感じられませんが、こちらはヘッドもプラスチックのままです。

Rimg02221 C4LEDはXR-Eが使われています。リフレクタはオレンジピール、レンズはコーティング無しのガラスレンズのようです。リフレクタとXR-Eの相性が良い感じで、程よくスポットの効いた綺麗な照射になっています。いささか古く感じるXR-Eですが、そのままでも十分使える感じです。

Rimg01891 それほど高価なものではないため、比較用にヘッドが大きくなったHPも購入してみました。ボディとテールはノーマルと同じものが使われています。


Rimg01931 こちらもLEDはXR-Eが使われています。リフレクタは半分OP加工されたものになっていて、レンズはコーティングされた樹脂製です。大径リフにXR-Eの組み合わせのため、何年も前に購入したUltrafire C2を髣髴とさせるピンスポット+大きな周辺光という感じになっています。当時は使いづらく感じたもののそのままでしたが、今ではXM-Lがあります。

Rimg01981 ヘッドを外すと中身が入っていそうな部分が現れます。接着剤は使われていないようで、簡単に回りました。



Rimg01961 中身を分解したところです。構造的にはシンプルで、いじるのは簡単そうです。



Rimg02011 元のXR-Eが乗ったものと同じサイズでXM-Lを乗せたものを製作しました。入れ替えてハンダ付けするだけですので、いつでも簡単に元に戻すことができます。


Rimg02071 小さなリフだと集光しきれない感もあるXM-Lですが、このサイズのリフだとピシッとスポットが出て非常に良い感じになります。元のXR-Eで見られたムラもほとんど目立たなくなりました。


Rimg02231 ノーマルにもそのまま使えます。こちらはリフが小さいため、XM-Lらしく拡散気味な照射になります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012年3月12日 (月)

Spyderco Assist

Rimg02301 一回り小さいセーバーソルト(海里)を使ってみて、もう一回り大きくても大丈夫そうなのでアシストを購入してみました。グラスブレーカーやホイッスルが付いたレスキュー用ということで、ハンドルも鮮やかなオレンジとなっています。

Rimg02151 海里と比べると一回り大きく、アトランティックソルト(海王)と同じくらいの大きさになるようです。海里はほとんど錆びることの無いH1ブレードということで、実際何もしないでいますが全く錆びていません。対してアシストはVG-10となっています。鋼材には詳しくありませんが、放っておくと錆びると思われます。

Rimg02321 ブレードの厚みは同じですが、ハンドルの厚みが全然違っていて、アシストの方が分厚く丸みがあるため握りやすく感じます。窪み部分には指4本がちゃんと収まるため、サイズ的にも大きすぎではない感じです。(^^)

Rimg02171 穴の上にはコブラフードと呼ばれるカバーのようなものが付いていて、開く時は穴だけよりもずっと開きやすく、開いた後は指を乗せるのに具合が良くなっています。パーツを留めているネジはM2の皿でした。

Rimg02211 ハンドルに付いているホイッスル部分です。いささか吹きづらい感じですが、ちゃんとピーピー鳴りました。



Rimg02191 グラスブレーカー部分はカバーがネジ留めだったので外してみました。通常は突起部分が板バネによって引っ込んだ状態になっています。


Rimg02201 閉じたブレードを握りこむと、先端が突起を押し出してハンドルから出てきます。



Rimg02241 暗闇でUVを当てるとオレンジのハンドルが鮮やかに反応します。黄色の方はほとんど反応が無く、オレンジの成型色には蛍光顔料が大量に含まれているようです。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2012年3月 4日 (日)

Fenix HL21

Rimg01911 ヘッドランプを使うことなどほとんど無いのに、小ぢんまりとした黄色の可愛らしさに思わず購入してしまいました。早速点灯してみると、調光時の動作が明確に進化していました。操作は同じですが、以前のように一度消えて次のモードで点灯や、HighからLowに切り替わる際の一瞬High点灯が無くなり、消えることなくスムーズに次のモードに切り替わります。

Rimg01951 HL20は黒だけだったと思いますが、今回は黄色が追加されました。(^^) この黄色がなかなか微妙で、黄色よりはオレンジっぽく、オレンジよりは黄色という感じで、幼少の記憶によると山吹色というのが近いかもしれません。

Rimg01941 LEDは綺麗な白のXP-E、リフレクタはスムースタイプです。L型のMC10もMC11になってスムースタイプに変更されましたが、こちらも同様に変更されたようです。照射には気になるほどのムラは無く、レンズもリフも綺麗なので問題ありませんが、やはり前の型同様オレンジピールの方が嬉しいところです。

Rimg01821 ディフューザーも新しくなっています。左はMC10のものですが、HL20も同じものだと思われます。対して右がHL21付属品で、取り付け部が薄くコンパクトになり、レンズもより均一に拡散するようになっています。

Rimg02061 ベゼル部分に被せるように装着します。しっかり段差になっているため簡単には外れませんが、外そうと思えばすぐ外せます。前の型よりだいぶスッキリして良い感じです。


Rimg01871 裏側から見たところです。ギザギザの部分は台座の突起と合わせて角度調節する際のクリック感になります。素材は黒いベゼル部分のみアルミで、それ以外は全て樹脂となっています。しっかりした樹脂素材で成型も良好です。

Rimg01971 今のところヘッドライトとして使う予定は無いので、早速スイッチ側のギザギザ部分を少々加工して浅い溝状にしてみました。キャップ部との境界に見られるものは接着剤で、タップリ塗ってあるため分解は困難だと思われます。

Rimg01991 いくつか購入しておいたZebraのクリップを装着しました。機能的にも問題無さそうです。



Rimg02041 お出かけカバンのベルトに付けといたら可愛いかなと思いまして。(^^)



Rimg01881 電池キャップ側は平らになっているため、立てても意外と安定しています。黄色いプラのオモチャっぽさの中にしっかりした基本性能が詰まっていて、大変お気に入りとなりました。(^^)

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »