2017年7月 9日 (日)

ダンプに変更

P7090352 タミヤアフターでヘビーダンプのパーツを購入し、ダンプに変更してみました。縮尺が大きく変わりますので、同じシャーシでも小さくなった感じがしてかわいらしいです。


P7090354 タイヤはAliexpressで見つけたもの、ホイールはタミヤ製を塗装しています。ボディの成型色に合わせる場合、クレオスの黄橙色が良さそうな感じです。タミヤのキャメルイエローでは黄色すぎました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年4月 2日 (土)

暖かくなってきた

 暖かくなってきたのは良いものの、今年は花粉の飛散が多いようで、やや花粉症気味の私も目が痒くて困る日が多いです。そんなわけで、気晴らしにラジコンカーを走らせて遊んでます。小型のアウトランナーモーターも非常に調子良く、発熱もほとんどありません。この程度の負荷であれば余裕で行けるようです。(^^)



Srimg0026 ルーペ関係では、最近フジカラーの10倍を2個入手しました。既に絶版なのでオークションに出回るのを探していますが、なかなか出てこない上に出てきても良い値段になって諦めること数回、遂に2500円で入手できました。(^^) その後2週間ほど経ってまた出てきましたが、今度は1200円で入手できました。(^^)(^^) どちらも状態が良く、大統領もご満悦です。(^^)

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2015年8月 2日 (日)

ボディもできた

Srimg0325 動作が不安定だったタワープロ激安サーボを格安入手したフタバS9201に交換し、ノーマルのセイバーもハイトルクセイバーにしました。恐らく20年以上前のサーボですが、同じ樹脂ギアのアナログでも遥かに良さそうな感じです。興味半分でいくつか激安中華サーボを購入してきましたが、今後はもういいかなと思っています。でも糞中華楽しいんだよね。(^^)
 追記:S9201のMade in Japanが気になってメーカーに聞いてみたところ、21年前の1994年に生産終了になっているようです。それ以前の数年内に作られたものだと思われますが、現在の安物中華サーボよりずっと良い感じです。(^^)

Srimg0324 サーボステーを固定する部分が弱点のようですので、カーボンを切り出して強化パーツを製作しました。元に比べてだいぶしっかり取り付けできている気がします。


Srimg0349 これでも私としては頑張ったのです。




Srimg0351 黒の山が小さ過ぎたか。




Srimg0353 ロゴはネームランド標準フォントで。めんどくさいので深追いはしない。旭日章もオミットしている。



Srimg0354 トヨタロゴは内貼りにしたのでウイリーしても剥がれません。(^^)



| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月12日 (日)

シャーシほぼ完成(^^)

Srimg0281 ヘリサートを装着してキングピンをガッチリねじ込めるようにしましたが、調子良くグイグイねじ込んでたら軽やかな破断音とともにアップライトのウェルド部分が割れました。通常ならネジ穴がバカになるレベルを遥かに超えていると思われ、これは良くも悪くも今後のヘリサート活用において大変良い勉強となりました。

Srimg0289 M03用スペアパーツの保存が無いか新品ストック箱を漁ってみたらスクエアのアルミ製が出てきました。M05でアップライトの形が変わって使い道も無く、このまま死蔵してももったいないので使ってしまいました。(^^)

Srimg0291 リアのサスアームを裏返してホイールベースを伸ばしていましたが、タイヤを付けて回してみると低中速辺りで大きく暴れてしまいました。ごく低速や全開では綺麗に回りますが、やはりドライブシャフトの角度がキツ過ぎるようです。仕方なく元に戻し、ボディとのズレはマウントの変更で対処することにしました。元に戻してダンパーとの干渉が無くなりますので、アップライトもTL01LA用にしています。

Srimg0311 タイヤは丸みとパターンが好みのロックブロックにソフトが出たので購入してみました。ホイールはプレスっぽいデザインのビードロックを探してみたものの、スチールプレスやキャストの金属製が多く、軽い樹脂製はあまり多くないようです。G-MADEのVR-01が良さそうなので購入して組んでみたところ、タイヤに全く合いません。ツーリング用ホイールのリム径52mmに合わせてあるロックブロックに対し、このホイールはリム径が55mmとなっています。1.9サイズはそのまま使えると思い込んで買ってきたので面倒なことになりましたが、3mm分削って52mmにしたら気持ち良くフィットしました。

Srimg0288 目的の一つであるアウトランナーモーターはいくつか入手した中で一番安っぽく、燃えても惜しくない3500kvを使ってみます。ピニオンは18Tで発熱やスピードの様子を見てみようと思います。

Srimg0275 サーボは秋葉原散策中に秋月で発見した激安850円のSG5010を使ってみます。手持ちサーボのほとんどがデジタルのメタルギアですが、何となくアナログの樹脂ギアを使ってみたくなりました。出力軸のスプラインはフタバと同じ25山なのに、径が小さくサーボセイバーがガバガバのスカスカになってしまいます。セイバーの内側に瞬着を塗ってキツくしてから押し込んでみましたが、負荷によっては舐めるかもしれません。

Srimg0277 サーボマウントはたまたま安く入手できたのでスクエアの一体型を使っています。カッチリ装着できてなかなかよろしい感じです。


Srimg0314 ESCは手持ちのセンサーレス数種を試し、多極アウトランナーと相性が良さそうに見えたEZRUNを使うことにしました。


Srimg0320 シャーシがほぼ完成しました。ボディマウントは余剰部品の小さいL型を少し延長してフロントに使い、リアはM05に付いていた物を使っています。


Servo バッテリーを積んでチョロッと走行テストしてみたところ、全体に快調に動いて安心しました。(^^) しばらく遊んでいたらサーボが震えるようになりました。バッテリー残も十分だし、もう壊れちゃったのかしら。^^;

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015年7月 3日 (金)

Hobby Kingのダンパーを観察する

S345822 ホビーキングで買い物したついでに、4本で9ドルちょいという激安ダンパーを購入してみました。お店の画像では(どれもそうですが)なかなか良さそうに見えます。


Srimg0250 1週間ほどで到着したパッケージにはちゃんとダンパーが4本とバネが2セット入っていました。DXなどで安~いLEDライトなんかを買うと違う物が届いたりすることがありますが、ホビキンでは今のところそういったことはありません。

Srimg0260 お店の画像では気にしていませんでしたが、長短2本ずつとなっていました。短い方が支持間距離約60mm、長い方が約62mmとなっています。見た目には割りとキッチリしたアルミ製で悪くなさそうな感じです。

Srimg0259 バネは2種類付属し、赤い方が硬く黒い方が柔らかくなっています。硬いと言ってもタミヤのツーリング用ミディアム黄色と同程度な感じでしたので、極端に硬かったり柔らかすぎて使い物にならないというレベルではなさそうです。内径は約14mm弱の大径タイプでした。

Srimg0256 シリンダー上部の取り付け部を外してみたところ、開口していません。お店の説明にあったように、下側からしかいじれないようになっています。


Srimg0254 分解してみました。オイルはサラダ油程度の物が僅かに入っているだけで、そのままではちょっと使えない感じです。樹脂パーツにOリング2個とワッシャーのような物がスナップリングで固定されていますが、外すのは少々面倒です。ここは分解せずに使う方が気楽な感じです。ネジ式のアジャスターはちゃんとしたアルミ製で、TRFダンパーにもそのまま使えました。このアジャスターは使えそうなので綺麗な状態でストックし、TRFのプラ製を装着しておきました。

Srimg0258 ピストンロッドとOリングが特殊なサイズで、ロッドは約3.18mm、Oリングは隣の半透明がTRF/CVAダンパー等3mmロッド用の一般的な物で、比較すると全く互換性が無いのが分かります。素材はシリコンか分かりませんがやや硬めで、硬化しちゃったゴムのような感触でした。

Srimg0279 せっかくなのでとりあえず装着してみました。苦手なエアレーション式の上に、キャップ側の穴からオイルを抜くタイプではないので苦労しましたが、タミヤの400番を入れて程よい減衰が得られました。性能面での評価はできませんが、個人的にはCVAダンパーの方が良さそうに思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年6月28日 (日)

タミヤ GF-01

Srimg0272 先日入手したアウトランナーモーターの実験用に、ちょっと気になっていたタミヤのGF-01シャーシを購入してみました。パーツ入れに残っている足回りの活用と、ホビーキングで購入してみた中華パーツを使って適当に組み立てて遊ぼうと思います。

Srimg0246 まずはこのシャーシ最大の特徴であるタミヤ驚異のメカニズムをご覧ください。普通はモーターの出力をギヤダウンを介しながらベルトかシャフトで前後デフに伝えますが、このシャーシでは真ん中に設置したモーターから前後デフまでギヤを並べて動力伝達します。ベアリングを16個使いながら決まった位置にスコスコ並べていくのは非常に楽しいです。(^^)

Srimg0270 サスアームは絶版貴重品のTL-01LA用ロングタイプが残っていたので活用しています。Cハブも同じくLA用、アップライトはタイロッド取り回しの都合でM03軽量タイプにしています。いずれもポン付けで行けました。

Srimg0248 アップライトのキングピンネジ穴には初の試みとしてヘリサートを装着してみました。コイル自体はスプリングバック現象で樹脂パーツ側にガッチリ食い込んでいる上、キングピン側も金属ネジ山になるため、ネジ固定という点ではかなり強力に固定できているようです。

Srimg0266 リア側も残っていたLAサスアームを使い、アップライトは京商のLA244を使っています。オフセット量と取り付け寸法が絶版LA用とほぼ同じですので、代替品として非常に有効です。手持ちのパーツをあれこれ変えながら良い組み合わせを見つけるのも楽しい作業です。(^^)

Srimg0265 シャーシとランクルボディのホイールベースが合っていないように見えましたので、サスアームを反対にしてみたら良い感じになりました。ドライブシャフトになかなか良い感じの角度が付いてしまいましたが、操舵の無いリア側でユニバーサルを組んでいるのでとりあえず大丈夫そうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)