« BT-C3100を買ってみた | トップページ | Nitecore EC21 »

2014年12月30日 (火)

ルーペで遊ぶ

Srimg0067 7年ほど前、ドイツはシュナイダー製の4倍ルーペから取り出したレンズを自作ホルダーに装着したものを製作し、以降ずっと愛用しています。基板上に並んだチップ抵抗の数字を見たり、細かいハンダ付けの仕上がりやブリッジを見たりするのには4倍程度で十分で、通常はほとんどこのルーペだけ使っています。

Srimg0054 10月半ば頃、ヤフオクに1500円くらいで出ているのを見つけ、価格の割に良いレンズを入手できたのでたまにチェックしていたところ、最近になって同じものが一段と安く複数出品されていました。今回は1000円~1400円程度で3個ほど追加購入しました。

Srimg0056 ライトボックスの上に置いてフィルムを観察するようにできているため、焦点に合わせた高さのフードと視度調節のヘリコイド機構が付いていてレンズの割に大きな筐体になっています。手に持った小物を観察する使い方では自由に位置決めできますのでこれらの機能は不要となります。また、観察物とフード端がほぼ同じ位置になるため、接触の危険も少なからずありそうで、レンズだけ取り出して使うことにします。

Srimg0060 この手のルーペの場合、ネジ構造で分解できるのが普通ですが、こいつはほとんどが接着で組み立てられていて難儀しました。結局一部を旋盤で削り落としてレンズを取り出しました。28mmサイズの1群2枚コーティング付きアクロマート接合レンズでなかなか良さそうな玉です。(^^)

Srimg0058 シュナイダー製のレンズと比べてみると、定価で3倍しますので流石に貫禄が違います。それでも1000円ちょっとで手に入れた割にはスッキリクッキリ見えてまったく不満はありません。もとい、大満足であります。

Srimg0071 ちょうど良いサイズのアクリルパイプの手持ちが無く、しばらくは裸レンズのまま保管していましたが、追加で3個購入したことで更に作る必要も出てきましたので、具合の良いサイズのアクリルパイプを購入しホルダーを製作しました。

Srimg0072 ホルダーにレンズを装着して出来上がりです。だいぶ小さく軽くなり、邪魔にならず使いやすくなりました。2群以上は掃除する時に埃が入ったりするので自作にはあまり使いたくないですが、1群接合は汚れても取り出して接眼面と対物面だけ拭けば綺麗になりますので大変楽なのです。(^^)

|

« BT-C3100を買ってみた | トップページ | Nitecore EC21 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/60894318

この記事へのトラックバック一覧です: ルーペで遊ぶ:

« BT-C3100を買ってみた | トップページ | Nitecore EC21 »