« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »

2017年8月26日 (土)

1/48 Pkw.K1 キューベルワーゲン82型

P8250207 タミヤ1/48MMシリーズ第1作のキューベルワーゲンです。2003年10月に発売開始らしいので、比較的新しいシリーズのようです。1/35の方は数十年前からあるみたいです。


P9010302 窓ガラス付きなので難しいです。透明パーツの外周に色を塗って窓枠にするため、窓として残す部分にマスキングして塗装しましたが、剥がした時にガビガビになりました。


P9010303 装甲車と違って、オープンカーで内装がありますので、色々と面倒です。



P9010304 明るい色合いのため、「良く見えない」ごまかしが効き辛いようです。



P9010306 目立つガビガビ部分だけ筆塗りでタッチアップして完成としました。幸い同じ車種でアフリカ仕様というのもありますので、いくつか分かったポイントを踏まえて再挑戦します。


P9010307 これもまた、かなり小さめで可愛らしいです。




P9010309 一体成型のボディをカポッと被せる普通のカーモデルと違い、小さなパネル部品を立体的に接着して車の形にするため、ピタッとした部品の合いもあって非常に楽しいのです。(^^)

 使用色:TS-3 ダークイエロー

| | コメント (0)

2017年8月17日 (木)

1/48 ソビエト装甲車 BA-64B

P8170113 ちょっとした筆塗り塗装にと、先日塗料を購入しましたので、使ってみるべくプラモを買ってきました。個性的で面白そうと思いながらも、タイヤまで単色成型のプラスチックでは塗装が必須で避けてきたAFVも、塗装が目的なら都合良かろうと、小さくて簡単に出来上がりそうなタミヤ1/48MMシリーズの中から、一段と簡単そうなものを選んでみました。

P9010295 タミヤのプラモも久々ですが、あいかわらずどの部品もピタッと合わさって非常に気分がよろしいです。余計なことはせず組み立てて、基本色は屋外でプシュっとスプレー塗装し、あとは筆塗りで仕上げました。

P9010296 できないことはできるまでやる!と意気込むと疲れちゃうので、できる範囲で楽しく作るのを目標としてみたところ、サクサク楽しく出来上がりました。(^^)


P9010298 AFVのプラモはウェザリングと称する経年や汚れを塗装で表現するのが見せ所らしいですが、上手な人の素晴らしい作品を真似しようとしても文字通り汚らしくなるだけだし、かと言って何もしないと少々つまらない気もしますので、できそうなとこだけチョビッとやってみました。

P9010299 細かいところを気にすると疲れちゃうので、これで良しとしました。



P9010300 出来上がると手のひらサイズでとっても可愛らしいです。大きいスケールに比べれば省略されている部分もあると思いますが、十分に精密でさすがに世界のタミヤです。(^^)


P9010301 車っぽいAFVは変な形が多いので面白いです。

 使用色:TS-2 ダークグリーン

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年8月11日 (金)

Citadelカラーを買ってきた

 10年位前、エアブラシを使って塗装していましたが、噴霧された溶剤のせいか頭痛がしたり、どうにも調子がよろしくなかったため、現在はラジコンボディ等で必要な時に屋外でスプレー塗装する程度にしています。

P8110007 ラジコンボディの塗装はやらなきゃならないけど好きじゃないので、付属している運転手はほとんど塗らない(取り付けない)で済ませています。ところが今回組み立てたスコーピオンは、ボディパネル一体で運転手の胴体がモールドされているため、付属の頭を塗って取り付けないと首チョンパになってしまうので、仕方なく塗ることにしました。

P8110004 ヘルメットはスプレーで塗ったので、そこそこ艶もあって特に厳しいところは無いと思います。全体がピンクになっていますので、顔の部分は筆塗りで仕上げます。


P8110005 これは酷い。(^^) 長期保管のタミヤアクリルを無理やりかき混ぜて筆塗りしました。塗料が上手く伸びないし、塗り重ねると下が剥がれて地が出たり、無理くり塗ってたらご覧の通りになりました。まあヘタなだけなんですが、塗料自体もくたびれているようなので、ちょっと筆塗りするのに使いやすそうな塗料でも用意しようかなと思い立ちました。

P8110001 色々探してみると、ラッカー系の使えない海外では高性能な水性アクリルがいくつか出ているようです。その中で、塗りやすく塗膜が強いらしい「シタデル」というのがよろしいようで、最近ヨドバシでも扱い始めたらしく、必要な時に1個から送料無料で購入できるのもメリットだろうと、いくつか購入してみました。タミヤやクレオスが1個100円ちょっとで買えるのに対し、こちらは1個550円もするので大変割高ですが、1000円2000円というわけではないので、気分良く塗れるなら大した出費ではありません。せっかくなので、また劣化して固まったりする前に手軽なプラモでもいくつか作って塗ってみようと思ってます。

P8110009 テキトーなようで、ちゃんと陰影付けて上手に塗ってあるもんですねぇ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年7月 | トップページ | 2017年9月 »