« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »

2015年1月25日 (日)

ルーペで遊ぶ(3)

Srimg0127 シュナイダーレンズとケンコー28mmのホルダーを作り直しました。以前はアクリルパイプを使っていましたが、肉厚の範囲内で設計製作しなければならないという制限が窮屈になり、丸棒を購入し内径も削り出しで製作する方向へ変更しました。丸棒からであれば外径は制限されますが、他は自由にできますので幅が拡がります。

Srimg0132 新しく製作するにあたり、レンズの装着方法も変更しました。左が以前のもの、右が今回製作したものです。レンズ下の高さを抑え、視界に入る率が低くなりました。また、レンズのコバでネジ部分が隠れるため、見た目にもスッキリして良い感じです。

Srimg0131 新しく設計するついでに、シュのアクリル部分内径とケンコー外径を合わせて製作し、合体することでプローセル構造にして倍率を上げる機能も入れてみました。この辺りは前回分解したスケールルーペを参考にしています。4倍2枚の組み合わせで、おそらく7~8倍くらいになっていると思われます。4倍より大きく見え、10倍ほどシビアではなく、そこそこ使いやすい感じです。

Srimg0125 7~8倍辺りが意外と使いやすく感じたので、あと4個残っているケンコー28mmを重ねた形で一つ作っておくことにしました。良い感じのレンズを2セット使ってちょっとリッチな気分です。レンズ間のスペーサーは黒で作ったら変に目立ってしまったため、アクリルで作りました。レンズのコバを黒く塗れば黒のスペーサーで良いと思います。

Srimg0128 そして本日ケンコーの4倍が届きました。見た目には旧シュ4倍とそっくりだし、定価19800円と立派だし、ケンコーとシュは一時ダブルネームでルーペを出していましたので、もしかしたらOEM的な感じでシュと同じレンズが入ってないか、以前から気になっていたものです。ずっと前に絶版でなかなか出回らないようですが、2日前に1000円即決での出品を見つけ、軽やかに落札しました。(^^)

Srimg0126 さっそく取り出してみたところ、径は同じ31.5mmですが、当然というか残念というか、シュとは別物でした。しかし、いくつか取り出して観察してきたレンズの中では非常に雰囲気の良い物で、何だか良く見えるような気もします。早速ホルダーを製作して装着しました。 追記:右はケンコー28mmです。

Srimg0133 もう少し続きます・・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年1月18日 (日)

ルーペで遊ぶ(2)

Srimg0115 PEAKのスケールルーペ10倍と30倍を入手しました。定価では結構なお値段ですが、ホーザンの精密ドライバとボンダスのレンチセットまで付いて¥980という出品を見つけて落札できたのはラッキーでした。(^^)
 30倍の方は現行品と同じもので非常に状態も良く、ほとんど使うことも無いのでそのまま保管し、少々くたびれた旧型と思われる10倍を研究してみます。

Srimg0114 左はお手頃価格の10倍(No.1961)で、価格の割に良く見えるため持っている人も多いと思います。同じような物で更に低価格な中国製もありますが、1500円程度なら国内メーカー製を選択することをお勧めします。

Srimg0111 No.1961を分解すると左のような片凸レンズが2枚、スペーサーを挟んで向き合うように入っています。真ん中はエツミの古~い10倍、右はビクセンの下位グレード繰り出し10倍で、いずれも同じ構成のコーティング無しガラスレンズとなっています。

Srimg0112 スケールルーペを開けてみたところ、2組のアクロマートレンズが出てきました。見た目には金属筐体+スケール板+レンズコーティングという程度の差かと思っていましたが、全く違う構成のレンズが出てきて少々ビックリです。

Srimg0118 ルーペ内部ではスペーサーを挟んで2組のレンズが重なっています。アクロマートレンズを2組向かい合わせで配置するのはプローセルと呼ばれるらしく、望遠鏡の接眼レンズ等ではポピュラーらしいです。この辺りはもう少し試してみたいところです。

Srimg0120 例によって小型軽量化を目指し、古びたアルミに替えてホルダーを製作しました。以前よりやや複雑になりますが、レンズより下のアクリル部分の高さを抑えて一段と小型化できる構造にしました。アクリル部分はパイプでは融通が利かない部分も多く、結局丸棒を手配して製作しています。

Srimg0123 エクセルーペの小型版のようなコロッとかわいい形になりました。(^^)
 肝心の見え方について、同じ10倍でもレンズのレベルが違うので見え方も違いそうなものですが、私の感度が低いのか、普通に小さいものを手持ちで観察している分にはちょっと良く見えるかなという程度で、大きな差は感じられないようです。

続きます・・・

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年1月 4日 (日)

Nitecore MT06

Srimg0091 本年2発目の着弾はNitecore MT06です。12/27にebayで購入し、本日到着しました。年末年始を挟んでほぼ1週間、随分と早く届きました。その数日前、22日に国内ショップでも注文しましたが、入荷予定だった25日を過ぎても何の気配も無く、別件でebayを見ていたところ価格交渉付きで出ているのを見つけ、テキトーにオファーしてみたら通ってしまいました。おかげで安く購入できた上に早々と届いてしまい、損したのか得したのか良く分からん状態です。

Srimg0089 1AAAは小さく明るく使いやすいので大好きですが、2AAAは初めてです。形が好みでなかったり、無駄に太かったり、ペンに似せすぎてリフが異様に小さかったり、丁度良い2AAAがなかなか見つからないでいたところ、スッキリした形で太さ14mm、更には小さなリフに合わせて新しいXQ-Eまで積んだMT06が出てきてホイホイ飛び付いた次第です。

Srimg0096 形や機能には特筆すべき点は無く、目玉はやはりXQ-Eということになりそうです。XP系と比べても遥かに小さく、台座部分で1.6mmx1.6mmという極小サイズです。ドームはXP-Lと同じく台座の辺部分がカットされているため、リフレクタにその部分が映っています。このくらいのサイズだと14mmクラスのリフレクタでも十分に集光できているようです。

Srimg0103 XP-G2を積んだMiX6のHighと比較しています。MT06はLow側です。ルーメン値では倍以上の差ですが、しっかり集光できているため、数値以上に明るく感じます。


Srimg0107 露出を変えてみると中心の具合がよりハッキリします。点光源の特徴を遺憾なく発揮し、AAAサイズのリフレクタにはバッチリのLEDではないでしょうか。(^^)


Srimg0109 点けたり消したり遊んでいますが、スイッチの感触はイマイチな感じもします。リバースクリッキーのカチカチがちょっと安っぽく、ステンのカバーもカチャカチャして少々賑やかなスイッチです。Low側はパルスですが、ほとんど気になりません。

Srimg0110 一番お尻のパーツは接着無しで指で回すだけで簡単に外れました。ステンのカバーは取っちゃっても機能的には全く問題無いようですが、付いている方がカッコいいので付けておきます。

 1AAAより電源に余裕がありますので、High側の使用にも不安がありません。スリムで軽く場所も取らないので、持ち運び用工具箱のお供にします。(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年1月 3日 (土)

Nitecore EC21

明けましておめでとうございます。今年もボチボチお願い致します。

Srimg0076 本年1発目の着弾はNitecore EC21です。12/24に中華ショップで購入し、本日到着しました。年末年始を挟んで1週間ちょっとで意外と早く届きました。
 長さと太さのバランスが良く、形もあまりゴテゴテしていないので良い感じです。普通に買うと$60弱らしいですが、セールで$38弱だったので購入してみました。

Srimg0077 SC600と同じくテールスイッチが無いため、18650機の割にコンパクトサイズとなっています。



Srimg0075 構成や操作を見るとEC2の焼き直しのようにも見えますが、EC2ではプラスチック越しの感触がイマイチだったスイッチが普通のゴムになりました。このスイッチの操作感がなかなかよろしく、しっかりした押し心地の割に音がしないので快適です。ロックアウトモード操作の2ボタン同時押しも親指だけで簡単にできました。

Srimg0079 LEDはXP-G2のクールで、色温度やや高めのスッキリした白でした。(^^) リフレクタに穴をあけて砲弾を入れるのは好きじゃないですが、そうなっちゃってるのでしょーがないです。スムースリフにXP-G2ですので、照射はスポットのハッキリしたものになります。

Srimg0074 ヘッド内の基板を見ると、ハの字形の出っ張りがあり、フラットトップでは中心の端子に接触しません。ハンダでも盛れば行けるかもしれませんが、おとなしくボタントップを使うのが良さそうです。

Srimg0073 ボディチューブは一見前後共通に見えますが、ネジ部分の径もOリングのサイズも違い、向きを変えての装着はできません。ネジは角ネジで、全域HA処理されているため耐久性は高そうです。

Srimg0080 固かったら深追いはしないつもりで回してみたら意外と簡単に緩みました。配線を外せば砲弾付きのXP-G2基板が取り出せそうです。スイッチゴムも内側から取り付ける縁付き形状だったので安心しました。やろうと思えばある程度のイタズラはできそうな感じです。(^^)

Srimg0084 ちょっと厄介そうに見えるのがリフレクタの形で、一部切り欠いた部分でスイッチ基板を固定しているように見えます。リフレクタ無しでもスイッチ操作はできましたのでそれほどシビアな感じではなさそうですが、何かする場合はポイントになりそうな部分です。

Srimg0085 中華HAはすぐ剥げるのでクリップが別になっているのは大歓迎です。その他、スペアのOリングと使ったことのないホルスター&ランヤードが付属しています。


 海外勢のレビューでは電圧表示機能がおかしいという報告が何件かありましたが、届いたものはちゃんと電圧と合っていて一安心でした。小型サイズに18650を突っ込むのも結構好きなので、出来の良い形と作りで思ったより気に入りました。(^^)

  1/18追記:
 しばらく使っていたところ、電圧表示がおかしくなり、18650で4.9vを示すようになりました。情報を漁ったらCPFに同じ症状があり、どうやらバグのようです。内容としては、電池電圧が3.9vや4.9vといった、X.9vになった時、1vプラスされて表示するようです。満充電4.2vを使った場合は4点滅+2点滅、4.0vの場合は4点滅、3.9vになると4点滅+9点滅といった具合です。確かに電圧を測ると3.92vになってました。なお、更に下がって3.8vになると通常に戻り3点滅+8点滅と正常表示になりました。今後修正されることを期待しましょう・・・

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2014年12月 | トップページ | 2015年2月 »