« オリンパス STYLUS SH-3 | トップページ | ブラックフット(2016)とMST CMX »

2016年8月30日 (火)

JET Beam JET-μ

Sp8300005 ラジコン用に何か中華的な面白いものでも無かろうかとGearBestをウロチョロ探索していたところ、1,000円くらいになっているのを発見し、軽やかに2本ほど購入してみました。今回は到着まで2週間以上、忘れかけた頃ポストに入ってました。

Sp8300009 いかにもJET Beamっぽい色艶です。毎度のことながらHA3と表記されていますが、普通のカラーアルマイトと大差ないレベルの被膜だと思われます。操作はツイストON/OFFによるメモリー付き3段で、Low側でもパルスのチラつきは感じられません。

Sp8300006 サイズ的には普通の1AAAサイズで、これと言って特徴的な部分はありませんが、JETらしく程よくコテコテした形にキレイな表面仕上げ、シンプルな操作で1,000円程度なら無意味に購入しても大丈夫です。

Sp8300011 集光はコリメータによるもので、ダイの形を投影して僅かに四角っぽくなりますが、実用上は全く気になることなくムラの無い使いやすい配光に感じます。この個体の光色はやや黄緑風味で、スッキリした白が好きな人にはやや厳しい色合いだと思われます。

Sp8300013 ネジ部分は角ネジになってました。ヘッド側と合わせて"HA3"皮膜で覆われていますので、耐久性はそこそこ高いものとなっていそうな感じです。Oリングが全部隠れてすぐに点灯という状態なので、多めに緩めてOFFにする癖のある方はヘッド脱落に注意が必要かもしれません。

Sp8300023 テール部分には十字の造形があり、うち2ヶ所にランヤードホールがあります。穴は比較的大きめで、やや太めの紐も通せそうです。Fenixに良く見られるテトラポッドみたいな造形は非常に好きじゃないですが、この程度なら十分許容範囲です。

Sp8300014 ヘッド内のモジュールにある切り欠きにピンセットを当てて回したら簡単に出てきました。接着剤の使用は無さそうです。この光色に付き合うのは避けたいところでしたので、簡単に分解できるのは大変助かりました。

Sp8300016 お気に入りのツブツブコリと互換だろうと思っていましたが、高さ方向でやや相違が見られました。径は大丈夫そうなので取り付けはできそうですが、元々Oリングの掛かりが浅めのネジ部分が一段と厳しくなりそうです。

Sp8300019 LEDは基板を外して玉を貼り換えれば簡単に交換できそうです。日亜高演色のSW57が大変よろしい感じでしたので、後ほど交換予定です。(^^)
 SW57と言えば、kaiにも入ったようです。ラベルも見せているので本物っぽいです。3個ほど注文してみました。

|

« オリンパス STYLUS SH-3 | トップページ | ブラックフット(2016)とMST CMX »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/64132932

この記事へのトラックバック一覧です: JET Beam JET-μ:

« オリンパス STYLUS SH-3 | トップページ | ブラックフット(2016)とMST CMX »