« XP-Lをチョロッと観察 | トップページ | 超高演色LEDを試す »

2014年8月27日 (水)

Gentos Q400

Rimg00221 我らがGentosから新しく1AAAが出たので、貯まっていたヨドバシポイントを活用して入手しました。スッキリしたシンプルな形でネジやOリングの調子も良いし、殻の部分は思ったよりよろしい感じです。


Rimg00241 何故かテールキャップが外せる3分割構造になっています。テール側はネジ部分で導通するためテール側でのスイッチ操作はできないし、何のためにこうなっているのかは分かりません。


Rimg00261 ランヤード穴は1箇所ですので、何かを通すとキャンドル立てがやや不安定になりそうです。出っ張りは電池に当たるバネが入っている部分となります。


Rimg00201 径14mm長さ70mm程度、サイズは極めて標準的な1AAAサイズです。小さく軽く、その割りに明るく価格もお手頃、LEDの進化で1AAAも実力を備えた面白いカテゴリーになりました。(^^)


Rimg00281 LEDはXP系が入っていると思っていましたが、見慣れないものでした。色合いからSamsungかと調べてみたところ、どうやらLGが正解のようです。普通に明るく綺麗な白でした。リフレクタとレンズは樹脂製、前面から中身を入れて最後にレンズを嵌め殺しという最悪な構造です。ホムセン等でGentosのリフレクタ機はいくつかチェックしていますが、OP/スムーズとも穴から縁まで綺麗にLEDを反射しているものが少なく、ムラを予感させる歪みが見られるものが多いように感じます。こちらも同様の傾向で、似たような感じのiTP A3と比べてもハッキリとムラが目立ちます。

Rimg00331 中身を取り出すにはレンズを外すしかありませんが、破壊以外に方法は無さそうです。レンズが取れれば中身はすぐに全部出てきます。あまり詳しくは調べていませんが、コンバータは電圧比例の速攻ダラ下がりっぽい感じです。

Rimg00351 組み込まれている状態ではこのようになっています。殻は意外と気に入りましたし、スペース的にはそれほどタイトではありませんので、気が向いたら使えるようにしようと思います。

|

« XP-Lをチョロッと観察 | トップページ | 超高演色LEDを試す »

コメント

あれ、ちょっと遠くから見たらLD01 に見えなくも...。嵌め殺しの文化なくならないかなあ〜(泣)
もう1種類出ている1AAAライト、ランタイム型とか差別化して欲しかったです

投稿: exfmthats | 2014年8月28日 (木) 06時51分

六角削りがLD01っぽく、これは結構好きな形です。もう一つの方は形が好きじゃないし、操作も尻ツイストらしいので全く興味無しです。
後のこと考えずにレンズ取っちゃいましたが、殻が良いので何とか生かしたいですね。

投稿: カトキチ | 2014年8月28日 (木) 15時26分

GENTOSのQ400を買いました。
買って正解でした!

長年ずっと以下の条件を満たすLEDを探していました

・ 単4電池1個で駆動
・ コンパクト(「咥えライト」が容易なサイズ)
・ 軽量かつスリムで携行性があること
・ 40ルーメン以上
・ 回転スイッチ型であること

これをすべて満たすのがQ400です。
50ルーメンで駆動時間が2時間はすごいと思います。

MAGライトソリテール(37ルーメン)を持ってますが
明るさも駆動時間もQ400には及びません。

Q400は価格もMAGライトソリテールのほぼ半額程度だし、
はっきりいってソリテールを買ったのは間違いだったと
悔しい思いをしています(笑)

OHM LED-YP5Z(単四)も持っていますが、
Q400はこれのバックアップLEDとして使えると思います。

投稿: z | 2014年9月 6日 (土) 10時24分

ご購入された物に満足できれば何よりです。(^^)
Q400はホムセン等でもあまり見かけませんし、価格も手頃なのでいくつかストックしておいても良いかもしれませんね。

投稿: カトキチ | 2014年9月 6日 (土) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/60219221

この記事へのトラックバック一覧です: Gentos Q400:

« XP-Lをチョロッと観察 | トップページ | 超高演色LEDを試す »