« INOVA X5 & X1 | トップページ | Black Shadow™ Queen »

2012年8月11日 (土)

GENTOS EX-1977IS

 ランタンというのは特に強い興味があるわけでもなく、GENTOSのヤツが評判良いという程度しか知らなかったのですが、先日いつもとは違う方面のホムセへ偵察に行った際、ライトコーナーに電池の入ったサンプルが置いてありました。型番は見ませんでしたが、Dセル3本のタイプだったようです。何気なく点灯してみると・・・おお、何だか良い感じじゃないですか。しかし知識やデータが乏しい状態で勢いにまかせて買ってくると、既に新しい物が出ていたり、もっと好みの物があったり、更にはずっと安く買えるところがあったり、ろくなことが無いので一旦案件を持ち帰ることにしました。

Rimg04531 早速サンジェルマンのサイトからGENTOSランタンコーナーを見てみると、同じ形でちっちゃいのがちゃんとありました。本体もナイスなオレンジだし、値段なんかアマゾンで¥1,349と、とってもお手頃です。早速注文したら2日後に届きました。送料無料でこのレスポンスは素晴らしい。
 本体はオレンジの樹脂製で、黒い部分はゴムになっています。置いた時のゴム的安定感も良い感じです。野外のテント等で使う場合はデカくて明るい方が良いでしょうが、ちょっとした使い方では十分だと思います。

Rimg04551 ココを見に来る方には分かりやすいサイズ比較。ランタンというとしっかりした明るいものはデカく、小さいのは怪しいものが多い気がしていましたが、このサイズでもちゃんとしたパワーLEDがしっかり仕事しているのもあるんですね。

Rimg04351 それではいつものように。電池室のネジを外すとパコッと中身が取り出せます。放熱用のアルミ板が付いたヒートシンクや、コイルが乗った良い仕事をしそうな基板が見られます。


Rimg04391 LEDは日亜のNS6L183型電球色LEDのようで、性能的にもなかなかよろしそうな感じです。LED基板はヒートシンクにガッチリくっついて、こじったくらいでは基板のアルミがボロボロになるだけで剥がれません。
 追記:また同じホムセに行ったら同型のクールホワイト「431CW」のサンプルがあったのでシェードを外してみたところ、半透明のドーム越しでハッキリ見えないものの、Cree XP系が入ってました。日亜のクールホワイトではないようです。

Rimg04421 構造を観察したところ、簡単にヒートシンクと本体を分離できそうだったため、一度外してLED基板の裏から攻めることにしました。



Rimg04451 裏からバコバコ叩いてたら先に放熱板が曲がって外れてしまいました。更にバコバコやってたらLED基板も外れましたが、予定よりボロボロになってしまいました。LED基板は縁部分のみヒートシンクに乗った状態で接着されていました。

Rimg04602 コンバータの出力は400mA程度で、4.8~6.5vくらいの入力ではほとんど変化しないため、定電流型の降圧コンバータになっているようです。基板上の部品をちょっと変更することで出力を変化させることができるようですが、今回はその辺はいじりません

 追記:リチウム単三使用は要注意です
 初期電圧が1.8v程度のリチウム単三新品4本を入れたところ、激しく点滅しました。電圧低下に伴い点滅が遅くなり通常点灯になりましたが、よろしそうな雰囲気ではありません。ノーマルの方はエネループで運用することにして、改造した方はそのままリチウムを使い続けてみましたが、毎回点灯する度に点滅を繰り返し、遂に点灯しなくなり壊れたようです。

Rimg04481 LED基板をこじってたらヒートシンクの縁もガタガタになってしまったため、段差部分を削り取り、内部も固着した接着剤ごと軽く削って綺麗にしました。


Rimg04491 新しいLED基板を乗せるためのパーツを製作しました。底面はヒートシンク内部のフィンにピッタリ接するようにしてあります。



Rimg04501 当初の予定通りXM-Lのニュートラルホワイトを乗せてみました。データシートではT6ランクは700mAで280lm、400mA程度で約65%らしいので180lm前後でしょうか。ちょいと点灯してみましたが、何だか面白くないし、良玉の使い道としてはちょっと勿体無い気がするので次行きます。

Rimg04631 変なムラが出るため使いづらいXT-Eが転がってたので3個使いました。集光しなければ綺麗な白色で明るいため、こういった用途には最適です。(^^) R5ランクは350mAで139lm、並列3発400mAの1個当たり約135mAでは約50%らしいので約70lmx3となり、都合良く計算すると200lmを超えてくるはずです。コンバータ出力は同じ400mA程度ですが、LED1個当たりの負荷が減るので健康上もよろしい予定です。

Rimg04841 スペック上で倍近い差となると比べてみたくなるもんです。早速もう1個購入し、比較します。ノーマルの電球色は見慣れたCREEのニュートラルホワイトに比べるとややピンクっぽく見えますが、癖も無く良い感じです。日亜のパワーLEDも良い感じに進化しているようです。(^^)

Rimg04831 続いてXT-E3発仕様。見た目には期待値ほどの変化は無いようです。もっとも、集光したライトでさえ倍のルーメン値でも大した差に見えないので仕方ないことかもしれません。
 と思ってましたが、やはりだいぶ明るくなっているようです。(後日談)

Rimg04911 同じ撮影条件で700lmのSC600にシェードを乗せたものを撮ってみると、流石にコレは文句無く明るい。

|

« INOVA X5 & X1 | トップページ | Black Shadow™ Queen »

コメント

震災以降、LEDランタンも買わなきゃな~と思いつつガスランタンはあるし、懐中電灯も普通の家よりはあるwということで忘れていました。
私もジェントスのランタンは777が一番良いかなと思っていましたが少し幅取るのがネックでしたが、こちらはサイズ的にも電池も単三でよいですね~ 
オレンジ色も大好きなんで買いますw

投稿: バスウ | 2012年8月11日 (土) 03時28分

バスウさん:
コストパフォーマンスは素晴らしいですね。保存用にいくつか買っとこうかしら。(^^)

投稿: カトキチ | 2012年8月11日 (土) 18時46分

情報ありがとうございます!

ランタンというのは特に強い興味がありheart02
分解できる&お手頃価格との事なので、買いました。
今から夏休みの工作(分解~破壊??)します(^^♪

投稿: wing | 2012年8月13日 (月) 12時15分

wingさん:
我慢できずに600mAくらいまで上げちゃいました。目が痛いです。impact

投稿: カトキチ | 2012年8月13日 (月) 17時28分

暖色のランタンをワザワザ白くしてなにがしたいの?

投稿: | 2013年6月13日 (木) 23時41分

安く買えて本体色が好きなオレンジでしたので。(^^)
初めから中身変えて遊ぶつもりでしたので、元のLEDは暖色・白色どっちでも良かったのです。

投稿: カトキチ | 2013年6月14日 (金) 16時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/55395763

この記事へのトラックバック一覧です: GENTOS EX-1977IS:

« INOVA X5 & X1 | トップページ | Black Shadow™ Queen »