« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »

2016年5月29日 (日)

新調小物とか

 今回のお片付けでは補修とともに色々とくたびれたものを新しくしました。大物は前回紹介しましたが、今回はなかなか良かった小物をご紹介。

Srimg0009 だいぶガタが来ていたハンダ吸い取り器を新調しました。基本的には注射器タイプで同じですが、アルミ製で作りが良さそうだったので購入してみました。


Srimg0043 今まで使っていた樹脂製の安っちいヤツと違ってヒジョーにカチッとしていて気持ちの良い作りです。レビューを見るとバネが硬すぎて使い辛いという意見がいくつかありましたが、確かに硬めではありますが問題無く片手でシュコシュコできました。先端のシリコンチューブがコテ先端に馴染んで硬めのバネで一気に吸い上げるため、上手く行くとハンダが一発で綺麗に無くなってスカッとします。

Srimg0045 以前の物より線径が太く短いバネが入っていました。バネ径は同じくらいなので試しに入れ替えてみたところ、少し弱くなって押しやすくはなりましたが吸入パワーも落ちた感じで元に戻しました。多めのハンダを吸い込むとノズルに詰まって取り出すのが面倒なのは同じでしたが、メンテナンスに開ける際のネジ構造などもキッチリしているので同じ面倒でも多少気分がよろしいです。これはもっと早く導入すれば良かったです。

Srimg0061 チェスト新調に合わせ、脇に置いているセロテープ台も新調しました。コクヨのカルカットなるもので、他のメーカーからも似たようなものが出ているようです。こちらはしっかりした鉄製で、プラに重りを詰めたものよりスッキリしっかりしています。テープのカット具合がこれまた良い感じで、従来のものとは全然違って変に裂けたりせずに軽くプリッとカットできて爽快です。これももっと早く試していれば良かったかも。

Srimg0064 旋盤に張り付けて使っているマグネットライトも電球を変えつつ10年くらい使っているのでだいぶ汚れてきました。モノタロウでテキトーに選んだ白熱電球使用の安価な物で、LED電球では横向きの取り付けによるロスも多くいよいよ時代遅れとなってきました。替えます。

Srimg0065 マグネット工具大手のカネテック製を購入しました。蛍光灯やLED専用のタイプで、大して高価なわけでもないのに以前の物よりずっとしっかりした作りになっています。白熱電球は使用厳禁となっていますが、E26口径で物理的には装着可能です。おそらく熱対策がされていない等の理由だと思います。電球はE26口径の東芝キレイ色高演色を試してみましたが、やや赤みを感じるのと、角度によっては直接電球が目に入って眩しいことがあるため、現在はアイリスの昼白色、やや指向性のあるE17口径小型タイプをアダプタを使って装着しています。きっかけが無いとダラダラ使ってしまいますが、これも早くに導入しておくべきでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2016年5月20日 (金)

石定盤の置台製作

Srimg0052 デスクから降ろした40㎏の石定盤を放置しておくわけにもいかないので、置台を製作することにしました。材料は既に手配済みでしたので、加工して組み立てるだけです。板材はホムセンの18mmパイン材では心もとないのでブナ集成材30mmと25mmを手配しました。下は脚が開くのを防ぐだけなので18mmパインでも良かったかもしれません。脚はホムセンの棚づくり用です。

Srimg0060 2枚4隅に通し穴と皿加工をしますので、フライスのテーブルに角材でガイドを作っています。貫通したドリルはテーブルのスロット部分に抜けるようにしてあり、板材のカドをガイドに当てればいつも同じ位置に穴あけができるようになってます。皿加工も自動的に通し穴と同じ位置になり、フライスの正確な上下動で全部同じ深さに皿加工ができます。

Srimg0058 ポコポコ穴をあけ終わったところで仮組みです。脚の埋め込みナットが僅かにセンターずれしているところもありますが、特に問題無く全部ねじ込みできました。何も載せない状態ではかなり丈夫な感じがします。あとはカドを落として軽くペーパーを掛け塗装すれば終わりです。

Srimg0066 この感じ・・・失敗か! 以前の工作で使い残したスプレー塗料で済ませるというケチな塗装を施しました。木材の経時変化を防ぐための表面保護が目的ですので下塗り等はせずに直接スプレーしましたが、思ったより隠蔽力が無く軽やかに木目が透けてます。量的にはそこそこ塗りたくっていますので、表面は完全に塗膜でカバーされてることを期待します。

Srimg0067 石定盤を載せ、下にはウエスの箱を置きました。キャスターは丈夫そうな38mmを使いましたが、40㎏を載せると思ったより動きが重い感じです。高さを抑えるために径の小さい物を選びましたが、そうすると地面との接触が点に近くなるため圧が上がって転がりにくくなるようです。暫く様子を見て具合がよろしくないようでしたら少しサイズアップした双輪に替えてみようと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年5月11日 (水)

お片付け完了

 思い立って手を付け始めてから約1ヶ月、補修兼新調兼お片付けがほぼ完了しました。発生した要素一つ一つをじっくり片付ける方向で進めていたため予定よりだいぶ時間がかかりましたが、これで気分良くキリコや木屑を散らかすことができます。(^^)

Srimg0019 片付けも後半に差し掛かったところで用意しておいた新しい掃除機を投入しました。以前の物は10年ほど頑張ってフィルターが破けたところでお役御免となりました。コードの自動巻取りが便利でしたが、その機能を条件にするとかなり限られてしまうため、今回はコード巻き付けタイプにしてみました。思ったより面倒ではない感じで助かりました。

Srimg0018 長きに渡り手付かずだった旋盤下の材料スペースも片付けました。金属満載のコンテナは重い物で数十キロ、片付けようにも気が進まず放置してきましたが、今回はコンテナも一新し素材別に分けて分かりやすくしました。材料が増える度に適当に買い増ししていたコンテナがゴチャゴチャの原因の一つでしたが、今回は台を支える柱に干渉しないサイズを探し当てキレイに並べて置けるようにしたのがポイントです。(^^)

Srimg0020 奥の方に押し込んであった棚板のような物も使わないので処分しようとしましたが、数日前に手入れしたワゴンのサイズ感がピンと来て当てがってみたところ、600x400でちょうどピッタリでした。ネジとナットを買ってきてワゴンに組み込み、少し長めの材料を保管するのに具合良く使えるスペースができました。(^^)

Srimg0021 使っていないチャックはウエスでカバーしていましたが、急にひらめいて丸形タッパーを調達し蓋を外したものを逆さまにして使ってみたところ、非常に具合良くカバーできるようになりました。誰でも気が付くようなことかもしれませんが、自分的にはかなりヒット作なアイデアだったのであります。(^^)

Srimg0025 片付けも終盤に差し掛かり、頑張った自分を褒めてあげたいと思っていたところ、テンチョの出血大サービスがあったので自分へのご褒美としてエルゼッタ購入しました。石定盤の置台などの製作が終わったらゆっくりいじります。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2016年4月 | トップページ | 2016年6月 »