« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »

2015年6月28日 (日)

タミヤ GF-01

Srimg0272 先日入手したアウトランナーモーターの実験用に、ちょっと気になっていたタミヤのGF-01シャーシを購入してみました。パーツ入れに残っている足回りの活用と、ホビーキングで購入してみた中華パーツを使って適当に組み立てて遊ぼうと思います。

Srimg0246 まずはこのシャーシ最大の特徴であるタミヤ驚異のメカニズムをご覧ください。普通はモーターの出力をギヤダウンを介しながらベルトかシャフトで前後デフに伝えますが、このシャーシでは真ん中に設置したモーターから前後デフまでギヤを並べて動力伝達します。ベアリングを16個使いながら決まった位置にスコスコ並べていくのは非常に楽しいです。(^^)

Srimg0270 サスアームは絶版貴重品のTL-01LA用ロングタイプが残っていたので活用しています。Cハブも同じくLA用、アップライトはタイロッド取り回しの都合でM03軽量タイプにしています。いずれもポン付けで行けました。

Srimg0248 アップライトのキングピンネジ穴には初の試みとしてヘリサートを装着してみました。コイル自体はスプリングバック現象で樹脂パーツ側にガッチリ食い込んでいる上、キングピン側も金属ネジ山になるため、ネジ固定という点ではかなり強力に固定できているようです。

Srimg0266 リア側も残っていたLAサスアームを使い、アップライトは京商のLA244を使っています。オフセット量と取り付け寸法が絶版LA用とほぼ同じですので、代替品として非常に有効です。手持ちのパーツをあれこれ変えながら良い組み合わせを見つけるのも楽しい作業です。(^^)

Srimg0265 シャーシとランクルボディのホイールベースが合っていないように見えましたので、サスアームを反対にしてみたら良い感じになりました。ドライブシャフトになかなか良い感じの角度が付いてしまいましたが、操舵の無いリア側でユニバーサルを組んでいるのでとりあえず大丈夫そうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年6月14日 (日)

アウトランナーモーターをいじる

Srimg0273 昔からモーターやサーボといった、電池をつないで操作すれば動くものが大好きで、近年はブラシレスモーターが出回って一段と面白くなってきました。そんな中、車用に使われるインランナータイプと違い、空モノに使われることが多いアウトランナータイプをいくつか購入してみました。
 通常の車用は径約36mm、長さ約50mmのいわゆる540サイズが多いですが、空モノ用には色々なサイズがあります。特に面白そうなのが35mmサイズのモーターで、径は車用とほぼ同じで長さが短くなっているものが数多く見つかりました。

Srimg0274 このサイズの良いところは、径と同じく取り付けピッチも540サイズと同じという点です。シャフトの太さが4mm~5mmがメインのようで、そのままだと車用の3.17mm穴のピニオンが使えません。最終手段としては3.17mmまで切削加工すれば良いですが、互換的なものがないか色々と探してみました。

Srimg0277 探せば出てくるもので、安中華ラジコンショップ最大手のホビーキングで発見したシャフトです。先端が3.17mm、ベアリング支持部は4mmと非常に都合の良い物が見つかりました。長さも各種あれば良かったのですが、どうやら長さ36mmサイズのものしか無いようです。元々3536(径35mm長さ36mm)~2836までしか試す予定もないですし、長さは問題ありません。早速数本購入しました。発送スピードはそこそこで、8日程度で到着しました。

Srimg0276 普通の車用インランナーはステーターの内側にマグネットローターが入っていますが、アウトランナーは外側のマグネットが回転します。今まで見てきたものと全く違って非常に興味深いです。回転マスが大きいため、ブンブン回すとなかなか迫力があって楽しいです。コイツのシャフトを外し、購入したものと取り替えます。

Srimg0281 試したモーターは3530サイズでしたので、6mmほどカットして新しくDカットを施しました。焼きは入っているのか甘いのか、超硬ですんなり削れました。


Srimg0280 3.17mm穴のピニオンがスルッと入って良い感じです。(^^) 実際に使うことがあるようでしたら、それに合わせてピニオンの芋ネジが当たる部分にDカットを入れれば良さそうです。540モーターがデカ過ぎてバランスいまいちなワイルドワンに使ってみたいですねぇ。

Srimg0284 いくつか見つけた35XXサイズはいずれもKV値が低く、2000以上はほとんど見当たりません。5セル6セル当たり前の空モノなら回転数も上がりますが、2セルの車ではかなり遅い部類になってしまいそうです。程よい回転数で探してみたところ、いわゆる380サイズの28XXサイズだと2000~4000辺りで2セルに都合の良さそうなものがたくさん見つかりました。

Srimg0285 28mmサイズの場合、シャフト先端は3.17mmであることが多く、ピニオンはそのまま使えそうですが、本体が小さいためそのままでは装着できません。28mmサイズの取り付けピッチは16mmと19mm、ネジは2.5mmと3mmの場合があるようで、16mmと19mmピッチで3mm皿ネジ加工を施しています。

Srimg0287 アダプターを装着して540サイズのピッチで取り付けできるようになりました。(^^)
 適当なキット組んでコイツで走らせてみたいですねぇ。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

« 2015年5月 | トップページ | 2015年7月 »