« 超高演色LEDを試す | トップページ | Gentos Solid Ray 0123 »

2014年9月 7日 (日)

Tank007 E09

Rimg00631 数年前より気になっていた1AAA、Tank007 E09を遂に購入しました☆ 小型の割りにマッシブな感じで見た目は良さそうな一方、奥が平らな浅いリフ、低効率コン&PWM調光等、そこはかとなく漂う大ハズレ感により、購入寸前でためらい続けていました。

Rimg00641 到着したものを観察すると全体に高級感は無く、調光はハッキリしたパルスとメモリーが使いづらく概ね予想通りでした。反対にレンズはガラス、リフはOPで意外と照射は綺麗だったり、ネジの噛み合いも具合が良く予想以上の部分もありました。

Rimg00911 ヘッドの六角部分がゴツゴツしていますが、サイズは一般的な1AAAレベルと言って差し支えないと思います。



Rimg00661 以前入手した小型のツブツブコリを入れるのが目的なので、早速分解しました。カチカチ系接着剤で強力に固着していたため、やや強力に熱を加えたらLEDセンター出しの樹脂パーツが歪んでしまいましたが、これは想定内なので全く問題無しです。

Rimg00671 コンバータ基板はDXでも売っている1AAA用と同じようなものが入っていました。エポキシがベッタリの調光基板は不要なので切り取って捨てました。


007con1 使うのはこちらの昇圧コンバータ基板のみ、従って1モードとなります。元の0.39オームを1オームに変更すると出力は150mAくらいになりました。DX基板は同値で100mAくらいなので、多少違うようです。抵抗を1.5オームにして100mA程度にしました。

Rimg00761 ヘッドのLEDが乗る部分を切除し、ヒートシンクを製作しました。




Rimg00791 ベゼルを外したヘッド内部はこんな感じになります。




Rimg00931 とりあえず玉は何でも良いので使っていないXT-Eを試したところ、拡散コリだとムラも目立たず、特に問題ないようなのでそのままXT-Eを使いました。


Rimg00951 ベゼルを装着して完成です。予定通り出来上がりました。(^^)




Rimg00981 E05に比べてツブツブが大きく、その分拡散傾向が強まります。収まり具合はそれほど違和感無く、なかなかよろしい感じになりました。


Rimg00961 E05も出力は100mA程度ですので、コリの集光具合で中心照度に差が出ていると思われます。使ったコリは60°、ツブツブ無しだと20°でしたので、E05は30°~40°くらいでしょうか。E05程度のツブツブコリが見つからず、ツブツブ無し20°を注文しておいたので到着したら入れ替えてみようと思います。

|

« 超高演色LEDを試す | トップページ | Gentos Solid Ray 0123 »

コメント

相変わらず纏まりよくしあげますね~!
実に手元が見やすそうです。

投稿: バスウ | 2014年9月 8日 (月) 22時31分

こちらは割りと上手に出来ました。(^^)
でも、低出力に拡散コリの組み合わせなので近場専用ですね。早く20°コリも試してみたいです。
何とかQ400も同様にしたいですが、内部パーツの固定がレンズ嵌め殺しという構造が厄介です。

投稿: カトキチ | 2014年9月 8日 (月) 23時53分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/60277607

この記事へのトラックバック一覧です: Tank007 E09:

« 超高演色LEDを試す | トップページ | Gentos Solid Ray 0123 »