« GTO 962M 3 | トップページ | プリンタを買ってきた »

2017年6月 4日 (日)

チヂミ塗装をやってみた

Sp6040300 ラベルが剥がれたり、擦り傷だらけでキレイじゃないモーター缶がたくさんあるので、再利用目的で色を塗ってみることにしました。せっかくなので、以前より興味があったチヂミ塗装っぽいことができる塗料を使ってみました。身近なところではSTIのインテークマニホールドあたりで使われているような塗装で、塗料はアメリカのVHTというメーカー製です。

Sp6040285 元の塗装は落とさなくても良さそうですが、使ってみて落ちればその方が良かろうと、害の少なそうな剥離剤を試してみました。臭いも少なく使いやすい割に良く落ちて、思ったより使えそうなものでした。(^^)

Sp6040286 下地に白のプラサフを吹いています。もう一つ、普通のラッカーでも塗装しましたが、そちらは乾燥後にいじってたらプラサフごとパリッと剥がれてしまいました。メタルプライマーも使った方が良いかもしれません。

Sp6040288 3回ほど塗り重ね、乾燥して出来上がりました。触ってみた感じではかなり強そうな塗膜に見えます。1回目は吹き過ぎが原因か、縮む時に一部が襞のようになってしまい、気持ち悪いのでシンナードブ漬けで剥離しましたが、普通のラッカーのように溶解せず、ブヨブヨになった塗膜がペロンと剥がれました。

Texture これが正解なのか分かりませんが、540モーター程度のサイズだと、自分的にはこのくらいが丁度良い感じでしたので、これで良しとしました。吹きつける量や熱風乾燥などの要素で変化があるようですが、薄目に吹いてそのまま乾燥機を繰り返したら目の細かい模様になりました。

Sp6040299 乾燥機に入れている間の暇つぶしに、ジュラコンでスタンドを作ってました。テキトーに置いておくと、転がったりお互いの磁力でくっ付いたりしますので、簡単なものでもあれば役立ちます。

Sp6040297 なかなかよろしいようで。(^^)

|

« GTO 962M 3 | トップページ | プリンタを買ってきた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/134928/65370769

この記事へのトラックバック一覧です: チヂミ塗装をやってみた:

« GTO 962M 3 | トップページ | プリンタを買ってきた »