« Preon P0 Spark SK7 Klarus Mi10 | トップページ | Fenix TK75 »

2012年11月24日 (土)

MT-G2 in UltraFire HD2010

Rimg01181 MT-G2を入れるために購入したHD2010が届きました。初めから期待していないので裏切られることもないですが、通常の安中華クオリティで届きました。元祖?のUltraFireだからといって特に質が良いわけでも無さそうなので、他のブランドから出ている同じものでも似たようなもんだと思われます。

Rimg01191 リフレクタは大きな傷や汚れは無く、問題無さそうです。レンズもただのガラスですが、特に問題があるといったようなことは無さそうです。LEDのドーム表面が擦れたようになっていて、再利用は厳しい感じです。

Rimg01161 サイズ的にはそれほど大きなものではありませんが、26650を入れる都合上、ボディが太めになっています。



Rimg01121 SHARK2枚重ねのコンバータユニットが入りきるか不安がありましたが、テールキャップが想定外に分厚い構造になっていて非常に助かりました。


Rimg01331 電池の径に合わせてテールキャップ内を掘り下げスペースを確保しています。スイッチは使い慣れたフォワードタイプに交換しています。


Rimg01251 余裕のできたスペースギリギリまで使うような形状でヒートシンクを製作しました。元に比べてかなり容量アップしていると思われます。コンバータモジュールも余裕を持って収めることができましたが、LEDへの配線とリフレクタ裏側のクリアランスが非常にタイトで、場合によってはショートしそうな感じです。とりあえずテスト点灯させるために組み立てましたが、後でリフ裏側を少し削っておこうと思います。

Rimg01281 リフレクタの穴がMT-G2のドームサイズとほぼピッタリでしたので、無加工で装着できました。中心部に僅かなモヤモヤが見られますが、それほど気になるものでもなく、ボチボチ具合良く完成しました。

Xmlmtg21 20mくらい先の木を照らし、手持ちで一番明るいM8(XM-L U2 2.8A)と比較してみました。色合いはニュートラルホワイト相当で、やはりスポットは出辛くワイドに明るい感じです。室内でのテストではあまり明るい感じはしなかったものの、暗い外で使ってみるとそれなりの明るさは出ているようです。

|

« Preon P0 Spark SK7 Klarus Mi10 | トップページ | Fenix TK75 »

コメント

相変わらず見事な仕上りですねぇ。(^^)
ワイドな配光ですが、全体の光量はかなり多そうですね。

投稿: yahi | 2012年11月24日 (土) 22時08分

yahiさん:
テール電流で軽く4A超えますので、スイッチのスプリング等でロスが出るのか、Rimoraの動きがやや不安定な感じです。
もう少し安定して使えるようにしたいところですが、殻がUFレベルだと、やる気の維持が問題です。^^;
Solarforceくらいの出来だと良いのですが・・・

投稿: カトキチ | 2012年11月25日 (日) 00時17分

照射レビューありがとうございますカトキチさん。
想像以上にワイドなパターンです...仕上がりがそこそこで、大きなリフを積んだライトって中々無いですよね...完成体が待ち遠しいです。

キズだらけですが...車に放置してあるFeiLong 2D80でしたらいつでも御提供出来ます

投稿: exfmthats | 2012年11月26日 (月) 10時48分

exfmthatsさん:
通常より大き目のリフを使いましたが、LEDがそれ以上の比率で大きくなっているため、予想通りの結果となりました。
このクラスの玉を使う場合、やはりもっとデカイ殻に電池いっぱい入れた方が良さそうですね。

お申し出はお気持ちだけ有難く頂戴致します。(^^)

投稿: カトキチ | 2012年11月26日 (月) 22時13分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/56182410

この記事へのトラックバック一覧です: MT-G2 in UltraFire HD2010:

« Preon P0 Spark SK7 Klarus Mi10 | トップページ | Fenix TK75 »