« Fenix TK75 | トップページ | EA4を開けてみた »

2012年12月11日 (火)

Nitecore EA4

Rimg01391 ちょっと面白そうだけど買う気満々というほどではなく、ebayの出品にテキトーに入札しておいたら落札しちゃったので購入しました。基本的にはシンプルな円柱で、スイッチの僅かな出っ張りもストッパーとしてはあまり役立たず、際限無く転がるタイプです。無駄にゴテゴテしていないあたりは個人的には好ましいです。

Rimg01371 4AAを入れる都合上やや太めではありますが、両サイドが平面になっているため意外と持ちやすく、スイッチの位置も具合良く手に馴染みます。


Rimg01521 スイッチは縁部分も含め一体の半透明ゴム製となっています。奥の方でうっすらと青LEDがチカチカしていますが、明るい環境では良く見えません。スイッチ操作は2段階となっていて、1段目は無音の軽い操作ですが、2段目はプチカチ音を伴う固めの操作感となっているため、意図せずに2段目まで押してしまうようなことは無さそうです。

Rimg01401 出品にはクールかニュートラルか明記がなく、どっちでもいいので問い合わせもせずどちらが来るか分かりませんでしたが、クールが届きました。アピールポイントの一つであるらしいリフレクタはスムーズタイプですが、目立つムラも無くスポットも綺麗に出ていて大変よろしい感じです。

Rimg01441 テールキャップの十字形状にはパラコードをそのまま通せるサイズの穴がありますが、この形であれば使う使わないは別として穴は4箇所あった方が良いような気がします。


Rimg01451 テールキャップ内の基板は自由に回転しつつも中心のストッパーによって脱落することはありません。また、バネが電池に当たるより先にガイドピンがボディの穴に入るため、取り付けもスムーズにできて良い感じです。

Rimg01461 ネジ部分は角ネジになっていて、ボディとテールキャップどちらもアルマイト皮膜があるためネジの耐久性は高そうです。



Rimg01551 電池室の奥に見える端子部分は、スイッチを上にした時下側になる方が基板への入力となっています。ターボ時にどれくらい消費するか、安定化電源の電流値読みという簡単なレベルで見てみたところ、6Vで約2.1A、4.8Vで約2.7Aでした。ターボは3分でHighに落ちるようですが、アルカリでのターボ常用は厳しいかもしれません。

Rimg01541 アルミのモノブロック削り出しで軽いのもアピールポイントらしく、エネループを4本入れて約260g、リチウムAA4本だと約220gとなっています。中身入りの缶コーヒーは約210gでした。近い条件で比べる対象を持たないので軽いのか重いのか分かりません。

Rimg01481 ケースが付属しています。




 Ea4 大して参考にならないと思いますが・・・ XP-G2はドロップインサイズのOPリフに組み込んだものです。


 購入動機がテキトーだった割りに思ったより良い感じのものでなかなか気に入りました。(^^)

|

« Fenix TK75 | トップページ | EA4を開けてみた »

コメント

eneloopに大統領...これは難しいです、また寸法を聞かざるを得ないかもしれません。

テールの構造を気にしていたのですが良く考えられていたのですね。

投稿: exfmthats | 2012年12月11日 (火) 20時58分

やはりエネループだと少々重いのでリチウムAAを入れておくことにしました。
使い方は理解しましたが、いくつか説明書と違う動きが見られますね。
壊れてはいないと思うんだけど・・・

投稿: カトキチ | 2012年12月12日 (水) 20時28分

オーストラリア在住の日本人です。こっちでは珍しいライトマニアです笑
昨日オーストラリアで記念すべき10個目のライトを買いました。それがこのEA4でした、ほぼ毎週行くキャンピングショップにて。。。今までシュアやLED Lenserなど大手は結構もってましたが、中国のものには手を出してはいませんでした。そこで最近気になって見てみると”このサイズでこの明るさ”っと思い一つ買ってみることにしました。昨日早速帰ってエネジャイザーの単3リチウムを購入、試してみるとやはりかなり明るい!のもつかの間ターボモードで2分も持たずにLEDが消えました。そこでもう一度つけて見ようと思ったら一切つかない笑 完全に壊れました。そこでまた今日交換してもらって新しいのが手元にあるのですが。日本の取説は知りませんが、リチウム電池(L91)にはrecommendedの文字がないことに気づきました。確かに初期電圧が1.6v-1.7v近くあるのは知ってましたが。。。これが原因かはわかりませんが。。。。
確か数年前にジェントスのCR123を二つ入れるスーパーファイアに当時まだシュアからは出てなかったK2enegy社(現シュア純正)のLFP123(3.2v)を入れたときにまったく同じ感じでLEDがつかなくなったのを覚えてます。多分オキシライドほどではないものの、その0.1ないし0.2vが直列によって0.4v増しになるわけで。電池を入れてすぐにシグナルが6回と4回か5回光ったのを覚えてます。メーカーはそれを知っててRecommendedと書かなかったのかはわかりませんが。もう少しサービス面よくしていただきたいものです。取説にはこう書いてます。
Primary AA battery 1.5v - Yes (Recommended)
Rechargeable AA battery 1.2v - Yes (Recommended)
Primary AA Lithium battery 1.5v - Yes
Primary LiFePO4 battery 3.2v - No (Banned)
Rechargeable Li-ion battery 3.7 - No (Banned)

今後リチウム単三にはちょっと自分は気をつけます。

投稿: けんしろ | 2014年4月 3日 (木) 15時01分

けんしろさん:
「Yes」なら許容範囲内でしょうから壊れると困りますね。その他にもスイッチのブーツが溶けるとか吹っ飛ぶとか報告があるようです。
とにかく交換してもらえたようで何よりです。(^^)

投稿: カトキチ | 2014年4月 3日 (木) 20時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/56299126

この記事へのトラックバック一覧です: Nitecore EA4:

« Fenix TK75 | トップページ | EA4を開けてみた »