« TUBEに510HSを入れてみた | トップページ | BT-C3100を買ってみた »

2014年12月 7日 (日)

PC用スピーカーを作る

 以前は小さな箱型のセパレートタイプを置いていましたが、本体そのものを初め左右をつなぐケーブルも邪魔だし、そもそも音を出す動画等ではPCがブンブンうるさくてスピーカーの音は良く聞こえない状態でした。
 PCを新しくして大変静かになりましたので、小汚いスピーカーも新しくすることにしました。

Srimg0045 何か良さそうな物はないかと色々探していると、バータイプという左右一体のスッキリしたものが見つかりました。モニタ下のスペースに設置でき、実に具合が良さそうです。ところが、いくつか見つけたものは高さが合わないものが多く、かなり小さなものでないと収まらない感じです。

Srimg0044 とりあえず試してみようと、サンワサプライのスピーカーを設置してみました。USBから電源と信号を取るため、ケーブルは1本しかありません。モニタ下のスペースにスッキリ収まりなかなかよろしい感じです。人の声辺りの帯域は良く聞こえますし、大きな不満は無いものの、もう少し全帯域で音が良いと幸せになれるか工作してみることにしました。

Srimg0041 とにかく設置スペースが狭いので、たくさんある3インチクラスが使えません。2インチでいくつか見つかった中で評判の良さそうなPeerless 830970を手配してみました。樹脂製のフレームもアルミコーンも黒で大変地味ですが、小さくプックリしていてかわいらしいです。

Srimg0052 電源と信号はUSBから1本で引っ張りますので、5Vで動くアンプとDACを使うことにしました。どちらも秋月のキットです。キットを買いに行く前に手持ちのコンデンサで使えそうなものをチェックしておこうと、数年前にアンプを作った時の余りパーツを入れておいた箱を開けてみたところ、アンプ基板が出てきました。すっかり忘れていましたが、まさに買おうと思っていた物でしたので大変得した気分です。(^^)

Srimg0048 箱は9mmのMDFで箱組みしました。2インチスピーカーを入れてモニタ下に設置できるギリギリで何とかなりました。現在1回目の白サフまで終わりましたが、数日に分けてシーラーをタップリ塗ってから砥いでおいたため、接ぎ目のスジ等はほとんど見当たらず修正は1回で終わりそうです。(^^)

Srimg0203 塗装を終えた箱をしっかり乾燥させる間に部品を作っておきます。スピーカー固定用のナット部品とテキトーにサイズ出ししたバスレフポートだけですので、サクっとでき上がりです。

Srimg0208 アンプ自体の動作確認は済んでいますが、設置状態でのゲイン値を決めるために仮組みして設置してみました。ちゃんと箱に取り付けて聞いてみると意外に良い音がしている感じです。少なくともサンワサプライよりは音楽的でよろしいと思います。(^^)

Srimg0214 ゲイン値は最小の状態で必要十分な音量が出ていましたので、仕上げに入ります。USBケーブルと基板を接続し、スピーカー用は少し太めのシリコン被膜ケーブルにしました。あとはスピーカー穴から中に突っ込むだけです。

Srimg0215 基板だけの状態ではスルッと入りましたが、後付けのケーブル類が邪魔で少々難儀しました。オレンジ以降の塗膜がやや弱かったのか、あれこれやっているうちに少し白地が出てしまいました。この後タッチアップしたら目立たなくなったので塗装のやり直しはしません。

 設置が簡単スッキリ、ケーブルも1本だけでお手軽、そこそこ良い音で鳴るという目的は達成できましたので、暫く使ってみようと思います。

|

« TUBEに510HSを入れてみた | トップページ | BT-C3100を買ってみた »

コメント

工作していたというのはコレのことでしたか。
さすが綺麗に組んでますね。仕上がりが楽しみです。

投稿: RUU | 2014年12月 8日 (月) 18時26分

スピーカーユニットが真っ黒なので箱も黒だと面白くないと思い、箱はオレンジにしてみました。
白地にしておいたので発色は良いですが、何かウザい感じになってきました。^^;

投稿: カトキチ | 2014年12月 9日 (火) 01時18分

小さいながらも丁寧な仕上げのエンクロージャー、小さな2インチのスピーカーからの音は興味あります。
あえて密閉にせずバスレフポートの効果はどんな音がするのでしょうか。
基本的には一発でフルレンジ鳴らせるシステムが個人的には理想ですが、小口径ならではのレスポンスの良くバランスが取れた音がしそうですね。

投稿: c-taro | 2014年12月 9日 (火) 01時30分

c-taroさん:
低音は初めから期待していませんが、後からの加工は傷が付いたりするため、ポート口だけ開けておきました。
多少でも低音が出れば良いですし、ダメなら蓋して密閉にもできるという算段です。
実際に出てくる音の良し悪しはあまり分からんのですが、良い音がしそうな部品や工作で完成を目指すのが楽しいのかもしれません。

投稿: カトキチ | 2014年12月 9日 (火) 01時48分

PC用のスピーカーは色々なノイズでマスキングされやすそうなので音の抜けが良く聞き疲れしない帯域が理想ですよね。
このユニットはPC環境にコストパフォーマンスはひじょーに良さそうで楽しみです!

投稿: c-taro | 2014年12月 9日 (火) 02時10分

早くも続編が楽しみです^o^
今寝る時に枕元におけるスピーカー探してます。
イヤホンしながら寝ると耳が痛くなるんですよね(^^;;

投稿: バスウ | 2014年12月12日 (金) 01時18分

もうあまりやることが無いんですよ。あとは背面の穴から通したUSBケーブルを右スピーカー穴から出して基板に配線し、基板から内部隔壁の小穴を通して左スピーカーへの配線を通し、右スピーカー穴からアクロバティックに内部へ基板を入れるだけです。予定ではうまく行くはずなんですが・・・

投稿: カトキチ | 2014年12月13日 (土) 02時00分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/60774707

この記事へのトラックバック一覧です: PC用スピーカーを作る:

« TUBEに510HSを入れてみた | トップページ | BT-C3100を買ってみた »