« 2016年9月 | トップページ | 2016年12月 »

2016年10月 6日 (木)

イリサートを試してみる

Spa060081 イリサートの前に、以前購入したヘリサートの追加事項です。自作工具で何度か失敗し、専用工具を購入しました。M3用はモノタロウで1800円程度でした。これを使ってから失敗していないので、ヘリサートを使う場合は初めから一緒に購入するのが良さそうです。

Spa060082 ヘリサートを取り付けた回し棒を本体のケツから挿入してクルクル回すと、本体先端から然るべき径に絞られた状態で出てきます。工具先端をワークのタップ穴に当ててコイルを移すようにすると綺麗にねじ込めます。テキトーな自作工具では「1:タングの折れ」「2:コイルの絞り」「3:コイルのピッチ飛び」で難儀しましたが、専用工具ではうまく解決されています。

Spa060079 今回は締めたり緩めたりを樹脂パーツとネジのねじ込みだけで受け持つ、バッテリー固定レバーのネジ部分を強化するのが目的です。ヘリサートより簡単で優しそうなイリサートを試すにはちょうど良い素材だと思われます。

Spa060076 左がイリサート、右がヘリサートです。イリサートはコイルではなく筒状の切削部品です。小さく精密に作られた鬼目ナットみたいなものです。


Spa060078 とりあえず必要になるのはタップで、M3イリサートの場合はM4-P0.5のタップが必要になります。一般的なM4はP0.7ですが、P0.5も規格にありますので入手は容易です。ヤマワ製を800円くらいで購入しました。

Spa060072 ワークに3.5mmで下穴をあけ、タップ立てが終わったところです。M3ヘリサートでは下穴3.1mmに専用タップですので、ヘリサートの後にイリサートを使うのは可能だと思われますが、逆は無理っぽいです。

Spa060075 イリサートも基本的には専用工具を使いますが、ヘリサートのコイルと違いタップ穴にねじ込むだけですので、何とかしようと思えば簡単に何とかなります。専用工具のミソ部分でもあると思うので、細かい説明は省きます。

Spa060074 思ったより抵抗無くシュルシュル入っていきました。ツラまでのねじ込みでもヘリサートと違って端っこがピロピロしないのでキレイに見えます。ただ、スプリングバックで強力に固定されるヘリサートと違い、抜けやすそうな感じもします。今のところ十分な状態で機能していますが、必ずしもヘリサートを上回るものではないかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月 2日 (日)

蒔絵シールを貼ってみた

Makie 前々よりちょっと気になっていた「蒔絵シール」なるものを購入してみました。厚みのあるシールらしく、鱗模様がウネウネして綺麗だろうと鯉と蓮をモチーフにしたものを選びました。鯉は2匹分ありますので、失敗した時のスペア、もしくは成功した時の増殖用に使えそうです。

Spa020003 先日製作したツールスタンドに貼りつけたテキンのシールを剥がし、貼ってみました。貼り方は簡単で、剥がれることなく良好に密着しました。余白がありませんのでスッキリしています。サイズ的にもちょうど良い感じで、なかなか雰囲気良く仕上がったと喜んでます。(^^)

Spa020006 1匹目が上手に貼れたので、残りはデスク上の小さな時計に貼りました。後付け感が少なくなるよう、スイッチ部分の枠に合わせて一部カットしました。貼り直しはできないと書いてあるとおり、不要部分を剥がす際はペロッと剥がれずポロポロ崩れながら剥がれました。失敗すると高くつきそうですが、うまく貼れるとなかなか雰囲気が良く、柄も色々ありますので楽しそうです。

Spa020007 作業台の上に置いておくのに、今まではテキトーに置いていましたが、スタンドを作り直したついでにマットも作りました。2mm厚のコルクシートを細長く2枚切り出し、1枚は置く物の形に合わせてくり抜き、もう1枚と重ねて接着するだけです。そのままではカサカサしていますので、ワトコのオイルを程よく染み込ませてしっとりした感じにしています。

Spa020008 コルク素材はちょうど良い具合に滑り止め効果もあり、サイズに合わせた落とし込みに乗せるだけでツール類が簡単に位置決めできるようになりました。材料費数百円で思ったより良い感じに出来上がり、机上環境が一段と快適になりました。(^^)

Spa020009 物や反射でゴチャゴチャ見えるので別に1枚。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年9月 | トップページ | 2016年12月 »