« Zero Tolerance 0770CF | トップページ | 磁性チェッカーとベアリングスイベル »

2014年7月 2日 (水)

Fenix HL50

Rimg00241 何を買っても大きくハズレということが少ないFenixから、ちっこい横向きが出たので早速購入しました。とりあえず簡単に操作を試したところ説明書通り動きましたが、点灯中からのバースト移行では一旦消えてからのバースト再点灯となります。消灯・点灯いずれからも1秒以上の長押しでバースト点灯しますが、点灯中の場合は「0.5秒長押しでOFF」を経由するため一旦消えるようです。基本的にはスイッチも押しやすく難しさの無い簡単快適な動作となっています。

Rimg00171 高さがH31より僅かに低く、雰囲気も似ているのでなかなか可愛らしいです。全体の作りや表面仕上げも大変よろしい感じです。


Rimg00311 背面にもロゴ部と同じ平面削りがありますが、これは無くてもよい気がします。ヘッド後ろにはしっかりした太目の溝が3本入っています。


Rimg00201 AA用のアダプタを装着するとH51と同じくらいになります。この形で運用する場合、現行のゼブラを選ぶ方が良さそうです。


Rimg00231 LEDはXM-L2、Fenixには珍しくニュートラルホワイトです。3C辺りの色合いでしょうか、やや黄色味を感じますが許容範囲内といった感じです。リフレクタはかなりちっこく、それゆえスポットも緩めです。

Rimg00221 キャップネジ部分はピッチが小さい上にアルミ地のままなので、やや磨耗に弱そうな感じがします。また、キャップ内側のネジ部分もアルミ地のため、少し緩めてロックアウトという使い方はできません。

Rimg00291 ヘッド部プレート4隅のT5トルクスネジを外すとリフレクタまでは簡単に出てきます。Fenixには珍しくレンズ掃除やLEDの交換も簡単そうです。(^^)


Rimg00281 スイッチカバーは15mm程度と中途半端なサイズですが、一般的な14mmカバーも少々小さいものの特に問題無く使えそうです。


Rimg00321 頭に付けて使う予定は無いのでホルダーの良し悪しはどうでも良いですが、このようなステンレス製らしいものが付属しています。磁石チェックしたところ、プレート部分は僅かな反応しか無く、ホルダー部とリング部はしっかり付いたので鉄メッキかもしれません。雑に付け外ししていると本体に擦り傷を付けそうです。

Rimg00341 万一このホルダーが気に入った場合、ゼブラにも使えます。



 説明書的にはRCR123が使えなかったり、その割りに待機電流回避のロックアウトができなかったり、道具として見た場合はゼブラH31より優れている部分を見つけるのは難しそうですが、小さくてカワイイからそれで良いのです。

|

« Zero Tolerance 0770CF | トップページ | 磁性チェッカーとベアリングスイベル »

コメント

お写真、ありがとうございます。バッテリーチューブの具合いかがでしたか?

投稿: exfmthats | 2014年7月 2日 (水) 19時40分

1AA用のチューブはアルミ製のアダプタに内径調節用の樹脂製チューブが刺さっているものでした。問題無くエネループで使えますがカッコ悪いです。

投稿: カトキチ | 2014年7月 2日 (水) 22時08分

これ気になっておりました!
あれっ?最後の写真は?w

投稿: バスウ | 2014年7月 4日 (金) 01時29分

バスウさん:
これ、ゼブラH31を持ってない場合は結構良いかもしれません。サイズ的にはちょうど良くカワイイですし、作りも操作も特に不満はありません。Sunwayのヤツよりはずっと良い感じです。

投稿: カトキチ | 2014年7月 4日 (金) 22時27分

ありがとうございます。
ゼブラは3本ほど持ってまして悩みどころです。
デザインも嫌いじゃないので(~_~;)
近所の川への夜釣りではFENIX HL10 LED HEADLAMPあたりが一番実用的なんですよね。

投稿: バスウ | 2014年7月 5日 (土) 18時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/59916154

この記事へのトラックバック一覧です: Fenix HL50:

« Zero Tolerance 0770CF | トップページ | 磁性チェッカーとベアリングスイベル »