« Buck Vantage Pro | トップページ | ストーンウオッシュをやってみる »

2013年8月11日 (日)

Spyderco Techno

Rimg03471 スパイダルコのTechno(テクノ)です。Tenchoではありません。刃物関係を見ていると、頻繁にストーンウォッシュという処理が出てきます。バレル研磨だろうということは分かりますが、実際にどんな感じになっているのか、チタンのハンドルとブレード共にストーンウォッシュ仕上げのTechnoを購入してみました。

Rimg03601 サイズは15cm程度と、ドラゴンフライと比べてもあまり差がありませんが、素材と形から意外と大きく感じ、ズッシリしています。あまり好みではない形だと思っていましたが、触ってみると意外に悪くないようです。

Rimg03511 チタンの板にキッチリ挟まれた厚手のブレードや・・・




Rimg03611 カッチリしたロック周辺などは非常に良い感じです。




Rimg03791 穴の縁や内壁も綺麗に処理されて、指を突っ込んでも引っ掛からず痛くなりません。(^^)



Rimg03831 作っているのは台湾です。中○と違って台湾製品は良い物が多いので安心です。



Rimg03571 鮮やかな青いバックスペーサーが目立ちます。このモデルの特徴の一つというのは分かるものの、どちらかというとモノトーンを好みますので、いつでも元に戻せる範囲内でちょっとアレンジしてみます。


Rimg03721 テキトーなチタン材でスペーサーを製作しました。ハンドルの穴にピタッと嵌るようにしてあるため、組み立てる時に両ハンドルがキッチリ位置決めできるようになっています。


Rimg03661 だいぶスッキリしました。(^^)飽きてきたら元に戻そうと思います。

|

« Buck Vantage Pro | トップページ | ストーンウオッシュをやってみる »

コメント

スペーサーはチタンなんですね。
さらっと作っちゃうところはさすがです!

投稿: バスウ | 2013年8月11日 (日) 23時50分

バスウさん:
鮮やかな色合いでもオレンジだったらそのままにするんですけど・・・
黒く染めようかとも思いましたが、元の青には戻せなくなりますし、金属感アップという方向でアレンジしてみました。(^^)

投稿: カトキチ | 2013年8月12日 (月) 20時31分

いつも楽しく拝見させて頂いております。
今回もお見事。スバラシイ。
何故にアオ?どうして最初からそうしない?
そう思える程の完成度であるとお見受けしました。

投稿: szk1970 | 2013年8月19日 (月) 23時41分

szk1970さん:
有難うございます。(^^)
この鮮やかな青にはデザイナーの強い意志を感じてしまいますね。
いつか理解できるかもしれないので染めたりせずに元に戻せるようにしておきましたが、今のところ自作スペーサーでキチッと組むのが良いみたいです。(*^^*)

投稿: カトキチ | 2013年8月20日 (火) 01時21分

チタンフレームのナイフでもスペーサーまでチタンで製品化してるメーカーさんはないですよね。スペーサーを自作できるとは羨ましいです!

投稿: 自転車屋ダン | 2013年9月 1日 (日) 22時49分

小さな部品ならステンもチタンも難易度は大して変わりませんし、たまたま細いチタン棒があったのでそれを使ってます。せっかく旋盤があるので使わないと。(^^)

投稿: カトキチ | 2013年9月 2日 (月) 20時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/57966087

この記事へのトラックバック一覧です: Spyderco Techno:

« Buck Vantage Pro | トップページ | ストーンウオッシュをやってみる »