« ヤザワ ステンレスラバーライト | トップページ | Zebralight H31Wを開けてみた »

2013年10月24日 (木)

TX-099に510HSを入れてみた

 10月も半ばを過ぎたのに台風が続々発生する中、備えがヤザワ ステンレスラバーライトでは心もとないので、殆ど使っていないTX-099に日亜510HSを入れてみることにしました。

Rimg05071 TX-099のレンズは擦り傷の入ったプラ製で、それが使っていない理由のひとつでした。サイズも約23.5mmと中途半端で、ミニマグ用22.5mmでは小さくてパッキンに均等に乗せるのが難しいため、元のレンズと同じ大きさで砲弾LED用の台座を作り、ミニマグレンズと同じ厚さ分掘り下げています。こうすることでパッキンに均等に乗り、防水性能も問題ないレベルになりました。

Rimg05081 コンバータはDXの25505を使っています。20mAx7発で約140mAの出力にしていますが、この程度ならアルカリAA1本でもキッチリ定電流駆動できるようです。ベース部分はGNDを兼ねるためアルミで製作し、できるだけ軽くなるよう中を大きくくり抜いています。

Rimg05091 LED部分とコンバータ部分を合体し、中身ができあがりました。電池を繋げば動きますのでテストしたところ、期待通り拡散した柔らかい照射になりました。出回り始めた頃はかなり期待して購入したものの、500GS-K1の15°に比べて30°ではいまいちインパクトの無い明るさでしたが、手元用に都合良く使い道ができました。

Rimg05101 Lowのパルスや操作感がイマイチだった元の中身を取り出し装着したところです。今回はスペース的に大きな余裕があったため非常に簡単にサクサク進めることができました。(^^)


Rimg05121 ヘッドのカバーを取り付けて完成です。やはりスッキリ透明なコーティングレンズは大変気分がよろしいです。20mm程度の口径に5mm砲弾を使う場合、中心1個に周囲6個の7個が一番バランス良く見えると思ってます。

Rimg05131 従来の日亜砲弾に比べると黄色がハッキリ濃く見えます。横から見ても発光体の面積が大きいので、同じ砲弾レンズでも照射角が大きくなってしまうものと思われます。
 シンプル操作の使いやすい手元灯ができあがりましたので、工具箱に入れておくことにします。(^^)

|

« ヤザワ ステンレスラバーライト | トップページ | Zebralight H31Wを開けてみた »

コメント

ヤザワの....何処か再利用出来たのでしょうか(笑)
近年照射パターンがどのような感じか予測しか出来ませんが、至近距離では無敵な感じがします!510HSはSUNWAYMAN R01Aに入れて、程々に集光していて好きになった砲弾です。

投稿: exfmthats | 2013年10月24日 (木) 11時01分

ヤザワ先生から取り出した中身は放置パーツ入れの中に入っています。多分使うことは無いと思いますが・・・
500GSよりは色ムラが少なく、至近距離でも眩し過ぎず手元用には使いやすいですね。

投稿: カトキチ | 2013年10月24日 (木) 16時09分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/58442687

この記事へのトラックバック一覧です: TX-099に510HSを入れてみた:

« ヤザワ ステンレスラバーライト | トップページ | Zebralight H31Wを開けてみた »