« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年3月18日 (水)

ルーペを自作してみる

Srimg0174 残りのカメラレンズを全て分解し、使えるレンズだけ分類しました。ガラスが変質して曇っているものはどうしようもないので処分し、カビや汚れでコーティングがやられているものの問題無く見えるものは容器に入れて保管しておきます。こちらは凸メニスカスで、組合せによってはボチボチ使えます。

Srimg0175 左側が両凸レンズ、右側が貼り合わせの凸レンズです。基本的にはこの辺をメインに使うことになります。汚れも無くコーティングの綺麗な合わせレンズが出てくると非常に愉快ですが、使えそうなものがカビたり曇ったりしていると一段と残念な気分になります。

Srimg0176 カメラレンズの先っちょ部分に入っていることが多い凹メニスカスです。凸レンズと合わせて分離型アクロマートにすることもできそうですが、貼り合わせを使う方が良いので凹レンズはほとんど使いません。左は1個ずつ出てきた片凹凸です。片面が真っ平らなものはほとんど出てきません。

Srimg0177 左側が両凹、右側が貼り合わせの凹レンズです。凹レンズはたくさん出てくる割に使わないので出てくる度に面白くないです。^^;


Srimg0166 使おうとするレンズがルーペとして役に立つか、簡易的にチェックするカードを作ってみました。5mmの升目ラインで歪みをチェックし、+マークの部分で色収差をチェックします。ラインがまっすぐに見え、+部分に色がにじまなければ十分使えるものになるようです。

Srimg0162 まずは1個、完成した形にしてみます。対物側は30mmの貼り合わせ、接眼側は25mmの浅い凸メニスカスの2群3枚、倍率は4倍程度で良い感じに見えましたので、ホルダーとスペーサーを製作しました。

Srimg0163レンズとスペーサーを組み立てたところです。あとは蓋をして完成です。



Srimg0164 もう一つ、こちらは対物側36mm貼り合わせ、接眼側34mm片凸の組み合わせで5倍程度でしょうか、割と視野も広くかなり見やすいものになりました。ジャンクと言っても出てくるレンズに問題が無ければそこは日本製の光学製品ですから、品質はバッチリでうまく使えば良い物になると思われます。

Srimg0183 とりあえず作ってみた2個はいずれも良く見えて使いやすいと感じますが、主観的な部分が多いかもしれません・・・



Srimg0182 前に入手したのはMFレンズで、やはり相当に古い物らしく経年劣化等が多かったため、AFレンズを補給してみました。今回は10本で¥1200でした。古いMFはほぼ全て金属でしたが、この辺りのAFは樹脂が多いようです。

Srimg0184 大きめで状態の良いレンズが出てきたのでサイズを測ってみたところ、約52mmと見覚えのある数字が出てきました。早速合いそうな貼り合わせレンズを探し、ホルダーとスペーサーを製作しました。

Srimg0185 チャチャっと組み立てチェックしてみます。倍率は3倍程度でしょうか、歪みも無く良く見えるように感じます。



Srimg0186 ジャジャーン。これは素晴らしい。




Srimg0188 申し上げるまでも無く着せ替え可能です。(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年3月 5日 (木)

Belomoのルーペ(トリプレット)とカメラのレンズ

Srimg0008 10年ほど前に新品で購入したツァイスの10倍はレンズが小さく視野が狭いため、良く見えるもののほとんど使っていません。かと言って壊してまでレンズを取り出すのももったいないし、本物のトリプレットとしては手頃な価格でレンズも大きく、評判も良さそうなのでベラルーシはBelomo製を購入してみました。今回は10倍をebayで3千円ちょっとで購入、ベラルーシからポーランド経由で1週間ほどで届きました。

Srimg0006 作りはやや雑な部分もありますが、コーティングも綺麗で良く見えます。視野は17mmのコンバータ基盤がちょうど入る程度で、バッチリ見えるのは中心の10mm程度までといった感じです。レンズを固定しているリングを外せば簡単に出てきます。

Srimg0012 3枚貼り合わせのトリプレットレンズが出てきました。径21mm弱で大きく大変よろしい感じです。挟まれているレンズが小さく、段差のある接着部分が視野に入りますので、そのうち黒く塗ろうと思ってます。ちょっといじってみたかったトリプレットが安い割に良い物だったので喜んでます。(^^)

Srimg0014 特に繰り出しである必要もなく、元のホルダーではレンズのカーブ頂点が突出まであと少し状態だったので、他と同じ素材でホルダーを製作し、対物・接眼面ともスペースに余裕を持たせています。レンズのRが小さく、目玉みたいでかわいいです。

Srimg0159 こちらはジャンク10本セットを3千円くらいで購入してみました。メーカーも機種も関係なく、とりあえず安くて数が多いものにしましたが、やはりカビや曇りでダメっぽいものが多いようです。

Srimg0160 上に写っていない3本から取り出したレンズ単体です。いくつか使えるものも出てきました。状態の良いものは壊して使うには高価だし、ジャンクから出てくるのはカビ曇り黄変などがあり、あまり効率が良い手法とは言えない感じです。

Srimg0161 今回は1本あたり300円程度ですので、使えるレンズが数枚出てくれば十分ですし、滑り止めのゴムや数多くの極小ネジも活用できますので、元は取れている気はします。(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2015年2月 | トップページ | 2015年4月 »