« Olight S10 Baton | トップページ | L2Tが変わったらしい »

2012年9月11日 (火)

Solarforce M3

Rimg05651 全国1億人のSolarforceファンの期待に応え、M3ヘッドを購入してみました。径に対してもっと長い印象がありましたが、ちょうど良いバランスに感じます。仕上がりも綺麗で大変よろしいです。


Rimg05611 M3ヘッドとL2Tボディのセットを注文したところ、L2T用ヘッドも付いてきました。と言うより、箱入りのM3とブリスター入りのL2Tが届きました。ヘッドのボリュームに合わせ、スイッチはS8を使っています。普通サイズのスイッチだと少々頭でっかちな感じになります。

Rimg05371 テキトーなモノと並べてみました。左より、L2T、C8(のようなもの)、M3、M8となっています。スイッチがデカイので大きく見えますが、C8と同程度といった感じです。


Rimg05451 LEDはXM-L、リフレクタはスムーズタイプ、レンズはコーティング済みとなっています。L2系のステンレスベゼルは仕上がりがイマイチのものが結構ありますが、こちらは十分綺麗に出来ています。今のところ違うLEDやOPリフといったものは無いようです。

Rimg05381 ヘッドのサイズもC8と同じくらいです。リフレクタもC8と同じ程度の径ですが、奥行きはだいぶ深くなっています。C8にはOPリフを入れているため直接の比較はできませんが、一段と集光するように感じます。

Rimg05341 ステンレスのベゼルは簡単に外せ、中身も簡単に出てきます。リフレクタにはフィンが切ってあり、放熱性能を上げているようです。



Rimg05351 リフレクタにねじ込んであるモジュールも簡単に外せます。コンバータはおそらく制御基板と接点基板の2層構造で、固定が強力そうなので外すのは厄介かもしれません。4V程度で簡単に出力を測ってみたところ、High-約1.55A、Mid-約630mA、Low-約70mAとなりました。電源電圧によって変動があるタイプのようなので、参考程度ということで。Low側がパルスでないのは良いですが、ハッキリと聞こえる高周波音が少々気になります。
 そのままだとM8と似たような状態になるため、こちらはニュートラルホワイトに変更しました。

Sfm3 サイズ比較の4本で適当に同条件撮影したものです。M8ほどタイトなスポットではありませんが、OPのC8よりは遥かに集光しているのが分かります。


Rimg05671 取り付けは一般的なL2系サイズですので、1セル用のMiniボディにも使えます。あまり使いやすそうな感じはしませんが、嫌いじゃないです。(^^)


Rimg05581 10/15追記:ドロップイン互換で使える上になかなかカッコ良いので気に入っていますが、スムーズタイプの鏡面リフレクタに少々汚れがあるのと、やはりOPリフの方が好きなのでどうにかならんかと思いMcR38を合わせてみたところ、行けそうなので入れてみました。ついでに元のモジュールは元のリフに付けたまま保管し、変わりに新しいものを作って装着しています。ドライバは7135x6の2.1Aくらいにしました。見た目と照射が好みになって気分がよろしいです。(^^)

|

« Olight S10 Baton | トップページ | L2Tが変わったらしい »

コメント

一億人宛のReview、お疲れ様でした。
リフレクタにフィンとは...ユーザーの心を突いてきますねSolarforce。

投稿: exfmthats | 2012年9月11日 (火) 19時39分

exfmthatsさん:
M3ヘッドは良い物なんですが、一緒に来たL2Tボディが何か変なので問い合わせ中。
M3が付いてる方、平面部両脇のラウンド部の幅が左右で全然違うんですよね。通常は正方形断面になるはずなんですが菱形になっちゃってます(2枚目の画像はちゃんとしたボディを使ってます)。

投稿: カトキチ | 2012年9月11日 (火) 22時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/55632858

この記事へのトラックバック一覧です: Solarforce M3:

« Olight S10 Baton | トップページ | L2Tが変わったらしい »