« Boker Plus Gnome | トップページ | Zebralight SC52 »

2013年2月17日 (日)

Boker Pry-Mate

 以前購入した「Pry-mini」と同じくゾーリンゲン製BokerのPry-Mateです。購入したのは半年ほど前でしたので、現在の円基準に比べるとだいぶ安く済みました。(^^)

Rimg02921 気に入っているMiniとほぼ同じ形で一回り大きくゴツくなっています。Miniの良い部分が更に拡大された感じで、これまた非常に気に入りました。(^^)


Rimg02931 刃厚7mmのフルタングがステキな雰囲気です。全体の作りもMini同様、キッチリしていて大変気持ちの良いものです。



Rimg02961 Miniのスッキリしたラウンド状と異なり、ハンドルには凹凸が成形されています。一回り厚く大きくなっている分、成形が手指のフィット感に貢献しているようです。


Rimg03041 板の厚さは7mmありますが、先っちょは随分と薄くなっています。




Rimg03031 カイデックス製の面白味の無いシースもMiniと一緒です。




Rimg03001 Miniの具合が良かったおかげで結局3点揃ってしまいました。(^^)



 ドイツ語で何言ってるのか分かりませんが、見やすい画像がたくさんあるので興味のある方はこちらもどうぞ。

|

« Boker Plus Gnome | トップページ | Zebralight SC52 »

コメント

このサイズまでくると、もはや包丁。

でもというか、触ったことはありませんが、押しつけて断つにとてもよく考えられたカタチをしているように見えます。刃が短くてもできるだけ力を掛け易く、かつエッジ全体を均一に使えて。みたいな。

良さそうですね(^^)

投稿: 川端 | 2013年2月19日 (火) 11時56分

フルタング刃厚7mmは痺れますね!
同じリボルバーの銃身長違いを見るようで、コレクションとして楽しいですね。

投稿: バスウ | 2013年2月19日 (火) 20時23分

これらのナイフのデザインは気に入っているのですが、Pryの意味するところが分かりません。
タングの厚みは厚いですが、ホローグラインドでエッジ部分は薄いですよね。先端がチズルになっているわけでもないし。
こじったら刃が欠けそうな気もします。
どうゆう用途でしょうか。

投稿: ひまぱのぱ(p.himapa) | 2013年2月19日 (火) 21時32分

川端さん:
機能的な部分は実際ハードに使うことはほとんど無いので良く分かりませんが、シンプルな形とカッチリした作りは大変よろしい感じで気に入ってます。(^^)

バスウさん:
7mmという厚さに意味があるのかは分かりませんが、歪み無く通っている分厚いラインがたまらんです。

ひまぱのぱさん:
>どうゆう用途でしょうか。
その辺は良く分かってません。普通に小包丁的に使えれば良いかなと。確かに無意味っぽい厚さですが、薄かったら購入していませんし、厚さもデザインの一つにしているのではないでしょうか。

投稿: カトキチ | 2013年2月19日 (火) 22時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/56786497

この記事へのトラックバック一覧です: Boker Pry-Mate:

« Boker Plus Gnome | トップページ | Zebralight SC52 »