« Nitecore SRT3 | トップページ | Spyderco Techno »

2013年7月21日 (日)

Buck Vantage Pro

Rimg01271 ちょっと前、画像で見かけてなかなか良さそうに見えたBuck社製Vantageを購入してみました。数年前に購入したツール系のX-Tractはイマイチな感じの中国製でしたが、こちらはアメリカ製となっています。大小2サイズ、鋼材とハンドル材の違いで3グレードあるようですが、サイズは小さい方、グレードは上級のProにしました。ebayで55㌦くらいだったので、それほど高価なものではありません。

Rimg01201 ハンドル材はCNC加工されたG10とのことで期待していましたが、切り出しのエッジがそのままだったり、ライナーとのチリが合っていなかったり、なかなかアメリカ的大雑把な感じでした。一度分解し、ガリガリ削ってチリを合わせ、ロックの掛かりやテンションも調節したところ、だいぶ具合が良くなりました。

Rimg01131 全長は155mm程度で、ブレードの形や全体のバランスは好みに合っていて期待通りでした。フリッパーは便利だと思うものの、出っ張りが大きいものはあまり好きじゃありませんが、この程度であればほとんど気になりません。(^^)

Rimg01161 Proの鋼材はS30Vとなっています。BOSとあるのは焼き入れのブランドのようなものらしいです。比較的高価なものに使われることが多い鋼材のようですが、この価格ならお得な感じがします。グラインドや刃付けは問題無く良好でした。

Rimg01221 クリップはお尻にネジ止めされているため、向きを変えるだけで左右どちらでも使えます。また、使わないネジ穴が残るということが無いのも良いところです。ネジは全てT6サイズのトルクスとなっていますが、レンチは付属していません。

 箱を開けてちょっと観察した時点では大雑把でイマイチな感じもしましたが、あれこれいじっているうちに具合が良くなってきて、なかなかお気に入りとなりました。(^^)

|

« Nitecore SRT3 | トップページ | Spyderco Techno »

コメント

繊細で美しい。みたいな、なんちゅーか、刃物的耽美?感はともかく。
刃形、機構、各材質。あと価格帯。たぶんどこをとってもガッチガチのユーティリティで、恐らくガシガシ使えて、かつ研ぎ易い。

実用的な良いカタチなのではなかろうか?みたいな気がします(^^)b

投稿: 川端 | 2013年7月23日 (火) 07時27分

川端さん:
工作的にもなかなか楽しめましたし、フリッパーを弾いてチャキチャキ遊んでいるうちにだいぶ滑らかになってきました。これは思った以上に使いやすそうです。(^^)

投稿: カトキチ | 2013年7月23日 (火) 22時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/57838202

この記事へのトラックバック一覧です: Buck Vantage Pro:

« Nitecore SRT3 | トップページ | Spyderco Techno »