« TK75を開けてみた | トップページ | SEIKO 防災クロック »

2013年3月23日 (土)

EA4とTK75

Rimg00421 中身をいじって遊んでいたら壊れてしまい、不完全燃焼のまま終わってしまったEA4の2個目を購入しました。発売当初のモデルから少し改良されたようで、待機時のスイッチ点灯が旧型は2秒点灯2秒消灯くらいでしたが、新型は約3秒に1回の瞬間点灯に変わり、消費が大幅に少なくなったようです。
 また壊したら今度はEA8を買ってやるくらいの決意をもって再び分解し、スイッチLEDを同じく赤に変え、ついでに元のXM-LもXM-L2に交換しました。とりあえず現状では快調に動いているようで、もうやることも無いし、壊れるまでこのまま使う予定です。

Rimg00461 スイッチの点灯以外でも少し変わった部分が見受けられました。フィン部分の溝や厚さが少し変わり、タケノコのような彫りもサイズが変わっています。左が新型で、タケノコが小さくなっています。


Rimg00451 テールキャップも少し厚くなっています。この辺の差は新型になって変わったのか、製造ロットか何かの個体差かは不明です。



Rimg00441 LEDはXM-L2のU2ランクを使ってみました。光色は1Cということなのでスポット周辺はやや緑っぽくなりますが、それほど気になるレベルではなく、サイズの割りに明るいという部分を優先させました。


Rimg03351 続いてTK75。元のXM-Lは光色1C辺りでしょうか、スポットの効いたスムースリフで集光すると緑っぽくなっていました。分解ついでにニュートラル3Cを使ってみたところ黄味が激しくすぐ元に戻したわけですが、その後注文しておいたクール0Dが届いたのでまた付け替えてみました。今度は大成功。青っぽくなることもなく、LowからHighまで気持ちの良い白色になりました。明るさランクはT6ですが、XM-L2のT6はXM-LのU2同等以上の明るさらしく、色合いが大きく改善し、見た目にも新しい感じがして大変具合良くなりました。(^^)

|

« TK75を開けてみた | トップページ | SEIKO 防災クロック »

コメント

TK75、完成おめでとうございます!

EA4、いくつもバージョンが出てきますね。カトキチさんが最初に買った点滅の遅いタイプ結構好きです。
自分のは2番目のバージョンだとは思いますが...ステンレスベゼルが最後まで締まらないのが気になっています。

投稿: exfmthats | 2013年3月28日 (木) 18時09分

exfmthatsさん:
TK75は色調0Dとの相性が予想以上で大変具合良くなりました。(^^)

EA4は以前購入したものも今回購入したものもベゼルはピッタリ閉まりませんね。
不安定なチャッキングで少し削ってピッタリにしましたが、そのままでも良かったかもしれません。
浮いている分、衝撃が直接ボディに伝わらないようになっているというような説明をCPFで見た覚えがあります。何となく都合の良い解釈のようにも思えますが・・・

投稿: カトキチ | 2013年3月28日 (木) 21時10分

はじめまして。
EA4W(ニュートラルホワイト)を購入しました。
どうやら2代目のようで、スイッチのインジケータは3秒に一回光るタイプ。テールキャップも分厚いものでした。
ただしタケノコ彫りは深いです。この辺は個体差かもしれませんね。

投稿: | 2013年3月29日 (金) 15時39分

初めまして。コメント有難うございます。

やはり個体差があるようですね。タケノコはどちらでも良いですが、スイッチ点灯の変更は正解だと思います。チョロチョロ遊びつつロックアウトせずに1週間経ちましたが、エネループ4本で5Vをキープしています。(^^)

投稿: カトキチ | 2013年3月29日 (金) 19時05分

EA4のLEDチップの乗せ換えに挑戦した時のアドバイス

U2 → U3 or XML2T6(U3)へ
基板20mm 厚さ1.6mmのスターを使用
ルーメンにして20ぐらいアップ(実際の見た目はほとんど変わらない)
後で述べますがリフレクターとの形の関係で20mm以下に基板を小さくすることは難しいと感じました。
1、リフレクタと基板が接する部分が大きく、標準の20mmを乗せ変えた後、基板の+-の配線をつける部分にリフレクタのそこの部分が接触する。レンズを完全に閉めるとそれが出てショーするかどうか知らないが光が消える。緩めるとつき始める。
基板の+-の部分にリフレクタが接触しないように絶縁する対策が必要。
しかし、リフレクタは放熱も兼ねているので完全に遮断するのはよくない
2、今回使用した20mm基板が最初についているものより厚いためレンズが標準のように完全には閉まらなくなる。

最初からついていた基板は見たこともない形で大きい。
厚さも薄い。

手間はかかるがこの基板にledチップを実装すれば上手くいく。
そこまでの技術はないので諦めた。

U3 or XML2T6(U3)チップは、ヤフオクzaco_meganeさんに行けばあります。
実際に自分はそこで買いました。

投稿: コクブン | 2013年4月24日 (水) 17時26分

コクブンさん:
内部パーツの位置関係は純正基板の厚さに合わせて決められているようですので、
基板を厚いものに交換すると各部品に掛かる圧力負荷が増えると思われます。
エミッタ単体を基板に付けたり外したりするのは慣れれば難しくないですし、
改造作業の幅も拡がりますので是非チャレンジしてみてください。(^^)

投稿: カトキチ | 2013年4月26日 (金) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/57018951

この記事へのトラックバック一覧です: EA4とTK75:

« TK75を開けてみた | トップページ | SEIKO 防災クロック »